common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

カップケーキやマフィンのカロリーは?人気のレシピやマドレーヌ、パウンドケーキのカロリーもご紹介!

2019.1.7

カップケーキは、かわいい見た目も人気の洋菓子ですがカロリーは高そうですよね。カップケーキはカップサイズのケーキのことで、生クリームやアイシングでデコレーションしたケーキのことです。甘いケーキでふわっとした食感です。マフィンも同じようにカップサイズの型を使用していますが、パンの一種で、食事としてホウレン草やチーズを入れることもあったり、ベリーやその他のフルーツの入った甘いマフィンもあります。カップケーキもマフィンも同じように、マフィンカップと呼ばれるカップ型を使って作るのですが、カップケーキはケーキ、マフィンはパンという扱いになるようです。カップケーキやマフィンのカロリーはどのくらいでしょうか?簡単に作れる、マフィンのレシピや、洋菓子店でカップケーキと並んで売られている、マドレーヌやパウンドケーキのカロリーもご紹介していきます!
 

カップケーキのカロリーは?

シンプルな、なにもデコレーションしていないカップケーキのカロリーは253kcalです。
小麦粉、グラニュー糖、卵、牛乳、バターを使用して作ります。ですが、デコレーションされているものや大きさによってカップケーキのカロリーは変わってきます。参考として過去にミスタードーナッツで販売されていたカップケーキのカロリーを見てみましょう。NYカップケーキのチョコレートは326kcal、NYカップケーキのブルーベリーは276kcalとなっています。

マフィンのカロリーは?

カップケーキと比べて、マフィンは中に入れる具材の種類が多いですが、シンプルななにも入っていないプレーンのマフィンだと218kcalです。マフィンも基本的にカップケーキと同じ材料で作りますので、カロリーは同じくらいです。市販のもので、コストコのマフィンのカロリーを見てみると、ブルーベリーやチョコレート味などがありますが、1個700kcal前後と、大きさも大きくかなり高カロリーです。

マフィンのレシピ!マフィンカップを使った作り方

マフィンは、マフィンカップを使って作ります。カップケーキやマフィンのカロリーが気になる方は、手作りだとバターや砂糖の量を変えたり、大きさを変えたりして調整できますね。基本的なマフィンの作り方は、バターと砂糖を白くなるまで混ぜ、卵を入れます。薄力粉とベーキングパウダーを振るって入れ、牛乳を入れます。滑らかになったらマフィン型のカップに入れて170℃のオーブンで30分ほど焼きます。

ホットケーキミックスを使った簡単マフィンのレシピ

ホットケーキミックスだと簡単に作れます。卵、牛乳、溶かしたバターを混ぜ、ホットケーキミックス、砂糖を混ぜたものに加えていきます。こちらもカップケーキの型に入れ、焼きます。バナナを入れたり、チョコレートやクッキーを入れたりしてもおいしいです。

ミキサーで簡単にできるマフィンのレシピ

卵、牛乳、砂糖に振るった薄力粉とベーキングパウダーを混ぜ、ミキサーにかけるだけで簡単にできます。バナナなど入れるときは一緒にミキサーにかけても楽ですね。こちらもマフィン型のカップにいれ、焼きます。

カップケーキやマフィンで使う型の種類

カップケーキやマフィンに使う型はシリコンやフッ素加工がされている、お手入れが簡単で、生地が取り出しやすいものも多く販売されており、初心者にもおすすめです。金属のスタンダードなものもあります。カップケーキやマフィンを作るときは、作る大きさによってもカロリーやボリュームが変わるので、好みのカップケーキ型、マフィン型を探してみましょう。

カップケーキやマフィンと並んで人気の洋菓子、マドレーヌやパウンドケーキのカロリーは?

マドレーヌのカロリー

マドレーヌもカップケーキと同じように型を使うのですが、貝殻の型や四角、平らなカップに入れたものが多いです。マドレーヌのカロリーは、小さめのもので102kcal、少し大きいもので204kcalです。ップケーキとほぼ材料は一緒でカロリーは同じくらいですが、マドレーヌはカップケーキのようにデコレーションはしません。

パウンドケーキのカロリー

パウンドケーキは、カップケーキのような小さい型ではなく、四角い、大きい型を使って作ります。パウンドケーキのカロリーは1本分で約1555kcal、一切れ約156kcalになります。プレーンのパウンドケーキは、小麦粉、バター、卵、砂糖を使っていますので、カップケーキやマフィンと材料はほぼ同じです。ドライフルーツやチョコレートを練りこんだものもあります。

カップケーキやマフィンの冷凍保存

カップケーキやマフィンはたくさん作ってしまったり、大量に買って余ってしまったときは、冷凍保存もできます。ラップにカップケーキやマフィンを包んで、フリーザーバッグに入れて冷凍庫へ。これで2週間から1ヶ月は保存できます。生クリームやアイシングしたカップケーキは冷凍保存するのが難しいので、早めに食べてしまいましょう。

最後に

カップケーキやマフィンは、カロリーが200kcal台でおやつにも朝食にも最適ですね。コストコなどの大きくずっしりとしたものは、カロリーもかなり高いので、ダイエット中の人は気を付けましょう。手作りでカップケーキやマフィンを作ると、大きさや材料でカロリーも調節できます。中に入れる食材を変えて楽しめるのもいいですね。カップケーキ型、マフィン型も様々な種類が販売されています。ホットケーキミックスで作れるレシピなど、簡単に作れるレシピもたくさんあり、物によっては冷凍保存もできるので、ぜひ挑戦してみてください。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin