common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

話題の“おでんダイエット”で楽痩せ!低カロリーで食べ応えのある具材5選

2018.9.21

ダイエットにオススメのおでんの具材を紹介していきます。おでんの中には食べ応えがあるのにカロリーが低く、ダイエットに向いているものがたくさんあるんです!ダイエット中の方はぜひ上手に取り入れてみてください。

ダイエットにおでんがイイ!?

おでん

だんだんと気温が下がってきて、涼しく感じる日が増えてきましたね。冬に向けてまだまだ気温が下がりますが、そんな時にふとたべたくなるのが、「おでん」です。コンビニのレジ横で見かけるとついつい買ってしまう、という方も多いはず。

そんなおでんですが、実はダイエットにはとてもオススメなのです。というのも、カロリーが低い上、食べ応えのある具材が多いから!体もぽかぽかに暖まります。おでんダイエットに挑戦しアイドルが痩せたことでも、今話題になっていますね。

今回はそんなおでんの中から特にカロリーが低く、ダイエットにオススメな具材を紹介していきたいと思います。

1、大根

まずは、定番の具材である大根。おでんの出汁を吸い取り、味が染み込んでいて美味しいですよね。

そんな大根のカロリーは、1個あたり8kcal程度。1個が大きく食べ応えがあるのにこのカロリーなのは嬉しいですね。

おでんに使われる大根の根の部分は、食物繊維が多いのが特徴です。そのため、便秘に悩んでいる方や胃腸の調子を整えたい方にはもってこい。一人暮らしなどで、普段は大根を使った料理をあまり食べないという方でも、おでんの具材なら取り入れやすいでしょう。ぜひ忘れずに、選んでみてください。

ちなみに、大根の葉の部分は緑黄色野菜に分類され、ビタミン類やカルシウム、鉄が多く含まれています。根の部分よりも、実は栄養が豊富。スーパーで大根を買う時には、葉もついたものを買い、捨てずに料理に活用してみてください。

2、三角こんにゃく

三角こんにゃく

三角こんにゃくも、ダイエットをしている方には嬉しいおでんの具材です。三角こんにゃくのカロリーは、1個6kcal程度!これならどれだけ食べても太らなそうですよね。

弾力があり、噛み応え抜群なのが特徴。噛み応えのあるものを食べると、食べ物を食べているという実感がわき、食欲が満たされやすくなります。また、長く噛み続けることで満腹中枢が刺激され、空腹感も抑えられます。ダイエット中は食事制限をする方が多いと思いますが、食事を制限している時にこそ、こんにゃくは最適です。

さらに、こんにゃくは「グルコマンナン」と呼ばれる食物繊維が主成分です。グルコマンナンは近年ダイエットに良いと話題になったチアシードにも多く含まれている食物繊維の一種。水分を含み、腸内を通過する際に腸の中を清掃する働きがあります。腸内環境を改善し、痩せやすい体を目指すことができますよ。

胃の中で膨らむので、満腹感を感じやすいというメリットも。

また、食事の前に食物繊維を食べることで、血糖値の上昇を抑えることができます!血糖値の急上昇は脂肪を蓄えてしまう原因になるので、血糖値を緩やかに上げることはダイエットにとって非常に大事なこと。おでんの具材の中でも、先に食べると良いでしょう。

カロリーが低く食べ応えがあるこんにゃくは、普段から量を食べ過ぎてしまうという方に特にオススメの具材です。

3、はんぺん

おでんの鍋をのぞいたらぷかぷかと浮かんでいる白いはんぺん。はんぺんも、ダイエット中の方に取り入れて欲しいおでんの具材の一つです。

はんぺんは白身魚と山芋などをすりつぶし、練り上げたものです。ふわふわとした食感が特徴的ですね。

はんぺんのカロリーは1個34kcal程度。白身魚をすりつぶして作られていることから、はんぺん1個に4.5gと、タンパク質が豊富に含まれているのが特徴です。

ボリュームのある見た目に反してカロリーは控えめ。カロリーを抑えながらたくさん食べたと感じられるおでんの具材です。

4、ロールキャベツ

おでんというと練り物や野菜といった具材を思い浮かべるかもしれませんが、お肉を使った具材もあります。その一つがロールキャベツです。

家でおでんを作る時には手間がかかるので作らない方も多いかと思いますが、コンビニで買えば作る手間を省くことができます。

ロールキャベツは1個37kcal程度と、意外と低カロリー。キャベツに包まれたお肉を食べているとカロリーが高そうに感じますが、それほどカロリーは高くありません。

おでんを選んでいて肉系の具材が欲しいと思ったらロールキャベツを選びましょう!満足度が上がりますよ。

5、牛すじ串

牛すじ串

最後に紹介するのは、ロールキャベツに続いて肉系の具材の牛すじ串。

牛すじ串は白いプルプルしたものが串に刺さっているので、パッと見たら脂肪のかたまりなのではないかと思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。牛すじは牛の腱の部分のお肉のことをいいます。腱とは、筋肉と骨とを繋ぐ組織のことで、コラーゲンが豊富で弾力があるのが特徴。牛すじ串のプルプルの正体はコラーゲンなのです。

コラーゲンと言えば美容に嬉しい栄養素ですね。それに加えて牛すじ串1本には、タンパク質が5.5g含まれています。カロリーは44kcal程度。低カロリーで多くのタンパク質を摂取することができます。

ダイエット中は避けて来た方も多いかもしれませんが、牛すじ串も実はダイエットの味方!コラーゲンも含まれているので美容の味方でもあります。ぜひ取り入れて欲しいおでんの具材です。

 

今回はダイエットに嬉しいおでんの具材を紹介しました。定番の大根や三角こんにゃく、はんぺん、そしてちょっぴり意外かもしれませんが、ロールキャベツや牛すじ串などといった具材がダイエットにオススメです。これらはおでんの中でもカロリーが低い上、しっかりと食欲を満たすことができる優秀な具材です。

おでんはダイエットの味方と言っても過言ではありません。これから寒くなってくるのでおでんで寒い季節を乗り切り、ダイエットも成功させましょう!

text:中野卓
スポーツ栄養学を専攻する大学院生。現在はトレーニングによるミトコンドリアの適応を促進させる栄養素について研究を進めている。水泳は、選手歴10年以上。アロマテラピー検定1級取得。

Posted by admin