common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

全然痩せない理由。低カロリーダイエットにありがちな失敗例&改善策

2019.4.18

ダイエットを始めようと低カロリーの食品ばかりに手を出し、結果的にダイエットがうまくいかない人がいます。ダイエットをするときには、低カロリー食品だけでいいのでしょうか?実際にダイエットに成功をし、ボディメイク大会でも優勝経験のある筆者がまとめてみました。

ダイエットには低カロリー食品だけでいい?

とにかく痩せたいからとダイエットを始め、ハードな運動と、過酷な食事制限をすること自体は間違いではありません。しかし、ダイエット中の食事がコンニャクや寒天、サラダばかりなのは考えものです。ダイエット中に低カロリー食品を摂取することは間違ってはいませんが、なぜ低カロリーな食品だけなのはNGなのでしょうか?

実際にダイエットに成功をし、ボディメイク大会でも優勝経験のある筆者が、低カロリー食品とダイエットとの関係をまとめてみました。

ダイエット失敗!低カロリーダイエットの落とし穴

サラダを食べる女性

そもそも食事制限で低カロリーでもいいと考えるのは、食事制限のカロリー制限という考え方があるからでしょう。しかし、そこには落とし穴があります。

・基礎代謝に必要な栄養素が不足する

低カロリー食品を摂取することによって、食事自体のカロリーを抑えることはできても、基礎代謝に必要なビタミンやミネラルなどの栄養素が不足してしまうと、体の代謝が低下し、結果的に体が痩せにくくなってしまいます。

ずっと摂取カロリーが低いままで、栄養も不足した状態が続くと、消費カロリーを生み出す筋肉量も減り、さらに代謝が低くなっていくという悪循環になります。

・食べ過ぎてしまう

低カロリー食品は、カロリーが高くないからと安心してしまうと、本来食べるべき食事よりも食べ過ぎてしまい、エネルギーが過剰になってしまう場合があります。出費も大きくなりますよ。

・たくさん食べることに慣れてしまう

ダイエットのために、大量のこんにゃくや海藻を食べるなどしてお腹を満たす人もいますよね。ですが、たくさん食べて胃をいっぱいに満たすことが当たり前になってしまうと、通常の食事をしたときに気づかずカロリーオーバーになってしまいます。低カロリー食品に慣れ過ぎると、胃が大きくなってしまうかも。

・ストレスが溜まる

低カロリー食品を食べているのに、思うようにダイエットが進まずにストレスが溜まってしまうこともあります。ストレスが溜まって自律神経のバランスを崩れると、体の免疫力や消化機能などが低下して、痩せにくい体を作り出してしまいます。

では、低カロリー食品ばかりに頼らずに痩せるには、どんな食事を意識すればいいのでしょうか?

『空腹』は痩せる?太る?空腹ダイエットの気になる噂を徹底解明

痩せる食事①:高カロリーおやつを低カロリーおやつにする

食事の中で高カロリーになりがちなものを低カロリー食品にして、カロリーを上手に抑えるようにしましょう。例えばチョコレートやアイス、プリンなどの高カロリーのおやつを低カロリー食品にすれば、ストレスなく甘いものを摂取することができますよね。

チーズだけじゃない!糖質制限中でも食べていい「低糖質おやつ」5選

痩せる食事②:間食を野菜や果物にする

食材

低カロリー食品ばかりを活用するのではなく、野菜や果物などの食材を上手に取り入れるという方法もあります。オススメの食べ物をご紹介します。

<セロリ>
食物繊維が多いということで知られているセロリは、約75%が水分です。ビタミンC、ビタミンA、ビタミンKなども含まれているので、カロリーを抑えながら栄養素も摂取することができます。

<グレープフルーツ>
グレープフルーツも70%が水分でできていて、食物繊維やカトチン、ビタミン群が豊富に含まれています。甘さを感じられるフルーツを上手に間食として取り入れるのもいいでしょう。

<葉物野菜>
レタスやサラダ菜などの葉物野菜は、半分くらいが水分でできていて、残りの半分は食物繊維でできています。さらに食事の前に食べると、食物繊維の効果で満腹感が得られて食べ過ぎを防ぐことができます。ただし、ドレッシングのかけすぎには注意してくださいね。

<スイカ>
スイカはほとんどが水分です。低カロリーなのにかなり満腹になりやすい食材です。他の野菜とは違って、味付けをしなくてもそのまま美味しく食べられるので手軽に感触もできますよね。

痩せる食事③:せっかくなら低カロリー高タンパクなもの!

食事をする女性

ダイエット中に筋トレや有酸素運動などをするなら、カロリーが低いだけではなく、カラダ作りに適している食材を選ぶのもポイントです。タンパク質をしっかり摂ることによって、ダイエットをしているとは思えないような豪華な食事内容になります。

<豚と牛のヒレ・もも・レバー>
ダイエットでサラダしか食べない人もいますが、実はこれは大間違い。肉や魚などのタンパク質も上手に摂取することによって、美しいカラダが手に入ります。
牛肉や豚肉は、部位によってかなりカロリーが変わります。ヒレ・もも・レバーなどの資質の少ない部位を選ぶことによって。カロリーを通常の部位よりも50~70%カットしながら、しっかり食事からタンパク質を摂取することができます。

<鶏肉>
鶏肉は、ささみ以外にもむね・もも・手羽先も高タンパクで、低カロリーです。自炊する場合には、皮を取り除くだけで半分くらいカロリーをカットすることができるので、取り除いてから調理するようにしましょう。

体脂肪を減らしたい!30代女性がまず始めにやるべきこと

 

単に痩せるよりも、カラダ作りと捉えるべし!

太くなってしまった見た目が気になるからと、とにかく痩せるために低カロリー食品ばかりに頼るのではなく、健康的にカラダ作りをしようとする方が、ダイエットも長続きしますし、しんどくありません。楽だけど、体が綺麗になったと思えるようなダイエットをしていきましょう。

番長みるく

番長みるく

元劇団四季のミュージカル女優で準主役デビュー後、6年間在籍。出演作は「ウィキッド」ネッサローズ役や「サウンドオブミュージック」など。 ライザップボディメイクグランプリ2016年スタイルデザイン部門関東&全国優勝の経験もある。外資金融の勤務経験もあり、恋愛、自己啓発、金融、ダイエット、筋トレ、レシピの記事が得意。
Instagram @banchomilk_

Posted by admin