common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン

低カロリーおやつをコンビニで!市販・手作りレシピはどっちがヘルシー?コンビニの低カロリーおやつチェックポイント

2018.12.21

コンビニに置いてあるお菓子とかスイーツって、カロリーが高そうでなかなか手を出せませんよね。糖質もたっぷりで、食べれば一瞬で太ってしまうようなものもありそうなイメージですが、低カロリーおやつであれば、太ってしまう心配はちょっとだけ軽減できるかもしれません。最近はコンビニでも低カロリーなおやつが販売されていますね。ですが、市販と手作レシピだと、どっちがヘルシーなのでしょうか?1つずつ紹介していると終わりがないので、ここでは「低カロリーおやつについて知ろう」というニュアンスで解説していきますね。

必ずしも「コンビニ=高カロリー」とは言えない

コンビニのお菓子やスイーツは、やっぱり高カロリーのものも多いです。でも、コンビニには低カロリーおやつも置いてあったりしますよ。太りたくないと思っている人が多い時代だからこそ、その時代に合わせて低カロリーおやつを用意しているコンビニもあります。なので、必ずしも「コンビニ=高カロリー」とは言えないのです。例えば、コンビニの低カロリーおやつの中には、牛乳ではなく豆乳を使っていたり、白砂糖ではなく黒砂糖を使っていたりするものもあります。コンビニも激化するコンビニ商戦の中で、実は低カロリーおやつもたくさん開発してくれているんですよね。商品数が多すぎて全部紹介することはできないので、自分で最寄りのコンビニに立ち寄って探してみてはいかがでしょうか。

ダイエット成功の秘訣とは?

ダイエットには運動も大事ですが、実は食事が8割なのをご存知ですか?

特に糖質を制限することによって、血糖値の上昇を抑え、インスリンの分泌量を減らせば、脂肪がつきにくい体になります。糖質制限中の1日あたりの糖質量は70g~130g程度を目安にすると良いでしょう。摂りすぎた糖質を抑制すれば、ダイエットに繋がり、しかも病気のリスクを下げてくれます。

▼参考
ご飯茶碗一杯(150g)の糖質量:53.4g
食パン1枚当たり(6枚切り)の糖質量:26.6g

でも、食事の度に糖質量やカロリーの計算をするって大変ですよね…。そこでオススメしているのが、糖質制限された健康的な食事を宅配してくれるサービスです。これを活用すれば、楽に継続ができるため、ダイエット成功の近道となります。

最近では多くのサービスがありますが、ここでは「nosh(ナッシュ」をオススメしたいと思います。noshの特徴は、【低糖質】で【健康的】なことに加えて【安くて美味しい】ということです。

▼メニューの特徴
1.シェフと管理栄養士が開発
2.全てのメニューが糖質30g以下
3.全てのメニューが塩分2.5g以下


※画像をクリックするとメニューの一覧を見ることができます。

「nosh」がなぜここまで人気なのか?

単純ですが、コンビニ弁当よりも安くて、美味しくて、しかも糖質やカロリーが計算された健康的な食事を宅配してくれる便利なサービスだからです。メニューも豊富なので、飽きることもなさそうです。

ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。リンクを貼っておきますので、気になる方はこちらからチェックしてみてください。

コンビニの低カロリーおやつチェックポイント

コンビニで低カロリーおやつを探すとは言っても、どこをチェックすれば良いのか迷ってしまうということもあるでしょうね。そういう時には、最低限チェックしておきたいポイントを知っておくだけでも違ってきます。

ここからはコンビニの低カロリーおやつを見つける時、重視したいチェックポイントを紹介します。近年は低カロリーを売りにしているおやつも多いので、それ専用のコーナーを設けているコンビニもあったりします。全国各地にあるコンビニごとに違いますし、フランチャイズのコンビニなどでも違ってくるので一概には言えませんが、チェックポイントを重視して選んでみてくださいね。

1.カロリーをチェック!

絶対にチェックしておきたいのがカロリーです。近年のコンビニに置かれている商品のほとんどにはカロリーが記載されています。このカロリーに関してはパッケージの裏面に記載されていることもあれば、表麺に記載されていることもあるので、そこは適宜チェックしてみてください。

本来、お菓子やスイーツというのは、カロリーも高くなりがちです。ただ、低カロリーおやつであれば、従来のお菓子やスイーツに比べても、カロリーが半分以下だったりするものも多いですよ。

2.糖質をチェック!

糖質制限をする人が増えたことによって、近年はカロリーだけではなく、糖質も記載しているパッケージのものも多くなっていますね。ただ、糖質に関しては食材によって大きく違ってくるので、使われている食材ごとにチェックすることが必要です。

もちろん、そこまで細かくチェックする必要はありませんが、それでも買う前に糖質がどれくらいなのかをチェックすることも重要となります。時代に合わせて、今後は糖質の表示もより多くなっていくのではないでしょうか。

3.原材料をチェック!

いくら低カロリーおやつとは言っても、使っている原材料によってはどうしてもヘルシーにならないものもあります。そのため、低カロリーおやつを選ぶ時には、原材料にどのようなものが使われているのかをチェックしましょう。

原材料によっては単純にカロリーや糖質だけではなく、脂質が多いものなども使われているかもしれません。そこまでコンビニでチェックするというのはちょっと恥ずかしいかもしれませんが、結構気にしている人は多いですよ。

市販と手作りレシピはどっちがヘルシー?

市販と手作りレシピで言えば、どっちがヘルシーなのでしょうか。こればかりは使う食材や調味料によって大きくカロリーも糖質も変わってくるので、一概には言えません。ただ、逆に言えば市販のものは自分で作り替えることは難しいですが、手作りレシピであればどうにでもできますよね。

市販のドーナツを買うのと、自分で豆乳を使ってノンフライのドーナツを作るのでは、当然ですが自分で作った方がヘルシーにできます。そのため、ヘルシーなのがどっちなのかと言えば手作りレシピの方だと言えるでしょう。ただ、市販のものも最近はとてもレベルが高く、かなり徹底的にカロリーや糖質が抑えられているものも多いです。

それぞれ低カロリーおやつを食べる時には、市販のものにするのか手作りレシピのものにするのかを考えておくと良いかもしれませんね。

最後に

近年はコンビニにもたくさんの低カロリーおやつが置かれるようになりました。コンビニによっては体型を気にしている女性向けに、ヘルシーなお菓子やスイーツを揃えているコンビニもあります。ただ、よりヘルシーにしたいのなら市販よりも手作りレシピにした方が良いと言えるかもしれません。そこは自分の好みで選んでみてくださいね。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin