ホットヨーグルトダイエットは効果絶大!400gのヨーグルトを使った分離しない美味しい作り方をご紹介- common(コモン) | フィットネス&ライフスタイルマガジン

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

ホットヨーグルトダイエットは効果絶大!400gのヨーグルトを使った分離しない美味しい作り方をご紹介

2018.12.9

ホットヨーグルトは、ダイエット効果が期待できることの他に健康にも良いため、口コミで人気となっています。しかし、温めたヨーグルトの味がまずいという人も多いのではないでしょうか。やはりどんなダイエットでも味は大事で、まずいと断念してしまう人もいます。でも、ホットヨーグルトがまずいと感じるのは、もしかりたら作り方に問題があるかもしれません。今回はホットヨーグルトがダイエットに効果的な理由と、分離させない美味しい作り方などについてご紹介します。

ホットヨーグルトとは?ダイエット効果が期待できる?

ホットヨーグルトは、ヨーグルトを温めて作る食べ物です。本来、ヨーグルトのような乳酸菌の食べ物は冷たいまま食べることが多いのですが、温めることで乳酸菌やカルシウムの有効成分の吸収がよくなるといわれています。また、ダイエット効果も期待できると口コミでも人気となっています。さらに、ホットヨーグルトは冷え症対策にもなるため、健康維持を目的に食べる人も多いようです。

ホットヨーグルトの簡単な作り方

ホットヨーグルトの簡単な作り方をご紹介します。

1.    電子レンジ対応のカップの中にヨーグルト100mlとはちみつを好みの量だけ入れる
2.    ラップをかけずに電子レンジで600Wで40秒から1分程度温める

これで完成です。このように簡単に作れますので、時間のない人でも作ることができます。

ホットヨーグルトは分離することが多い?分離させずに作るコツとは?

ホットヨーグルトは分離しやすいといわれていますが、これは温めすぎが原因です。ヨーグルトは必要以上に加熱してしまうと、水分と乳成分が分離する性質があります。分離したホットヨーグルトは食べるとザラザラした舌触りで美味しいとは言えません。また、加熱する前に、ヨーグルトに大さじ2杯程度の水を入れると分離しにくくなります。これは、ヨーグルトに水を加えることで、液体のようにヨーグルトが柔らかくなりますので均等に熱が伝わるためです。ホットヨーグルトが分離してしまった人は、加熱する前に少し水を加えて加熱時間を短くして作ってみてはいかがでしょうか。

乳酸菌を温めて作るホットヨーグルトの効果! 

なぜ、ホットヨーグルトにダイエット効果が期待できるのか見ていきましょう。人間は、カルシウムが不足すると、脂肪を過剰に吸収し体内に蓄積する性質を持っています。その時にホットヨーグルトが体に入ることで、カルシウムが効率的に摂取しやすくなり、脂肪が蓄積されにくくなるのです。さらに、ホットヨーグルトには、コレステロールと中性脂肪を減少させる働きもあるため、ダイエットにも効果的といえるのです。また、乳酸菌の働きの促進効果で胃腸の働きが活発になりやすく便秘に悩む人にもおすすめです。

ホットヨーグルトで痩せた口コミが多い時間帯は夜!

ホットヨーグルトにダイエット効果が期待できることが分かりましたが、どの時間帯に食べると効果的なのか見ていきましょう。ホットヨーグルトでダイエットをした方の多くの方は、朝より夜に食べた方が痩せたそうです。ホットヨーグルトを夜に食べることで次の2つの効果が得られます!

ホットヨーグルトを朝より夜に食べるといい理由1:睡眠中に脂肪が分解できる!

脂肪は寝ている間に蓄積されがちですが、実は、睡眠中に脂肪は分解されています。脂肪の分解を促進させる成長ホルモンは、睡眠中に分泌されることが多いため、十分に睡眠を取ることで、1日300kcalの脂肪を消費すると言われています。つまり、ホットヨーグルトを夜に食べることで、吸収したカルシウムが、成長ホルモンの分泌を促し脂肪の分解を促進するため、ダイエット効果が期待できるのです。

ホットヨーグルトを朝より夜に食べるといい理由2:便秘解消の効果が期待できる

便秘解消のために、夜のホットヨーグルトがおすすめです。人は、夜の間に腸が働き、翌朝に老廃物を排出するサイクルを繰り返します。つまり、夜のホットヨーグルトは、腸の働きを助けて、老廃物を効率よく排出してくれるというわけです。

ホットヨーグルトがまずい理由!まずいのは効果なし? 

ホットヨーグルトは、体によくダイエット効果が期待できるのですが、味が苦手という人やまずいと感じる人が多いようです。ホットヨーグルトがまずい原因として考えられるのが作り方です。先ほど分離しない作り方でもご紹介しましたが、「温めすぎ」がまずくなる原因と考えられます。

まずいホットヨーグルトが効果なしの理由

加熱しすぎてしまったホットヨーグルトは、本来の風味や味の質が落ちてしまいます。さらに、乳酸菌も死んでしまい、有効成分がうまく摂取できなくなっています。そのため、温める時は人肌くらいの温度を意識して、加熱時間は40秒~1分にとどめることが大切です。

ホットヨーグルトダイエットには400g入りヨーグルトがおすすめ

ホットヨーグルトにはどんなヨーグルトがおすすめなのでしょうか。いろいろな種類のヨーグルトがありますが、市販の400g入りヨーグルトが手軽でおすすめです。

明治ブルガリアヨーグルト400gのダイエット効果

こちらは定番のヨーグルトで、ホットヨーグルトにもおすすめです。このヨーグルトは、LB8乳酸菌の整腸作用が効果が期待できるということで「特定保健用食品」(トクホ)にも認定されていますのでダイエット効果が得られそうなヨーグルトといえるでしょう。

森永ビヒダスヨーグルト400gのダイエット効果

こちらのヨーグルトは脂肪0のヨーグルトですので、胃酸にも負けず腸まで届いてくれるBB536ビフィズス菌のヨーグルトとなっています。脂肪分0でさらに、ビフィズス菌は乳酸菌よりも整腸作用が強力といわれていますのでダイエット効果はしっかり期待できそうです。

最後に

ホットヨーグルトのダイエット効果と作り方についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ホットヨーグルトはダイエット効果だけでなく健康にもよく体も温まりますので、寒い時期には特におすすめのダイエットです。ヨーグルトが好きという方や乳酸菌でダイエットがしたい方は一度試してみてはいかがでしょうか。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。

RANKING

人気の高い記事をご紹介!

KEYWORD

人気のキーワードをご紹介!

common instagram

    View on Instagram