common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

ドライカレーのカロリーはどのくらいあるの?キーマカレー、野菜カレーとカロリー比較!

2019.2.7

ドライカレーは、野菜もお肉もバランスよく摂取できるメニューの1つですが、カロリーはどのくらいなのか気になるところですね。今回は、ドライカレーのカロリーについて調べてみました。その他、キーマカレーや野菜カレーのカロリーとも比較してみましたので、参考にしてみてください。

 

ドライカレーの種類によってカロリーは違うの?

ドライカレーには、大きく分けて3つのタイプがあります。

・キーマカレー

・カレーチャーハン

・カレーピラフ

それぞれのドライカレーのカロリーをご紹介します。

キーマカレーのカロリーについて

ドライカレーの種類のひとつ、キーマカレーは、野菜をみじん切りにした具材とひき肉を炒めたものをカレー粉と出汁で味をつけ煮詰めたルーをご飯の上に乗せる料理です。キーマカレーの基本的な材料は、豚ひき肉、牛ひき肉、トマトの水煮缶、玉ねぎ、カレー粉、コンソメ、生姜、ニンニク、サラダ油などです。キーマカレーのルーのカロリーは、約384kcalとなります。ここにご飯一膳分約200gのカロリー約336kcalを合わせて、合計で720kcalとなります。キーマカレーは、お肉も野菜も一緒にとれる便利な料理です。今回ご紹介した材料では、野菜は玉ねぎだけでしたが、他の野菜を加える事で、栄養のバランスがさらに良くなります。

キーマカレーのカロリーオフ方法

1食約720kcalのキーマカレーのカロリーを少しでもカットするには、まず、ご飯の量見てみましょう。ご飯だけでも、キーマカレーのカロリーの半分の量に相当します。ご飯の量を半分に減らした場合、約168kcalとカロリーも抑えられます。また、ひき肉を選ぶ際にも、脂身の少ないものを選ぶ事でカロリーオフできるでしょう。

カレーチャーハンのカロリーについて

ドライカレーのイメージで一番に思い浮かぶのが、カレーチャーハンではないでしょうか。カレーチャーハンは、大人気のチャーハンとカレーが1つになった、大人にも子供にも好まれるメニューです。チャーハンを作るのと同じように、具材とご飯を炒め、カレー粉などで味付けした料理です。カレーチャーハンの基本的な材料は、ご飯、ピーマン、玉ねぎ、ベーコン、サラダ油、カレー粉、固形ブイヨン、コショウなどです。カレーチャーハンのカロリーは、約848kcalになります。カレーチャーハンのカロリーは、1食分としてはやや高いかもしれません。キーマカレーのカロリーに比べると128kcalも高いことになります。

カレーチャーハンのカロリーオフ方法

カレーチャーハンのカロリーオフのポイントは、キーマカレーと同じく、ご飯の量を減らすことにあります。レストランなどで提供されるチャーハンは、ご飯の量が多い傾向にありますので、カレーチャーハンを食べたい時には、自宅で手作りする事でご飯の量を調整し、カロリーをカットすることができます。

カレーピラフのカロリーについて

カレーチャーハンとよく似た料理に、カレーピラフがあります。炊いたご飯とカレー粉を炒めたカレーチャーハンに対して、カレーピラフは生米をカレー粉やブイヨンで炊き上げて作る料理です。炊飯器で簡単に作ることもできるので、ドライカレーを作るならカレーピラフという家庭も多いかもしれません。カレーピラフの基本的な材料は、生米、人参、玉ねぎ、ピーマン、鶏肉、無塩バター、ブイヨン、カレー粉、コショウ、白ワインなどです。カレーピラフのカロリーは、約500kcalとなり、ドライカレー3種の中で、一番カロリーの低い料理です。

お肉や野菜もしっかり食べられ、1食のカロリーが約500kcalでしたら、ダイエット中でも安心していただけそうですね。自宅で作るなら、ご飯の量や野菜の量を調節してカロリーを抑えるのもいいでしょう。

カレールーを使ったドライカレーの簡単レシピ

ドライカレーというと、カレー粉で作るイメージが一般的ですが、カレールーを使用して簡単にドライカレーを作る方法もあります。今回は、市販のカレールーで作るドライカレーのレシピをご紹介します。カレールーを使って作るドライカレーは、冷蔵保存で約4、5日間持ちますので、作り置きレシピとしてもご活用ください。

材料(2人前)

玉ねぎ  1/2個

ピーマン 1/2個

人参      1/4本

豚ひき肉  75g

市販のカレールー  2かけら

作り方

1・人参、ピーマン、玉ねぎをみじん切りにする。

2・フライパンに水(100ml)を入れて、1の野菜を煮る

3・(1)の野菜に火が通ったら、豚ひき肉を入れて火を通す

4・お肉に火が通ったら、カレールーと、さらに水を適量くわえ混ぜる。

たったこれだけで、簡単にドライカレーが作れます。カレー粉を使うよりも気軽にドライカレーを作ってみたいという方は参考にしてみてください。ドライカレーのカレールーは、ご飯に乗せる以外に、お豆腐に乗せても、ちょっとしたおつまみとして楽しめます。

Posted by admin