common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

炭水化物を抜かずに痩せたとブログや口コミで話題!手軽で簡単おにぎりダイエットのやり方や効果、おすすめ具材もご紹介

2018.11.7

皆さんは普段、どのようなダイエットを実践していますか?ダイエットと聞くと、炭水化物を抜いたり、食事制限をしたり、たくさん運動をしたり…など過酷なことばかりでいつも長続きしない、という方も多いのではないでしょうか。しかし今「おにぎりダイエット」がブログや口コミで話題になっています。芸能人もおにぎりダイエットで痩せたというブログを公開していますよね。そこで今回は炭水化物を抜かなくても良い健康的で手軽な『おにぎりダイエット』についてやり方や効果、おにぎりダイエットにおすすめの具材などを紹介したいと思います。

そもそもおにぎりダイエットとは?

そもそも『おにぎりダイエット』とは、どのようなものなのでしょうか?『おにぎりダイエット』とは、JA全農とスポーツクラブが考案したダイエットプログラムのことです。ダイエットの内容としては「おにぎり+トレーニング」で健康的な無理のない長期的なダイエットが実践できるというもの。普段どのくらいエネルギーを消費しているかを自ら理解し、消費エネルギーなど(生活活動指数等)に合わせて、食事の際に決められたおにぎりを食べます。また、食事の際に決められたおにぎりを食べるだけでなく、適度な運動(ストレッチなど)を取り入れることができれば、さらに健康的です。

おにぎりダイエットのやり方は?

おにぎりダイエットのやり方は、なんと1日に4〜6個のおにぎりと副菜になるようなものと汁物を3回の食事(朝食・昼食・夕食)に分けて食べるだけ!大体一食におにぎり1.5個+野菜と汁物を取ることになります。(おにぎり1個を100gとしています。)また、食事に加え、数十分程度の運動(ストレッチなど)を合わせます。副菜には、きんぴらごぼうやほうれん草のおひたしなど、汁物には、豆乳スープや野菜スープなど、バランスを考えて食材や料理を選ぶことがおすすめです!

芸能人ブログや口コミが話題!おにぎりダイエットの効果は?

つんく♂さんや眞鍋かをりさんなどがブログでおにぎりダイエットを公開しています。芸能界の方々にも効果が出ているようですね。また、全農のホームページにも実践した方のレポートが記載されています。このようなことからも『おにぎりダイエット』は効果が出やすいダイエット法として期待されています。早い人だと1週間程度で結果が出るのだとか?!

おにぎりダイエットのメリット・デメリットは?

ここまでの流れを踏まえて、おにぎりダイエットのメリット・デメリットについてまとめていきたいと思います。

1週間で痩せた?!おにぎりダイエットのメリット

・炭水化物を抜かなくても良いため長期的に続けられる
・適度な運動を合わせることで健康維持にもつながる
・日々の生活に簡単に取り入れることができる
・他のダイエットに比べお金がかからない
・炭水化物(米)が大好きな人には過酷さの少ないダイエット

やり方は簡単だけど…。おにぎりダイエットのデメリット

・米が苦手な人、米が体質的に合わない人には不向き
・普段米を炊かない、炊飯器がない人には不向き

炭水化物を抜かないことが、最大のメリットです。普段の生活リズムを崩すことなく、健康に留意してダイエットできることが特に嬉しいですよね。逆にデメリットは少なく、端的にまとめてしまうと、普段おにぎり(米)と疎遠な生活をしている人にとっては、おにぎりダイエットは不向きであると思います。

おにぎりダイエットにおすすめの具材は?

ここでは、おにぎりダイエットにおすすめの具材を紹介したいと思います。おにぎりの具材の注意点としては、塩分の過剰摂取にならないよう具材をチョイスすることです。また、高カロリーの具材を入れないように注意が必要です。せっかくダイエットを実践しても具材などに高カロリーのものが入っていたり、塩分の過剰摂取をしてしまうと、ダイエットが失敗したり、肥満や高血圧になったりすることにも繋がりかねません。おすすめの具材としては鮭や昆布、梅干しなど。また、おにぎりを作る際、塩をつけ過ぎないようにも注意しましょう。

おにぎりダイエットおすすめの理由と注意点

おにぎりダイエットの最大のおすすめポイントとしては、他のダイエットに比べ、日々の生活に支障が出にくく、生活の中で健康に留意できる時間が設けられるというところです。炭水化物を抜かない食事と適度な運動をすることの大切さも知ることができるので長期的にダイエットをする方や健康維持に努めたい方には特におすすめです。しかし、おにぎりダイエットを進めていく中で自らの適性体重よりも大幅に減量したり、逆にダイエットが成功した際に、やけ食いをしたりすることは危険です。あくまでも健康のためのダイエットとして実践してください。

最後に

おにぎりダイエット、いかがでしたでしょうか?ネットなどに出回るダイエットの中には、信頼性にかけていたり、時に健康を脅かすものまで様々に存在します。健康を考え、あくまでも無理のないダイエットをすることが一番です。またダイエットをきっかけに拒食や過食な度につながらないよう、自己コントロールができるようになることも大切です。それらを踏まえた上で、健康を一番に楽しくダイエットをしてみましょう!

text:common編集部

Posted by admin