common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

「もつ」のカロリーは驚くほど低い! 「牛もつ」と「豚もつ」の違いは?「もつ鍋」や「もつ煮」のカロリーと糖質や脂質

2018.12.28
もつは低カロリーで栄養豊富で、さらに美容にも良いことから人気料理となっています。そんな低カロリーなもつの料理として代表的な、「もつ鍋」や「もつ煮」には一体どれくらいのカロリーがあるのでしょうか。また、「牛もつ」と「豚もつ」でカロリーの違いはあるのでしょうか。今回は気になる「もつ」のカロリー、そしてもつ料理の種類別にカロリーや糖質量をご紹介していきます。

もつの種類!牛もつと豚もつでカロリーの違いはある?

一般的に、もつ料理に使われているもつは、白モツといわれる牛や豚の胃や小腸が使われています。一般的なスーパーなどで販売されているもつは、ほとんどのもつが豚の小腸となっているようです。つまり家でもつ料理をすると、必然的に豚もつになるということです。しかし、もつ料理専門店で使われるもつの多くは牛もつを使用しているようです。

 牛もつと豚もつの違いは?

牛もつと豚もつというように、もつといってもいくつかの種類がありますが、どのような違いがあるのかご紹介します。

    しっかりした噛み応えがあり、白いヒダがついているもつが豚もつ

    脂がついていてブルンとしているもつが牛もつ 

もつといってもさまざまなタイプのもつを見たことがあるのではないかと思いますが、牛もつか豚もつかで、このような違いがあったのです。

 牛もつと豚もつの「小腸」と「大腸」別カロリー

もつにはさまざまな種類があることをご紹介しましたが、それぞれのカロリーを見ていきましょう。牛もつ、豚もつ、それぞれの「小腸」と「大腸」別カロリーは以下の通りです。

・牛もつ…100gあたり約287kcal(小腸)・約162kcal(大腸)

・豚もつ…100gあたり約171kcal(小腸)・約179kcal(大腸)

このカロリーを見て、意外と低い。と感じた方も多いのではないでしょうか?実はもつは、牛肉や豚肉の他の部位と比べて、非常に低カロリーといえる部位なのです。

もつ料理は脂を落とす調理法でカロリーオフできる

もつを食べる時の調理法には、もつ鍋のように、鍋に入れて作る調理法や、焼肉のように網で焼くような調理方が多いといえます。つまり、余分な脂を落とす調理法が多いため、脂質がさらに抑えられます。そのため、もつを調理することで、カロリーは実際にはもう少し低くなるといえるでしょう。もつ鍋やもつ煮などのもつ料理は、食べ過ぎない限り、カロリーの心配は必要ないでしょう。

Posted by admin