common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

鯛のカロリーは他の魚と比べて意外と高い?!刺身や塩焼きなど鯛の調理方法別カロリーや栄養をご紹介

2019.2.19

お祝い事でもよく使われる鯛。日本人は鯛などの魚類とは古くから馴染み深く、魚の中でも鯛が一番好きだという方も多いのではないでしょうか?そんな鯛のカロリーはどのくらいあるのか気になりますよね。そこで今回は鯛のカロリーを始め、他の魚とのカロリーや栄養価などをご紹介します。鯛好きの方はぜひ今回の記事を読んでみてくださいね。
 

■気になる鯛の刺身のカロリーと糖質は?

鯛といえばどんな食べ方をするかと聞かれたら、多くの方は「刺身」と答えることでしょう。それではまずは鯛の刺身のカロリーについて見てみましょう。

・鯛の刺身のカロリーは高い!?

鯛の刺身のカロリーは100gあたり約177kcalです。刺身一切れが16g前後なので100gだと6~7切れの計算になります。刺身醤油と食べるのはもちろん、カルパッチョやお茶漬けなどと一緒に食べても美味しいですよね。

・鯛の刺身の糖質は低い!?

お魚は全般的に糖質が低いです。鯛も例外ではありません。鯛の種類にもよりますが、刺身100gあたりの糖質量は0.1~0.2gほどです。特にお刺身や焼いて食べる場合は、調味料をほとんど使わないのでその分糖質は低いのです。

■他の魚の刺身のカロリーは?

鯛の刺身のカロリーだけ見てもあまり高いか低いかは分かりづらいですよね。続いてはサーモンやぶりなどの他の魚の刺身のカロリーを見ていきましょう。

・サーモンの刺身のカロリーは?

鯛と同じく日本人に親しまれているサーモンの刺身のカロリーを鯛のカロリーと比較してみましょう。サーモンの刺身は100gで133kcalです。サーモンは鯛と同じくカルパッチョにして食べても美味しい食材ですよね。

・ぶりの刺身のカロリーは?

ぶりの刺身のカロリーは100gで257kcalあります。鯛やサーモンのカロリーと比較してみてもカロリーが高いことが分かります。ぶりは出世魚の中でも代表的な魚の一つ。ぶりは大きさによって名前を変える魚です。関東では大きさによってイナダやワラサとも呼ばれますが、関西ではハマチやメジロなど地域によっても呼び方が違います。

■お魚のカロリーランキング!鯛のカロリーは他の魚と比べて高い?低い?

続いては鯛を含むお魚のカロリーランキングをご紹介します。魚にはたんぱく質やEPA、DHAなどが豊富に含まれており、積極的に食べるといいといわれています。ただし魚によってもカロリーは千差万別。どの魚がカロリーが高いのかチェックしてみましょう。

・魚のカロリーランキング(100gあたり)

1位:まぐろ(トロ) 344kcal
2位:さんま 297kcal
3位:ぶり 257kcal
4位:鯛 177kcal
5位:いわし 169kcal
6位:サーモン 133kcal
7位:まぐろ(赤身) 125kcal

・魚は必ずしもカロリーが低いわけではなく調理法や部位によっても違う

生で食べることの多いお魚のカロリーをランキングにしてご紹介しました。魚はそれぞれ甘辛く煮付けたり焼いたりすることでもカロリーは変わってきます。たとえば脂のよく乗ったトロは100gあたり344kcalもしますが、赤身の部分は125kcalと、同じマグロでも部位によっては違いがあります。また栄養価の高いあんこうは「肝」だけでも100gあたり445kcalとトロよりも高いのです。このように魚=ヘルシーと捉えるのではなく、調理法や部位によっても大きな違いが出ると覚えておきましょう。

■鯛の栄養価や栄養成分について

今度は鯛の栄養について見てみましょう。鯛は低脂肪で高たんぱくな栄養豊富な魚です。消化吸収に優れているといわれているので、胃腸が弱い方や高齢者の方でも安心して食べられる食材です。鯛は白身魚の種類でタウリンも豊富で疲労回復にもおすすめ。肝臓病が心配な方にも、コレステロール値を下げる効果が期待できるともいわれています。ただしミネラルは少なめなので、わかめなどの海藻類と合わせて食べるようにしましょう。栄養価が高めなので積極的に食べるといいかもしれませんね。

■鯛の塩焼きのカロリーは?

最初に一番シンプルな鯛のお刺身のカロリーをご紹介しました。今度は鯛の調理法別にカロリーを見てみましょう。まずは鯛の塩焼きのカロリーをご紹介します。鯛の塩焼きは100gあたり182kcalあります。真鯛なら丸ごとで約288gあり、その塩焼きのカロリーは524kcalに値します。刺身のカロリー100gと比較してもそこまで大差ありません。塩をすり込んで焼き上げ、レモンやかぼすなどを絞って食べるので、鯛以外の調味料のカロリーがほとんどないので、刺身と同じくらいのカロリーですね。ただし濃いめの味付けが好きだからといって塩をかけ過ぎることがないように気を付けましょう。

■鯛の煮付けのカロリーは?

次は鯛の煮付けのカロリーについてです。真鯛の煮付けはしょうゆやお酒、みりん、生姜などと一緒に甘辛く煮込んだ和風料理。鯛の煮付けのカロリーは鯛100gプラス調味料で約268kcalになります。塩焼きに比べたらしょうゆなどの調味料が使われるため、カロリーが高めになると考えられます。ただし煮汁を含めたカロリーなので、煮汁を全部飲まなければ多少のカロリーダウンにはなりそうです。

■最後に

いかがでしたか?今回は日本人の多くが大好きな鯛のカロリーについてご紹介しました。鯛は身が柔らかく食べやすい上に栄養も豊富。塩焼きや煮付けなど色々な調理方法もできることから、たくさんの人に愛され続けてきた食材です。ぜひ今回の記事を参考に、今夜の晩御飯には鯛を使ってみてはいかがでしょうか?

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin