common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

お茶のカロリーはなぜゼロカロリー?ほうじ茶、玄米茶、麦茶、烏龍茶、紅茶のカロリーは?コーヒーと比較!

2019.1.12

お茶のカロリーはどれくらいでしょうか。お茶といっても緑茶、紅茶、麦茶、ほうじ茶、玄米茶、烏龍茶などありますが、売られているものはカロリーゼロと表示されることも。なぜカロリーゼロなのでしょうか。気になるお茶のカロリーを調べてみました。お茶と比べられやすいコーヒーのカロリーについても紹介していますので、読んでみてくださいね。

■お茶の栄養表示がカロリーゼロと表記される理由

お茶はカロリーゼロだからいくら飲んでも大丈夫と言われることがあります。確かに市販のペットボトルのお茶の栄養表示を見てみると、ゼロキロカロリーと表記されているものもあります。しかし、カロリーゼロと書かれているお茶の中にも、厳密に言うとカロリーがあるものがあるんです!ではなぜカロリーゼロとされているのでしょうか?
実は栄養表示の基準では、100mlあたりのカロリーが5キロカロリー以下の場合、ゼロキロカロリーと表示していいことになっています。5キロカロリー以下であれば、ほとんどカロリーがないことと同じですものね。そのため、厳密にはカロリーがあっても、ゼロカロリーと表示されるお茶があるんです。なので、カロリーゼロと表記されているお茶の中でも、実際はゼロキロカロリーではなく、実はカロリーを摂取していることがあるんですね。次で、実際のお茶のカロリーをご紹介します。

■緑茶、ほうじ茶、玄米茶、麦茶、烏龍茶、紅茶などお茶のカロリー比較

さて、カロリーがあるお茶でも、ゼロカロリーと表示されることがあるということがわかりました。ここでは、緑茶、玄米茶、紅茶、麦茶、ほうじ茶、烏龍茶の1杯(200g)のそれぞれのカロリーを比較します。

・お茶と言えば緑茶!緑茶のカロリーは?

お茶といえば、緑茶を想像する方も多いかと思います。緑茶は実際にゼロキロカロリーのようです!煎茶や玉露などの浸出液は200mlあたり4~10キロカロリーほどカロリーがあるようですね。栄養表示では100mlあたりのカロリーが5キロカロリー以下になるので、こちらもゼロカロリーと表示されているかと思います。日本茶の中でもそれぞれカロリーが違うみたいですね!

・玄米茶のカロリーは?

日本茶の一種でもある香ばしさのある玄米茶も、1杯のカロリーはゼロキロカロリーです。やはり日本茶はゼロキロカカロリーのものが多いようですね。

・ほうじ茶のカロリーは?

ほうじ茶は1杯ゼロキロカロリーです。ですが、最近だと、ほうじ茶はプリンやラテにアレンジされることもありますよね。その場合、ほうじ茶のカロリーは高くなります。たとえば、スタバではほうじ茶ラテというのが販売されていて、ほうじ茶とミルクをミックスさせた甘さ控えめのティーとなっています。お湯で淹れるほうじ茶はゼロカロリーですが、このようにアレンジを加えると、カロリーは変わると覚えておくといいですね。

・スタバのほうじ茶ラテ、ほうじ茶フラペチーノのカロリーは?高い?

ほうじ茶がカロリーゼロなことはわかりました。では、アレンジされたほうじ茶のカロリーはどれくらい高いのか気になりますよね。今回は先ほど例に挙げた、スタバのほうじ茶ラテやほうじ茶フラペチーノのカロリーを例に挙げてみましょう。
スタバで通常販売されているほうじ茶ラテは、トールサイズで162キロカロリーです。また、スタバでは2018年に「加賀棒ほうじ茶フラペチーノ」が販売され人気でしたが、こちらのカロリーはトールサイズで372キロカロリー。通常のほうじ茶ラテの方が、期間限定のほうじ茶フラペチーノよりカロリーが低いですね。

・麦茶のカロリーは?

すっきりしたお味がおいしい、麦茶。カロリーはどうなのでしょうか?麦茶コップ1杯(200ml、200g)のカロリーは2キロカロリーです。ゼロキロカロリーと表記されているペットボトルの麦茶でも、1本(500ml)飲め約5キロカロリーほどを摂取していることになります。でも、ほとんど気にならない程度のカロリーですね。

・烏龍茶のカロリーは?

日本でもよく飲まれるお茶である烏龍茶。こちらのカロリーも調べてみました。烏龍茶は1杯ゼロキロカロリーです。ダイエットや健康にいいお茶として烏龍茶を想像する方も多いかと思いますが、実際にカロリーがゼロなのは嬉しいですね。

・紅茶のカロリーは?

今までは日本茶などのお茶を紹介してきましたが、最後に紅茶のカロリーを紹介します。ストレートの紅茶は1杯2キロカロリーです。ただし、紅茶はストレートではなく、お砂糖を入れたりミルクを入れる方も多いのではないでしょうか?その場合、紅茶のカロリーも変わっていきます。次は紅茶に入れるものごとのカロリーを見ていきましょう。

・紅茶はストレート以外で飲むとカロリーが高くなる!

ストレートで飲む以外にも紅茶の楽しみ方はありますよね。紅茶にミルクを入れたり、砂糖、レモンを入れることがあるかと思います。砂糖6gで23キロカロリー、コーヒーミルク1個で12キロカロリー、レモン果汁2gで1キロカロリーです。このように、甘味料などを入れると、当然ですが紅茶のカロリーが上がります。
また、まろやかで美味しいロイヤルミルクティーのカロリーはどのくらいでしょうか。ロイヤルミルクティーは、茶葉をお湯ではなく、牛乳で煮出した紅茶です。牛乳100mlは70キロカロリーですので、ロイヤルミルクティーのカロリーは71キロカロリーとなります。ストレートの紅茶と比べ、カロリーが上がります。なるべくカロリーを抑えたい方はストレートで飲むことをおすすめします。

■お茶のカロリーと比べておきたい!コーヒーのカロリーは?

ここまでお茶のカロリーを見てきましたが、コーヒーはどうでしょうか。調べてみました。
お茶と同様1杯200gとしたコーヒーのカロリーを比較してみます。無糖のブラックコーヒーは8キロカロリー、砂糖入りコーヒーは31キロカロリー、ミルク入りコーヒーは20キロカロリーです。砂糖とミルクを一緒に入れると、さらにカロリーは上がり43キロカロリーです。コーヒーそのものはカロリーが低いですが、コーヒーに甘味料を入れるとカロリーは上がります。お茶のカロリーは5キロカロリー以上になることはまずありませんが、コーヒーは無糖のブラックコーヒーでも8キロカロリーあります。飲み物として、コーヒーよりお茶の方がカロリーが低いとわかります。

■最後に

さて、お茶のカロリー比較はいかがでしたでしょうか。ゼロカロリーと表記されている飲み物の中でも、実はカロリーがあるということがわかっていただけたかと思います。でも日本茶などの種類によっては本当にカロリーゼロのものもあるようですね。ダイエット中で少しでもカロリーを抑えたいという方は、お茶ごとのカロリーを知っておくといいかもしれませんね!

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin