common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン

梨のカロリーは?梨はダイエット向き?!それとも太る?!ダイエット中でも太らない梨の食べ方とは

2018.9.22

梨のカロリーや糖質ってどれくらいなのか知っていますか?りんごと違って水分量が多く、ほのかな甘みが特徴の梨。好きな方も多いのではないかと思います。梨は果物の中でも比較的ヘルシーな部類に入るのでダイエット向けと言われていますが、どのくらいヘルシーなのでしょうか。今回は梨のカロリーを他の果物と比較してみました。また、梨がダイエット向けと言われる理由やダイエット中の梨の食べ方についてもご紹介します。

梨のカロリーは?他の果物と比較した結果

梨のカロリーは、大体300g前後の大きい梨で150kcalです。甘いイメージがありますが、実はそこまでカロリーは高くなくヘルシーな果物でもあります。

梨のカロリーを他の果物と比較

  • 梨 43kcal
  • オレンジ 46kcal
  • パイナップル 53kcal
  • りんご  57kcal
  • ぶどう 59kcal
  • バナナ 86kcal

※それぞれ100gのカロリー

オレンジやりんご、バナナは皆さんもよく食べると思いますが、その中でも梨のカロリーは一番低い事がわかりますね。

気になる梨の糖質は?

梨の糖質は果物の中でも比較的低めだと言われています。

  • 梨         10.4g
  • オレンジ(ネーブル)10.8g
  • パイナップル    12.5g
  • りんご(皮むき)  14.1g
  • ぶどう       15.2g
  • バナナ       21.4g

やはりカロリーが高い果物は糖質も多め。バナナなどは結構ありますね。甘いからついつい食べ過ぎてしまうので気をつけたいところでもあります。その点、梨はほのかな甘みでカロリーも少なく、糖質も少ないのでダイエット中にもピッタリですね。

ダイエット成功の秘訣とは?

ダイエットには運動も大事ですが、実は食事が8割なのをご存知ですか?

特に糖質を制限することによって、血糖値の上昇を抑え、インスリンの分泌量を減らせば、脂肪がつきにくい体になります。糖質制限中の1日あたりの糖質量は70g~130g程度を目安にすると良いでしょう。摂りすぎた糖質を抑制すれば、ダイエットに繋がり、しかも病気のリスクを下げてくれます。

▼参考
ご飯茶碗一杯(150g)の糖質量:53.4g
食パン1枚当たり(6枚切り)の糖質量:26.6g

でも、食事の度に糖質量やカロリーの計算をするって大変ですよね…。そこでオススメしているのが、糖質制限された健康的な食事を宅配してくれるサービスです。これを活用すれば、楽に継続ができるため、ダイエット成功の近道となります。

最近では多くのサービスがありますが、ここでは「nosh(ナッシュ」をオススメしたいと思います。noshの特徴は、【低糖質】で【健康的】なことに加えて【安くて美味しい】ということです。

▼メニューの特徴
1.シェフと管理栄養士が開発
2.全てのメニューが糖質30g以下
3.全てのメニューが塩分2.5g以下


※画像をクリックするとメニューの一覧を見ることができます。

「nosh」がなぜここまで人気なのか?

単純ですが、コンビニ弁当よりも安くて、美味しくて、しかも糖質やカロリーが計算された健康的な食事を宅配してくれる便利なサービスだからです。メニューも豊富なので、飽きることもなさそうです。

ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。リンクを貼っておきますので、気になる方はこちらからチェックしてみてください。

梨がダイエットに向いていると言われているのはなぜ?梨の栄養素

果物はビタミンなどが豊富ですが、果糖が含まれているので食べ過ぎはダイエットの天敵ではありますが、梨は基本的にカロリーが少なく、気になる果糖も少ない果物なので、ダイエット向きと言われています。その理由を探ってみました。

・実はダイエット向き!梨の「カリウム」でむくみを解消♪

梨にはカリウムが含まれていますが、カリウムは余分な塩分を排出してむくみを解消する成分です。女性は特にむくみやすく、デスクワークの方は「夕方になると足がパンパン…」という方も多いはず。辛いむくみを解消してくれるカリウムが多く配合されている事がダイエット向きと言われている1つのポイントになります。

・食物繊維で腸内も健康に!

食物繊維は便秘を予防・解消してくれますが、腸内環境を整える事で「やせホルモン」が分泌されます。これは小腸から出されるので、腸内環境が良くない人は肥満傾向にあるとの事…。便秘知らずはやせ体質の人が多いので、食物繊維が多い梨はダイエット中にぴったりな果物でもあるのです!

・アスパラギン酸で疲れを取って元気になる♪

アスパラギン酸はアスパラに多く含まれている成分で、主に筋肉の疲労回復をサポートする成分ですが、梨にも含まれているんです。ダイエット中はカロリー制限や食事制限だけではなく、運動も並行して行なっている方も多いと思いますが、運動後の疲労回復を助ける事で質の良い筋肉を作ってくれます。質の良い筋肉は基礎代謝を上げて消費カロリーを高めてくれるので、運動後は梨を食べて疲労回復効果を狙いましょう♪

梨ダイエットとは?ダイエット中に梨を食べる時の注意点

ダイエットに効果的な梨でも、食べ方によっては太る原因になりますので注意しましょう。ダイエット中に注意したい梨の食べ方についてまとめてみました。

・こんな食べ方は太るので要注意!

梨はローカロリー・低果糖だからと言って、1日のうちに何個も食べるとカロリーや果糖が蓄積されるので、逆に太る原因になりますので注意。特に夜に食べ過ぎてしまうとカロリーが蓄積されやすくなっているので気をつけましょう。食べるのなら朝食やおやつの時間に、1日1個くらいであれば問題ないかと思います。

・梨ジュース・洋梨は糖質が多いので注意!

市販で販売されている梨ジュースにはお砂糖が含まれているのでカロリーも高め。また、同じ梨でも洋梨はカロリーや果糖がかなり高いので、食べる時は普通の梨をチョイスしてくださいね。

梨は果物の中でもダイエット向け!甘いものが欲しい時にもおすすめ

いかがでしたか?ダイエット中は甘いものが無性に食べたくなる時がありますが、そんな時は梨が出番です!甘くて美味しいのに、カロリーや果糖も低く、ダイエット中に必要な栄養素までしっかり取り入れる事が出来ます。

  • 食物繊維が豊富なので、丸々一個食べるだけで結構な満腹感を得られる
  • カリウムと水分が豊富なのでむくみ対策にも良い!

ただし、食べすぎる事でその分のカロリーや果糖が上乗せされてしまうので、いくらヘルシーだからと言っても梨の食べ過ぎには注意して下さいね。

text:common編集部

Posted by admin