common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

カレーライス一皿あたりのカロリーを知ろう!ダイエット中にビーフカレーを食べても太らない方法がある?!

2018.9.29

カレーはカロリーも高いし、炭水化物の塊だからダイエットに向かないと言われています。しかし大好きなカレーを食べられないのは辛いですし、最近はカレーにもカロリーオフの商品が出てきていますよね。今回はカレーの気になるカロリーやダイエット中にビーフカレーを食べても太らない方法について考えていきます。

メーカー別レトルトカレーのカロリー

手頃なレトルトカレーのカロリーを見てみましょう。カレーライスを食べる場合は、ライスのカロリー1人前260キロカロリーを加算してください。

  • 大塚食品 ボンカレー中辛(220g)185キロカロリー
  • 大塚食品 マイサイズ欧風カレー(150g)99キロカロリー
  • 中村屋 インドカリー(210g)282キロカロリー
  • 明治 銀座カリー(180g)225キロカロリー
  • エスビー タイ風レッドカレー(210g)291キロカロリー
  • エスビー 北海道野菜のビーフカレー(200g)100キロカロリー
  • ファミリーマート ライザップ2種のきのこが入った欧風ビーフカレー(180g)96キロカロリー
  • セブンイレブン ビーフカレー(180g)129キロカロリー
  • 無印良品 ゴロリ牛肉のスパイシーカリー(200g)371キロカロリー

ダイエットを意識した商品はビーフカレーでも低カロリー仕様になっています。自分で作る場合、油を多めにしたり好きなジャガイモをたくさん入れたりし、つい高カロリーになりがちです。ダイエット中にビーフカレーを食べたいと思ったら、カロリー表示が明確なレトルト食品を活用するのも良いかもしれません。

ビーフカレーが太る理由

カレーライスは辛みが食欲を増進させるので、ついお米を食べ過ぎてしまいますよね。また、使用するタマネギ・人参・ジャガイモは野菜のなかでも糖質が高いほうです。さらに、カレールーをみても、カロリー・糖質・脂質ともに高い食べ物です。外食をすると最低でも700キロカロリー台、高カロリーなものになると1000キロカロリーを軽く超えるカレーもあります。最近GI値(血糖値の上場率を表す指数)が着目されるようになりましたが、一般的にビーフカレーに使用される牛肉・野菜・ルー・白米のGI値は高めなので、血糖値が上昇し太る原因を作っているのです。
これだけみるとカレーライスには太る要素しか見当たりませんね。しかし、カレーをよく食べるインドやネパールの人々が太っているというイメージはありません。太る原因は日本独自に進化したカレーにあるのです。

日本で販売されているカレールー

日本で販売されているカレールーの原材料を見たことがありますか?!インドやネパールで食べられているカレーはコリアンダーやクミンやガラムマサラといったスパイスをたくさん使用していますが、日本のメーカーの原材料を見ると「カレー粉」や「香辛料」と表現されていて具体的に何が含まれているかわからなくなっています。よく見ると油脂や砂糖も含まれていて、日本人の味覚に合うよう独自に進化させた味だということがわかります。本来カレーはスパイスから成り立つもので、そういったスパイスはダイエットに役立つものが多いのですが、原材料を見ると市販のカレールーでダイエット効果を得るのは難しいことがわかります。

ビーフカレーで太らないようにするには?!

日本で販売されている市販のカレーでダイエット効果は期待できないけれど、美味しいから食べたいという気持ちに変わりはありません。太らないビーフカレーの食べ方について考えていきましょう。

■白米の量を減らす

お米茶碗1杯分は約260キロカロリーですが(150g)お米を食べる量を減らすとシンプルにカロリーダウンすることができます。

■玄米や五穀米を使用する

GI値について前述しました。白米のGI値は81ですが、玄米や五穀米は55です。ピタパンは50、ナンは82です。こうやって見ると、白米ではなく玄米や五穀米を使用することで血糖値の上昇を緩やかにすることができます。

■牛肉の部位を考える

肉は鶏肉のささみや胸肉を使った方が低カロリーになりますが、どうしてもビーフカレーを食べたい場合は牛肉の部位のなかでもカロリーの低い部分を選びましょう。

  • ヒレ肉 133キロカロリー
  • もも肉 149キロカロリー
  • バラ肉 371キロカロリー

上記は100gあたりのカロリーですが、比較すると断然ヒレ肉を使用するべきだということがわかります。

■具材は油で炒めない

具材を油で炒めると油を吸ってカロリーが高くなります。油を使用しないことで約100キロカロリーはダウンしますよ。

■食べる順番を工夫

ダイエッターにとってもはや常識になっていますが、先に食物繊維を多く含んだ野菜や豆類のサラダを食べて、血糖値の上昇を緩やかにさせてから、カレーを食べるようにしましょう。カレーを飲むように食べる人や「おかわりありき」の食べ方はNGです。ダイエットをしているのですから、しっかりと噛んで食べて満腹中枢を刺激させるのも大切ですよ。

最後に

カレーのカロリーはやはり高かったです。スパイスを手に入れて本格カレーを作ればダイエット効果のあるビーフカレーになりますが、時間に余裕がありませんよね。ダイエット中でも食べ方や調理法を工夫すれば太ることはありません。

text:common編集部

Posted by admin