common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

小さいサクランボでも太る?!サクランボのカロリーや糖質、栄養は?ダイエットに活かす食べ方もご紹介

2018.12.9
サクランボはほのかな甘みと上品さから、国内だけでなく海外で人気の果物です。幼いころ果物のなかでもたくさん与えられることがないサクランボは贅沢品と思っていましたが、社会人になり自分で買えるようになったら食べたいときに食べることができるようになりました。サクランボは栄養豊富だということも耳にしますよね。ダイエットの補助としていいかもしれないと思っている人もいるでしょう。しかし、気になるのは太る果物かどうかです。今回はサクランボのカロリーや糖質、ダイエットに活かす食べ方についてご紹介します。

サクランボの品種、どれだけご存知ですか?!

サクランボといっても種類は様々。まずはこれだけ沢山あるサクランボの種類についてご紹介しましょう。

    佐藤錦

    高砂

    豊錦

    紅秀峰

    南陽

    山形美人

    紅さやか

    月山錦

    ツラーレ

    レイニア

    ブルックス

佐藤錦は日本の品種でいちばん有名なサクランボです。南陽は国内の他のさくらんぼよりも一回り大きくハート型をしていて見た目がとてもキュートなのでSNSに投稿されています。また、月山錦は黄色のサクランボで生産量が少ないため贈答品として重宝されています。カタカナの3品種はアメリカンチェリーと言われるもの、輸入品をアメリカンチェリーと称していますが、すべてがアメリカから輸入しているわけではなく、品種も様々です。

サクランボ100gあたりのカロリーは?

サクランボは100gあたり(20粒)60キロカロリー、1粒あたり5.2キロカロリーです。10粒(50g前後)では約30キロカロリーです。ちなみに、温州ミカンのカロリーは1個(100g前後)37キロカロリー、バナナ1/2本(100g前後)57キロカロリー、リンゴ1/4個強(100g前後)40キロカロリーです。こうやって100gあたりのカロリーを見ると確かにバナナと同じくらいのカロリー摂取になります。しかし、果物の糖質とお菓子の糖質は異なるので、間食にクッキーやスナック菓子等を食べるよりもヘルシーですよ。

Posted by admin