common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

中国料理にはかかせないラー油!ラー油のカロリーと簡単にプロの味を再現できる作り方をご紹介!ラー油は太る?

2019.2.7

中国料理にかかせない調味料といえばラー油。あのピリッとくる辛さがたまらないとラー油ファンも多く、ついには「食べるラー油」も発売される程の人気ぶりです。ラー油も油なだけあり、気になってしまうのがやはりカロリーです。こちらの記事では、ラー油のカロリーと自宅で簡単にできるラー油の作り方をお伝えします。

ラー油のカロリーは?大さじ1杯のカロリーはどの位?

さてここで気になってくるのは、ラー油のカロリーです。 ラー油も油ということでカロリーが高そうなイメージですが、実際のところどの程度のカロリーがあるのかをしらべてみました。 ラー油のカロリーは100gあたり919kcal、大さじ1杯あたり110kcalという結果になり、予想通りの高カロリーということが分かりました。 ラー油大さじ1杯分(110kcal)を消費するには、ウォーキングなら42分、ストレッチなら50分の有酸素運動が必要となるので、ラー油をあまりたくさん使用するのは控えたいところです。

ラー油以外の油のカロリーとの比較!ラー油は太る?

ラー油以外の油もやはり高カロリーなのでしょうか? ラー油とその他の油の100gあたりのカロリーを比較したところ、このようになりました。

サラダ油 921kcal
オリーブオイル 922kcal
ココナッツオイル 922kcal

ラー油100gあたりのカロリーが919kcalなので、油はどの油を使用してもほとんど変化はなく、全ての油が高カロリーということが分かりました。 調理をする際は、できるだけ余分な油は使用しないように心がけた方がよさそうです。

ラー油にかかせない材料とは

ラー油作りに必ず必要なものといえばどのような材料になるのでしょうか?あのピリッとくる辛さを出すために必要な材料と、ラー油が私たちの身体に与えてくれる効能はこのとおりです。

ラー油作りに必要な材料とは?

「ラー油は何を使えば作れるのかな?」と、ふと気になり調べてみました。ラー油作りにかかせない材料はこちらです。 ・ごま油 ・七味唐辛子 ・香辛料(ネギ・しょうが・八角・桂皮・陳皮・花椒・にんにくなど)

ラー油の材料 ごま油・唐辛子のカロリーは?

ラー油の材料のひとつとなるごま油と唐辛子のカロリーはどのくらいかを調べてみました。 材料 カロリー 唐辛子 4gあたり14kcal ごま油 13gあたり120kcal 唐辛子4gは乾燥唐辛子10個分、ごま油13gとは大さじ1杯分となります。

自宅でもプロの味!ラー油の作り方

ラー油といえば、市販の物を使用するのが当たり前のように感じてしまいがちですが、自宅でも簡単にプロのようなラー油を作ることができるのです。自宅で作れば自分好みのラー油を作ることも可能なので、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

簡単にできるラー油の作り方

それでは、自宅で簡単にプロの味のように再現できる、ラー油の作り方を紹介します。まずは材料をチェックしてみましょう。

【自宅でラー油を作るときの材料】 
唐辛子(鷹の爪) 1~3
にんにく 大 1個
しょうが 1かけ
長ネギ 2本
サラダ油 100cc
ごま油 100cc
豆板醤 小さじ1
砂糖 小さじ1
しょうゆ 小さじ1
塩 小さじ1
白ゴマ 大さじ1

【ラー油の作り方】 

①唐辛子・にんにく・しょうが・長ネギをみじん切りにする。
②サラダ油をフライパンに入れ、みじん切りした材料全てを中火で揚げる。
③色がついてきたら、強火にする。
④きつね色になってきたら火を止める。
⑤火をとめたらごま油、豆板醤、砂糖、しょうゆ、塩、白ゴマを加えてできあがり。

こんなに簡単に自宅でラー油をつくることが出来ます。あとは自分の好みの辛さに調整してみてはいかがでしょうか。

豆板醤のカロリー

ラー油作りで使用する豆板醤ですが、豆板醤のカロリーは一体どの位あるのか?気になりましたので調べてみました。 豆板醤のカロリーをネットで調べてみた結果は、100gあたり60kcalとのことでした。

