common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

ダイエット中でもお肉が食べたい♡ささみを用いたダイエットにおすすめの料理やささみダイエットのメリット・デメリットをご紹介

2018.11.11

皆さんの中で、ダイエットの際、『減量したいけれど、タンパク質もしっかり摂取しながらダイエットしたい』あるいは『カロリーを気にすることなくお肉が食べたい』と思った方はいませんか?私はダイエット中でも、我慢せずにお肉をしっかり食べたいです!そこで今回は、ダイエット中でもお肉が食べれる?!『ささみダイエット』について紹介していきたいと思います。

なぜダイエットに『ささみ』がおすすめなのか?

鶏のささみは、低カロリーであると同時に、高タンパク質で脂肪分が少ないことが特徴です。鶏肉の他の部位と比較しながら、詳しく見ていきましょう。

  • ささみ(若鶏)のカロリー(100gあたり)105kcal
  • もも肉(若鳥)のカロリー(100gあたり)230kcal 

ささみはもも肉に比べて、カロリーは半分以下。また、ささみ100gあたりに含まれる脂肪は1g未満と少なく、タンパク質は23gと豊富に含まれています。このような面からも、筋肉を落とすことなくダイエットに励みたい方や、筋トレ中の方にも、ささみはおすすめの食材だと言われています。ただし、若鶏ではなく成鶏の場合、ささみのカロリーは(100gあたり)114kcalと、若干カロリーが高くなっているので注意が必要です。

ささみダイエットのやり方は?

ささみダイエットのやり方は、とても簡単です。主な方法としては、普段の食事にささみを積極的に取り入れるだけ。ささみはスーパーの鶏肉コーナーで、”鶏肉ささみ”として売られています。もも鶏肉よりも脂肪が多くカットされているのが特徴です。ちなみにサラダ用チキンに用いられている鶏肉はささみではありませんよ。

ズボラでも出来るささみダイエットおすすめレシピは?

ここでは、ダイエットが長続しない方や、料理するのも面倒くさいと考えてしまう方、ズボラな方でも続けることができる、ささみを使ったダイエットレシピを紹介していきたいと思います。朝の忙しい時間でも手際良く作ることができるのでおすすめですよ。

ささみダイエット用おすすめレシピ①ささみサラダ 調理時間10分

ズボラな方にもおすすめしたいのが、ささみサラダ。作り方は簡単で、火を通したささみとレタスやミニトマト、ゆで卵などを付け合わせるだけ。具材を自由に盛り付けたら、ドレッシングやお塩をかけていただきましょう。春雨や海藻などを加えると満腹感が増したり、ミネラルをとることもできるのでおすすめです。ただし、ドレッシングが高カロリーになりがちなので、かけ過ぎには注意してくださいね。

ささみダイエット用おすすめレシピ②ささみ入りサンドウィッチ 調理時間10分 

1. 8枚切りの食パン、あるいはサンドウィッチ用の食パンを用意します。そのあと、内側になる面(材料をサンドしていく面)にバターかマーガリンを塗ります。カットされた食パンや、食べやすいサイズの食パンであればそのままで。食べにくいサイズの場合には半分にするなどして、お好みのサイズにカットします。

2. レタスとトマトを水で洗います。レタスは適量用意し、食べやすい大きさにしておきます。トマトはヘタをカットし、サンドしやすいよう、お好みの形に切りましょう。

3. ささみに火を通し、適量のこしょうで味付け。そのあと、サンドしやすい大きさに切ります。

4. 1~3までをサンドすれば完成です。サンドする前に、食パンをトーストしておくのもおすすめです。また、具材となる野菜を変えれば飽きずに続けられておすすめですよ。

ささみダイエットのメリット・デメリットは?

ここまで、ささみダイエットについてまとめてきました。では、ささみダイエットのメリットとデメリットについてはどのようなことが挙げられるのでしょうか?詳しくまとめていきたいと思います。

ささみダイエットのメリット

  • 高タンパク質かつ低カロリーな食材
  • 低脂質でダイエット中でも◎
  • 様々な料理に代替しやすい。(スープやサラダにも◎)

ささみダイエットのデメリット

  • ささみが苦手な人やサラダ用チキンが苦手な人には不向き
  • 長期保存が効かない
  • ダイエット中の運動量によっては糖質不足になる可能性も

ハードな運動をする人にとっては、エネルギーの元になる糖質をしっかりと摂取する必要があります。そのため、ささみが不向きであったり、ささみ以外で糖質を補う必要がありますので食事のメニューを考えてくださいね。また、あくまでも主食・主菜・副菜・汁物と、バランスの整った食事を摂ることが大切です。無理のない範囲でダイエットを行いましょう。

最後に

今回はささみを用いたダイエットについて紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?ささみは焼くも良し、茹でるも良しな健康的な食材です。これからの時期、クリスマスやお正月など、高カロリーな食事が増えるイベントが目白押しです。体重の増加が気になる前に、是非、皆さんもささみダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか?

text:common編集部

Posted by admin