common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

アジフライのカロリーは?ダイエット中でも食べて大丈夫?その栄養素と賢い食べ方

2018.10.20

サクサクでおいしいアジフライは、カロリーが気になってダイエット中は避けているという方も少なくないはず。アジフライは作るときや食べるときにひと工夫加えることでカロリーをおさえ、ダイエット中でも食べられるようになります。今回はアジフライのカロリーや栄養成分、そしてダイエット中でもおいしく食べるためのコツをご紹介します。
 

アジフライ定食の気になるカロリー!アジフライは太るって本当?

アジフライのカロリーは100gあたり約215kcal。アジフライ以外の揚げ物のカロリーは、100gあたり以下のようになります。

  • とんかつ 約344kcal
  • 唐揚げ 約290kcal
  • ポテトコロッケ 約164kcal

 

このように他の揚げ物類と比較すると、アジフライのカロリーは比較的低め。ですが、全食品で見ると高カロリーに分類されてしまいますね。サクサクの衣にふっくらとした身がおいしいアジフライ。カロリーをしっかり知っておけば、健康的に楽しむことができますよ。

アジフライ定食はカロリーが高くて太る?アジの栄養素とは

アジは栄養豊富な魚!

フライにするとカロリーがアップしてしまうアジですが、栄養価そのものは非常に優秀。青魚の中でも特に脂分が少ないアジは、アミノ酸、EPAやDHA、ビタミンも非常に豊富なのです。上手く食生活に取り入れれば、ダイエット中の健康的な食事にも役立ってくれるのです。

アジにダイエット効果ってあるの?

アジに含まれるDHAやEPA。この栄養素には、コレステロール値を下げてくれる効果が期待できます。必須脂肪酸であるDHAとEPAには血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあると言われており、血液中のコレステロール値が下がると、体内の中性脂肪も減らすことができるので、肥満の解消に効果的と言われています。
また、アジにはたんぱく質が豊富に含まれています。このたんぱく質には、体の筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあります。良質な筋肉が作られると、体の代謝がアップし、1日の消費カロリーを増やすことができるので、ダイエットにも効果的。
さらに、アジにはビタミンB2も豊富に含まれています。摂取された脂質の代謝を促してくれる働きがあり、ダイエットに非常に高い効果を発揮してくるのです。本来食べ物などから脂質が摂取されると、体に脂肪がつきやすくなのですが、ビタミンB2を摂取することで、体に脂肪がつく前に脂質を代謝してくれるのです。

「太る」と思われがちなアジフライ定食をダイエット中に食べても大丈夫!?カロリーを抑えて賢く食べるコツ

アジフライをカロリーオフする作り方

アジフライを家で作るときには、キッチンペーパーやクッキングペーパーで油をしっかり拭き取りましょう。キッチンペーパーを敷いたバットにアジフライを乗せ、さらに上からペーパーをかぶせることでしっかり取ることができます。これだけでも油分をカットすることができるので、十分カロリーオフにつながります。また、毎回「新しい油」で作るのも大切なポイント。アジフライを作る際、「前回の油が残っているから……」とつい使ってしまいがちですが、新しい油のほうがダイエット効果は期待できます。一度フライに使った油は急速に劣化し、身体に害を及ぼすトランス脂肪酸が多くなるのです。健康的にスリムになりたい場合には、毎回新しい油を使うようにするのが大切です。

アジフライ定食のカロリーをオフするなら食物繊維も忘れずに食べて!

アジフライを定食などで食べるときは、キャベツなど野菜をたくさん食べましょう。野菜の食物繊維が油分や糖質の消化をサポートしてくれます。さらに、野菜で満腹になれば食べる量を抑えることも可能です。また、アジフライはソースやタルタルソースをかけて食べるのが一般的ですね。ですが、ソースやタルタルソースはカロリーが意外と高く、高カロリーなアジフライがより高カロリーになってしまうかもしれません。ソースやタルタルソースに含まれる塩分は食欲を増進したり、体にむくみを引き起こす原因にも。かけ過ぎには十分注意するようにしましょうね。

アジフライ定食はカロリーカットするならランチに!ディナーはNG

ダイエット中には、これから眠るだけの夜に食べる食事はカロリーを抑えた方が無難。アジフライのような揚げ物は控えましょう。特に22時から2時までは、タンパク質が脂肪を蓄積しようと活発になります。ダイエット中にアジフライを食べるなら、ディナーは避けて朝かランチにしましょう。

まとめ

アジフライは高カロリーでダイエットに向いていないと思われがちですが、実はダイエット効果が豊富。食べ方次第ではダイエット中も十分楽しめるヘルシーメニューです。ダイエット中にアジフライを食べる場合は、「キャベツなどの野菜と一緒に食べる」「夜は避けてランチにする」など、上手に工夫してみてくださいね。

text:common編集部

Posted by admin