common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

スムージーダイエットで痩せた?まずは1週間続けてみよう!スムージーに期待されているダイエット効果とは

2019.2.19

多くのダイエット法が知られている現在でも、スムージーダイエットでネット検索すると、「1週間、1か月で痩せました!」といった体験談が出てきますよね。スムージーダイエットは、ダイエットの中でも、かなりスタンダードな部類に入るダイエット法なのではないでしょうか。でも、逆に「スムージーは太る」というような口コミも目にするし…という方のために、今回は、スムージーがどのようにダイエットに効果があるのか、一緒に検証していきたいと思います。

スムージーダイエットで痩せた?スムージーに期待されているダイエット効果

多くの人が挑戦していたり、成功したという人がいるということは、それだけスムージーのダイエット効果に期待が大きいということです。もちろん、スムージーダイエットで痩せなかったという人もいますが、ここでは、スムージーに期待されているダイエット効果にどのようなものがあるのか、検証していきます。世間で良く話題になっているスムージーダイエットに使われるスムージーは、市販もされている「グリーンスムージー」のようです。

コンビニでも市販されている「グリーンスムージー」とは

まずはじめに、「グリーンスムージー」とは何なのかをご説明します。「グリーンスムージー」とは、生の葉野菜と数種のフルーツをミキサーしたもので、緑色のスムージーです。スムージー専門店でも売っていますし、コンビニでパックで市販されているのを見たことは無いでしょうか? 

スムージーのダイエット効果①便通改善効果が期待できる「食物繊維」

「グリーンスムージー」に期待されているダイエット効果の1つとして、一番大きなものが豊富な「食物繊維」による便通改善効果の期待です。野菜たっぷりの「グリーンスムージー」ならではのダイエット効果です。「食物繊維」により、腸の運動が促進され、便秘解消も期待されます。

スムージーのダイエット効果②むくみ予防の「カリウム」    

「グリーンスムージー」は、主成分が野菜と果物。野菜と果物には、「カリウム」というミネラルが豊富に含まれています。「カリウム」は、腎臓に働きかけて利尿作用を示し、身体の中の余分な水分を尿として排出させる効果を持つと言われています。そのため、塩分が気になる方、むくみ太りが気になる方には、野菜や果物の沢山入った「グリーンスムージー」は嬉しい飲み物なのです。

スムージーのダイエット効果③抗酸化作用を持つ「酵素」が含まれる

「グリーンスムージー」は、野菜と果物が主成分。野菜と果物には、ストレスや化学物質などの外部要因から発生し、私たちの身体の細胞を傷つけて、結果的に内臓の働きを悪くし、代謝効率を下げてしまう作用のある「活性酸素」を無害なものに変えてくれる抗酸化作用を持つ「酵素」を多く含んでいると言われています。抗酸化作用により、内臓の働きや代謝効率の正常化を図ることが出来ると、ダイエット効率もアップするのです。

▶▶糖質制限できるフルーツ青汁

市販のスムージーでOK!ダイエットに効果的な「グリーンスムージー」の飲み方

ネットで「グリーンスムージー」のダイエットを調べると、“私はこの飲み方をして1週間で痩せました!”などの情報が手に入りますが、その飲み方は様々。どれが良い飲み方なのか、分からなくなってしまいます。ここでは、ダイエットのセオリーに従って、スムージーの効果的な飲み方をご紹介します。

スムージーダイエットで痩せた人は毎日飲んでいる

全てのダイエットに共通して言えることですが、「グリーンスムージー」でダイエットをする場合も、「続けること」が一番重要なことなのです。1日や2日飲んだからと言って劇的に痩せるようなものではありません。「グリーンスムージー」の「食物繊維」も「カリウム」も「酵素」も、続けなければ、効果を示してくれることは無いでしょう。

スムージーダイエットで痩せたいなら1日に1L以上飲めると好ましい

1日に1~2Lの「グリーンスムージー」を飲むと効果が見られやすいと言われているので、1L以上の「グリーンスムージー」を飲めると好ましいダイエット効果を得られると言われています。しかし、外に働きに出ていると毎日「グリーンスムージー」を携帯するのは難しいし、専業主婦や自宅で仕事をしている方でも毎日グリーンスムージーを用意するのは面倒ですよね。現在は、忙しい方にも手軽にコンビニなどでも市販の「グリーンスムージー」が手に入るので、初めは飲む量には拘らず、パック入りの市販「グリーンスムージー」を飲むと良いでしょう。

スムージーダイエットで痩せたい人が寝る前にスムージーを飲むのは非推奨

「グリーンスムージー」は、果物も入っており、入れる果物によっては、糖質が多くなってしまうこともあります。就寝前に飲んでしまうと、代謝効率の下がる睡眠時に代謝されることになるので、太る原因になるので避けましょう。

スムージーダイエットで痩せたくても、スムージーは主食の代わりにはならない

当たり前のことのようですが、「グリーンスムージー」はあくまで、ダイエット補助飲料として用いるのが良いでしょう。三食を「グリーンスムージー」だけで代替するのは、栄養バランスも崩れ、良くありません。

▶▶糖質制限できるフルーツ青汁

最後に

1週間で痩せたと話題のスムージーダイエット、いかかでしたか?なかなかダイエット効果が出ない、という方は、食習慣、運動習慣などにも気をつけながら、「グリーンスムージー」を生活に取り入れて見てはどうでしょうか。コンビニの市販スムージーから手軽に始めてみるのも良いでしょう。まずは1週間でも続けていければ、ダイエット効果が期待できるかもしれませんよ。

text:common編集部

Posted by admin