common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

白ワインは太るの?白ワインのカロリーとウイスキーや焼酎、日本酒のカロリーを比較!ワインの健康的な飲み方を知ろう

2019.1.6

白ワインは糖質が少なく安心して飲める健康的なアルコールです!そこで、白ワインのカロリーと焼酎、ウイスキー、日本酒のカロリーの違いを比較してみました。健康的な白ワインの飲み方についてもご紹介します。

白ワインのカロリーは?焼酎・ウイスキ・日本酒のカロリーと比較

白ワインのカロリーは、1杯100mlあたり約73kcalで、糖質は1.5g(角砂糖0.3個分)です。アルコールの中では白ワインはカロリーが一番低いと言われています。
日本酒のカロリーは純米酒で100mlあたり約103kcalで、糖質は3.6g、本醸造なら4.5gにもなります。もし、1合ならば、日本酒のカロリーは200kcal近くになってしまいます。日本酒1合は180mlなので、糖質は約8gになり、日本酒1合で、なんと!角砂糖2個をたべているのと同じになるので、飲み過ぎると健康に良くないといえます。
焼酎のカロリーは100mlあたり206kcalで焼酎のカロリー自体は高く、糖質は0g。ウイスキーのカロリーはシングルで30mlあたりカロリー約71kcal糖質は0g、焼酎のカロリーも、ウイスキーのカロリーも高いことがわかります。

白ワインとその他のアルコールを健康面から知ろう!

白ワイン、日本酒、焼酎、ウイスキーのカロリーを表示しましたが、健康を考えて飲むなら食事とのバランスも大切!今度は、飲み会などでのおつまみと一緒に飲む白ワイン、日本酒、焼酎、ウイスキーのカロリーを合わせて見てみましょう。

外で白ワインを飲むと太る?外で飲むお酒のカロリー

1日に必要な食事摂取カロリーは、女性1400kcal~2000kcal男性1800kcal2400kcalといわれています。とすると、女性の1食の平均カロリーは約566kcalとなります。外でお酒を飲んだ場合を仮定すると、白ワインのカロリーは200mlあたり146kcalですが、日本酒は1合200mlあたり約206kcal、焼酎は100mlあたり206kcal、ウイスキーは100mlあたり約203kcalとなります。

おつまみのカロリーは?低カロリーなおつまみはある?

よくあるおつまみのカロリーは、シーザーサラダ200kcal・フランクフルトソーセージが2本で320kcalチーズの盛り合わせが320kcal・ポテトフライ300kcal・フライドチキン290kcal・揚げ出し豆腐340kcalなど。この内のどれか1つしか食べなくても、日本酒、焼酎、ウイスキーのどれかと合わせると、1回の食事分のカロリーになってしまうため、締めに、ご飯や麺類などとても食べられないのです!
しかも、塩分が多く、脂っこいおつまみで飲み続けると、将来的には脂質異常や糖尿病、動脈硬化のリスクを高めます。日本酒、焼酎、ウイスキーのカロリーを考えて飲むのであれば和食がオススメ!酢の物や、冷ややっこ、刺身、焼き鳥(塩)、サラダなどがベスト。タンパク質やビタミンを含む健康によいおつまみで、アルコールを分解し、肝臓に負担をかけないようにしましょう。

白ワインのカクテルのカロリーは?飲みすぎると太る?

白ワインはカロリーや糖質が低めで、アルコール度数も低く健康的に楽しむことが出来るお酒です。白ワインといってもたくさんの飲み方があると思いますが、白ワインを使ったカクテルも気になるところ!白ワインのカクテルのカロリーと糖質も知っておきましょう。

美味しい白ワインベースのアルコールのカロリー

白ワインベースだからといって、太らないわけではありません。代表的な白ワインのカクテルとカロリーを調べてみました。

スパークリングワインのカロリーは100mlでおよそ100kcalと高めです。ワインの種類によっては甘味が強いものもあるので、糖質も高くなりますから飲み過ぎは禁物です。スプリッツァー(辛口のワインとソーダを割ったシンプルな白ワインのカクテル)のカロリーは100mlおよそ50kcalとかなり低め。オペレーター(白ワインをジンジャーエールで割ったもの)のカロリーは100mlでおよそ67kcalです。キールロワイヤル(スパークリングワインとカシスを割ったもの)のカロリーは100mlでおよそ103kcalと高め。ミモザ(スパークリングワインとオレンジジュースを1対1で割ったもの)のカロリーは100mlでおよそ70kcalになります。

低カロリーな白ワインの健康的な飲み方

白ワインのカロリーや糖質が低いからといって、飲み過ぎたせいでカラダに負担をかけては健康によくありません。確かに糖質が低いと太ることはありませんが、ワインにも健康を考えた飲み方が必要です。白ワインの健康的な飲み方は、生ハムやアーモンド、プロセスチーズ、枝豆などのタンパク質とビタミンを含む健康食材をおつまみにして飲むのがオススメです。
もしも、家で飲むのならば、生ハムにチーズとアボカドを巻いて、ブラックペッパー、オリーブオイル、レモン汁をかければ、ちょっとしたオードブルになります。アーモンドは糖質が低いですが、少しカロリーがあるので砕いて、かぼちゃサラダに入れると香ばしく、食べ応えありのサラダになりますよ。枝豆なら茹でるだけなので簡単です。
外食で白ワインと一緒に食べるならば、ピクルスや白身魚のカルパッチョ、は相性ピッタリ!意外にしゃぶしゃぶをポン酢でいただくとヘルシーで白ワインに合います。

白ワインの悪酔いしない飲み方

カロリーの低い美味しい白ワインはサッパリして飲みやすいので、飲み過ぎてしまいがち!胃もたれや二日酔いを防止するには、飲む前に、アルコールを分解するウコンを含むドリンク剤または、胃の粘膜を保護する牛乳などの乳製品を飲んでおきましょう。

最後に

飲む機会が多い人は、ぜひ、白ワイン、日本酒、焼酎、ウイスキーそれぞれのカロリーを覚えておくといいですね。ただし、飲み過ぎると血糖値の高い状態が続くので、カラダの機能を低下させ老化を早めてしまいます。そうなると、健康に悪いばかりではなく、お肌のハリや弾力も失われてしまうのです。1日の適量はグラスワイン2杯程といわれていますので、糖質の少ない食事と一緒に楽しくいただきましょう。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin