common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

チョコのカロリー一粒なら低い?リンツ、ゴティバ、マカダミアナッツ、アーモンドチョコなど人気チョコのカロリーをご紹介

2019.1.13

チョコレートは、子どもから大人のおやつに人気のお菓子といえます。日本でも輸入チョコなど世界各国のチョコを食べることができます。中でも、高級チョコで知られるゴディバや、ゴディバに負けないほどの味わいが人気のリンツチョコは話題のチョコレートです。美容・健康に人気のナッツが入ったマカダミアナッツチョコ、アーモンドチョコは、女性に嬉しい効果と食べやすさが人気のようですよ。さらに、昔ながらのアルファベットチョコは、ついつい食べ過ぎてしまいそうですね。今回は、チョコ1粒のカロリーがどの程度なのか調査し、リンツ、ゴディバ、マカダミアナッツ…のチョコレートについてご紹介してみました。ダイエット中のチョコレートの食べ方もご紹介します。

今人気のチョコといえば?

チョコレートといえばバレンタイン!チョコレートは、日々の疲れを癒してくれるお菓子の1つですね。チョコレートには色々な種類があり、カロリーも様々です。ミルクチョコレート、ホワイトチョコレート、ビターチョコレートは、チョコレートの中で定番です。板チョコレートからアーモンドチョコレートなど、チョコレートの中にナッツが入ったチョコレートもあります。最近では、リンツ、ゴディバ、マカダミアナッツ、まるごとバナナ、うまい棒が人気のようです。ちなみに、オフィスなどでは、一口で食べられる一粒チョコが定番のようですよ。

リンツのチョコレート!一粒あたりのカロリーは?

リンツのチョコは、スイスのブランドで代表的なリンドールが有名のようです。気になるリンツチョコ一粒あたりのカロリーを見ていきましょう。
リンドールのミルクは、チョコ一粒74キロカロリーで、定番の味の中でもカロリーが低いです。続いてストロベリーは一粒74.6キロカロリー、甘いキャラメルは一粒75キロカロリーです。さらに、ホワイトやエキストラビターでは一粒76.6キロカロリーもあります。カカオのカロリーを考えると、甘い味のチョコは一粒あたりのカロリーが低いようですよ。リンツは、アソートギフトの箱入りもあり、ミルク、ダーク、ホワイトチョコそれぞれの味、食感が味わえます。36粒入りで一粒あたりのカロリーを単純計算すると、約38.56キロカロリーになります。リンツのリンドールは大粒の方なので、一粒のカロリーを抑えて色んな味が楽しめるギフト用も良さそうです。

ゴディバのチョコレート!気になるそのカロリーは?

ゴディバのチョコレートは、チョコレートの中で高級チョコレートに入ります。ゴディバのゴールドコレクションは、全20種類あります。ゴディバの中でも代表的なチョコレートのカロリーに絞ってご紹介していきましょう。

ペルレアモンド 96キロカロリー
モザイクマカダミア 85キロカロリー
クルスティン 72キロカロリー
キャラメルフランボワーズ 48キロカロリー
キャラメルショコラ 48キロカロリー
ヘーゼルナッツプラリネ 57キロカロリー
ヘーゼルナッツベルジック 28キロカロリー

低カロリーのキャラメルフランボワーズ、キャラメルショコラでも48キロカロリーあります。ビスキュイの種類では、ヘーゼルナッツプラリネ57キロカロリーが1番高いカロリーです。カロリーが高い傾向にあるナッツ系でも、ヘーゼルナッツベルジックは28キロカロリーでカロリーが低いチョコレート菓子です。
ゴディバのチョコレートでカロリーが低いものは、ヘーゼルナッツベルジック28キロカロリーや「カレ」の種類です。「カレ」とは板チョコに似たチョコレートで、カレ85%ダーク30キロカロリー、ミルクでは29キロカロリー、50%ダークでは28キロカロリーになります。ゴディバのチョコレートを食べるなら、「カレ」のカカオ分が少ないチョコレートがいいでしょう。

マカダミアナッツチョコレートのカロリーは?

マカダミアナッツチョコレートは、ハワイアンホーストという商品で定番のチョコレートです。チョコ一粒のカロリーは、70.8キロカロリーで、一粒あたり12gで食べごたえもあります。マカダミアナッツは、他にもロッテのマカダミアチョコがあります。ロッテでは、個包装されずに箱入りになっていて、チョコ一粒のカロリーは、約45.7キロカロリーです。チョコ一粒あたり約7.45gです。チョコ一粒のカロリーが気になる人は、持ち運びにも便利なマカダミアチョコレートポップジョイの方が、チョコ一粒あたりのカロリーが低いためカロリー数に気を付けられますよ。

まるごとチョコバナナが話題!まるごとバナナチョコ味のカロリー

チョコレートは、一粒に加工されたり、一枚にしてひとかけらごとに食べることができる、バリエーション豊富なお菓子です。チョコ菓子としてだけでなく、クリームや生地に混ぜ込むことでチョコ味のお菓子として、より多くの食べ方を楽しめます。
まるごとバナナでは、ココアスポンジとチョコレートを練り込みクリームでバナナを包んだ、まるごとチョコバナナが話題です。まるごとバナナは、ヤマザキパンの人気商品で、まるごとバナナのチョコ味は、1袋あたり448キロカロリーになります。
一般的なショートケーキだと約343キロカロリーなので、まるごとバナナチョコは、高カロリーです。まるごとバナナチョコは、バナナ丸ごと1個分あるので、切り分けることでカロリーを抑えられますよ!

チョコを食べてもダイエットできる?

1日に摂取するカロリーは、成人女性で1800キロカロリーです。おやつや間食は、1日あたり180キロカロリーから200キロカロリーが目安となります。チョコなどのお菓子は、カロリーを摂った分太りやすくなるため、ダイエット中は100~150キロカロリー以下にするなど適量を守った方がいいでしょう。

人気ブランドのチョコレート!1日に食べる量は?

人気の外国ブランドチョコでは、リンツのチョコ、リンドールは2粒にとどめましょう。ゴディバのアソートなら2粒ほどおすすめです。「カレ」のようにカロリーが低いチョコだと5、6枚は食べても良いでしょう。

マカダミアナッツチョコレート!1日に食べる量は?

ハワイアンホーストのマカダミアナッツチョコは、一粒にマカダミアナッツが丸ごと入っているため2粒でおやつ分のカロリーになります。ロッテのマカダミアナッツは、ハワイアンホーストに比べて一粒のカロリーが低いため、3粒程度が適量です。ロッテのマカダミアナッツ、ポップジョイだとほとんど1袋分食べて問題なさそうですよ。

まるごとバナナチョコ味!1日に食べる量は?

ヤマザキパンのまるごとバナナチョコ味は、1袋あたり448キロカロリーとかなりの高カロリーです。おやつとして食べる場合も、3分の1程度にしておいた方が良いでしょう。

アーモンドチョコレートのカロリーと1日に食べる量は?

人気のアーモンドチョコは、明治のアーモンドチョコが一粒あたり約24キロカロリーです。カバヤのアーモンドチョコは一粒あたり41キロカロリー、不二家のアーモンドチョコレートは一粒あたり31キロカロリー、ロッテのアーモンドチョコは一粒あたり約20.86キロカロリーです。アーモンドチョコは、リンツのチョコ、マカダミアナッツチョコに比べるとカロリーが低くみえます。しかし、アーモンド一粒をチョコでコーティングしているため、高カロリーのお菓子だということをお忘れなく!また、メーカー・ブランドによってアーモンドの大きさやカカオ分の違いがあり、チョコ一粒分のカロリーが違います。アーモンドチョコだと、4~9粒程度がおやつに最適の量になります。

アルファベットチョコレートのカロリーと1日に食べる量は?

高級チョコなど色々なチョコがありますが、昔から人気のチョコとして知られるのが、アルファベットチョコです。昔から馴染みのあるチョコだと、目の前にあればついつい手に取ってしまいますね。アルファベットチョコは、四角いブロックにアルファベットが型取りされたチョコです。1粒あたり28.4キロカロリーなので、1日6粒ほどを目安にした方がよさそうです。

リンツやゴディバ、マカダミアナッツ、アーモンド、アルファベットチョコレートなどは、ダイエット中のおやつに最適とは言いがたいです。ダイエット中にチョコを食べるなら、どれもカロリーが低い方、糖質が低い方を選ぶようにして、100~150キロカロリー以下に抑えるといいですよ。

チョコは太りにくくすることができる…?

チョコレートは、カロリーを抑えることでダイエット中でも食べることができます。それだけではなく、チョコには健康や美容の効果も期待できるのです。
チョコに含まれているカカオの脂肪分は、良質の脂質で体内に吸収されにくい特徴をもっています。さらに、チョコのカカオポリフェノールは、老化防止の抗酸化作用があり、高血圧や糖尿病の生活習慣病を予防し改善してくれます。女性に嬉しい冷えやむくみの改善、美肌効果も期待できると言われていますよ。
チョコといえば、おやつや間食のイメージですが、よりダイエット効果を促進させるためには、食前後に食べた方がいいでしょう。チョコは、カカオ分が多いダークチョコレート、ビタミン豊富なナッツが入ったマカダミアナッツチョコ、アーモンドチョコを選びます。チョコの選び方で健康、美容効果をアップさせ、摂取カロリーを抑えることでダイエットに理想的なおやつになりますよ。
カロリーを気にせず食べたい!という方は、ロッテのカロリーゼロチョコがいいでしょう。
ロッテのZERO(ゼロ)は、砂糖ゼロ、糖類ゼロのノンシュガーチョコレートです。1本分のカロリーは、42キロカロリーありますが、ほとんどがカカオマスで作られています。食物繊維が1.9gも含まれているため、食前後に食べればより満腹感が得られるはずです。ロッテのZERO(ゼロ)は、カロリーがゼロではないですし、食物繊維によってお腹がゆるくなる場合があるため、食べ過ぎないようにしましょう。

最後に

今回はチョコレートのカロリーについてご紹介してきました。お好きなチョコレートはありましたか?リンツ、ゴディバは人気のチョコレートですが、カロリーが高く一粒が大きいため、食べ過ぎには要注意です。ナッツ系のチョコレートは、外国産より国内のメーカーが食べやすくなっていますね。チョコレートは、美容・健康に効果的な成分が含まれているので、カロリーさえ気を付ければ大丈夫のようですよ。ロッテのZERO(ゼロ)のように、食物繊維が豊富なチョコレートは、ダイエット中に嬉しいチョコレートですよ!

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin