common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

太るのは間違った筋トレのせい!やりがちな「NG筋トレ」7選

2018.12.7
痩せるために筋トレをしているのに、全然痩せない!むしろ太った気がする!そう感じている方は、筋トレのやり方や筋トレ前後の行動を見直してみましょう。そこに、太ってしまう原因があるかもしれません。今回はやりがちなNG集をご紹介していきます。

筋トレしているのに太るのは何故?

ただ細いだけではく、引き締まったボディが今のトレンド。実際に、美しいスタイルのモデルさんや女優さんも、筋トレを取り入れていることを公表しています。自分もそんなボディになりたいと、筋トレを取り入れる女性が増えていますよね。確かに筋トレはダイエットに効果的で、正しく行えばボディラインにも大きな変化をもたらしてくれます。

しかし中には、「筋トレをしたら逆に太った!」という方もいるようです。痩せるはずの筋トレで、なぜそのようなことが起こってしまうのでしょう!?

筋トレで太ってしまうのには、しっかりと理由があります!ここからは、ついやってしまいがちな、ダイエットを妨げる筋トレのやり方、筋トレ前後の過ごし方の間違いをご紹介していきます。間違いを見直せば、理想のボディにぐっと近づけますよ。

筋トレで太る原因①:脂肪が多いまま筋トレをしている

お腹の脂肪 女性

くびれを作るはずの腹筋トレーニングで、逆にお腹周りが太くなってしまったという経験はありませんか?原因は、脂肪がたっぷりついた状態で鍛えたこと。脂肪の上にさらに筋肉がのってしまうと、プロレスラーのようながっちりとした体型になってしまうので注意しましょう。ボディビルダーの方も、一度増量してから筋トレで絞って体を大きくしています。

筋トレで太らないためには、まずはたっぷりついた脂肪を落とすための食事改善から始めましょう。基準は体脂肪率。成人女性の場合、20~25%パーセントが「標準」、30%以上が「肥満」とされています。まずは体脂肪率20~23%程度になってから、筋トレを取り入れていきましょう。

Posted by admin