醤油とマヨネーズを使ってラー油をアレンジしてみる

ラー油の作り方を自宅で実践するときに、ちょっと工夫してみてアレンジを加えれば、また一味違ったラー油を楽しむことができます。

ラー油を醤油やマヨネーズでアレンジしてみよう

醤油やマヨネーズを使うことによって、ラー油をアレンジしてみましょう。 普段のラー油だけとは違った料理に応用することができ、味の方もプロが作ったようなおいしさです。 ラー油と醤油、マヨネーズをアレンジして作ったパスタの味はピリッとしながらもマイルドさも味わえる絶品パスタになります。

ラー油アレンジに使う醤油のカロリーは?

ラー油アレンジにつかう醤油のカロリーもやはり気になります。 醤油(濃口醤油)のカロリーを調べてみたところ、100gあたり71kcalでした。

ラー油アレンジに使うマヨネーズのカロリーは?使いすぎると太る?

同じくラー油アレンジに使うマヨネーズのカロリーを調べてみました。 マヨネーズのカロリーは、公式サイトによると15gあたり100kcal(キューピーマヨネーズの場合)です。 100というと約大さじ1杯分ですので、大さじ1杯分で100kcalとなるとかなりカロリーが高いということが分かります。

マヨネーズ カロリーハーフのカロリーはどの位?

マヨネーズにはカロリーハーフの商品もあります。 カロリーハーフという位なので本当に半分のカロリーなのか?気になりましたので調べてみたところ、キューピー公式サイトによると「キューピーハーフ」という標品で15gあたり49kcalでした。 本当にカロリー半分のマヨネーズがあるのですね。

マヨネーズ カロリーオフのカロリーは?

マヨネーズにはカロリーハーフよりもさらにカロリーオフ商品もあります。 ではカロリーオフのマヨネーズのカロリーは一体どの位なのでしょう?キューピー公式サイトによりますと、なんと80%もカロリーオフされた「ライト(80%カロリーカット)」という商品があり、15gあたりのカロリーは20kcalでした。 これなら安心して調理に使うことができそうです。

ラー油に合うキムチ・もやしのカロリーは?もやしでも太る?

もやしにラー油をかけて作るもやしナムルや、キムチとラー油を混ぜ合わせて豆腐の上に乗せて食べるなど、ラー油は使い方次第でいろんな料理で活躍してくれます。 ここでも気になるのが、カロリーではないでしょうか?

もやしのカロリー・糖質はどのくらい?

ラー油を使ってもやしナムルをつくることも多いのではないでしょうか? ラー油のカロリーは先に述べたとおりですが、もやしのカロリーはどの位かご存知でしょうか? もやしのカロリーを調べてみたところ、ネットの情報によると、100gあたり14kcalとヘルシーな食材であることが分かりました。 また、もやしの糖質は、100gあたり2.5gでした。 これなら高カロリーのラー油と合わせても安心です。

キムチのカロリーは?

次にキムチとラー油を混ぜ合わせ豆腐に乗せて食べると美味しくてたまらないですよね。では、ラー油と合わせて使うキムチのカロリーはどの位なのでしょうか? キムチのカロリーをネットで調べたところ、100gあたり約46kcalでした。

ラー油の代わりにタバスコ!タバスコのカロリーは?

最後にラー油の代わりに使えると思うものは何かを考えてみました。 ラー油の代わりに使えるラー油に一番近いものといえば、タバスコではないでしょうか? タバスコのカロリーを調べてみたところ、100gあたり55kcalでした。 ラー油に比べればとてもカロリーが低いことが分かりました。 たまには、ラー油代わりにタバスコを使ってヘルシーにしてみるのもよいかもしれません。

最後に

ラー油は「食べるラー油」も発売されるほど人気のある調味料ですが、カロリーの高さが気になるところです。醤油やマヨネーズなどの調味料とアレンジして使うもよし、ラー油そのものの味を楽しむもよし。ただし使い過ぎると思わぬカロリーオーバーになってしまいますので、くれぐれも気をつけましょう。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin