common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

【#ヒデトレ特別企画】#7-後編-“天使の羽”を出してシャープな背中に!

2017.12.13

“なりたいカラダにはレシピがある”をテーマに、女性の間で注目を集めている”ヒデトレ”。考案者であるヒデさんと共に、女性のカラダの悩みを解消するためのトレーニングやエクササイズを紹介する連載企画です。第三弾は、「背中美人になりたい!」ということで、後ろ姿を磨くメソッドをレクチャーしてもらいます!

有名モデルや芸能人から絶大な支持を集めているパーソナルトレーナー、ヒデさん。彼が考案した独自のメソッド”ヒデトレ”の特徴は、ただ筋トレを教えるのではなく、日常生活でついてしまっている”悪いクセ”を改善し、理想の美ボディを手に入れるための新たな”良いクセ”を身につけるためのトレーニングを教えること!良いクセを覚えてしまえば、普通に生活しているだけで美ボディに近づけるんです♡

そんなヒデさんと共に、悩める女子たちを救うべく始まったこの企画。

一人目は「水着が似合う身体になりたい」、二人目は「小顔になりたい」というテーマに沿ってメソッドを伝授していただきました。

三人目のテーマは「背面美人になりたい」。前編では肩甲骨を前後、上下に動かしながらほぐしていきました。

”天使の羽”を出す仕上げ、後編スタートです!

ヒデトレTIPS 背中で手を繋ぐ

片腕は上から、もう片方の腕は下から背中に持っていき、手を繋ぎます。

POINT1 腕は耳より後ろに来るように

ヒデさん(以下、ヒデ)「この時に、腕が耳よりも後ろに来るようにして。肩甲骨が下に下がるように。」

前編の肩甲骨をほぐすメソッドを行ったあとであれば、普段よりも肩が上がり手を繋ぎやすくなっていると思います。それでも届かない場合は、タオルを持って両端を掴んでみましょう。無理のない範囲でチャレンジしてみてください!

POINT2 息を吸って肋骨を開くように

ヒデ「息は止めずに肋骨を開いてあげる。そう。」

肋骨を開くことで、反対側にある肩甲骨がより下にさがりやすくなるんだそう。深い呼吸を心がけてみて!

ヒデ「軽く腕を動かしてみて。」

真理さん(以下、真理)「あ、軽く上がる感じ!」

みなさんも、一度肩を回して、”ヒデトレ”をする前との違いを実感してみましょう。いつもより軽かったり、回しやすくなったりしているのでは?その違いに驚くはず!

“筋肉”ではなく“骨”を動かす意識を!

ヒデ「筋肉を意識すると固まったりすることもある。だからどちらかと言うとね、骨に意識をもっていってあげると良い。骨の周りに筋肉が付いているから。骨を動かすイメージをもって。」

トレーニングやストレッチというと、どうしても筋肉にばかり意識を向けてしまいがち。しかしヒデさんによると、それでは筋肉が固まってしまうケースもあるんだそう。だからこそ、筋肉より骨を意識するべきなんだとか!

ヒデ「筋肉の方が、骨より倍以上あるわけじゃない。覚えていくの大変だし、把握するのも大変でしょ?だったら骨をイメージしてあげたらその周りに筋肉が付いてるわけだから、骨は大体こうなってるって言うのは見たらわかるし。」

難しい知識を増やさずに、シンプルに考えるのがヒデトレ流なんですね。

形状記憶させて”使える身体”に!

ヒデ「肩甲骨動かしてみて、どうだった?」

真理「この短時間で少し可動域が広がったのを感じられたし、細かいところまで意識できるようになりました!」

ヒデ「普段から人間の身体って形状記憶していくから。使えば使えるようになるし、使わなかったら使えなくなる。動かせば動くようになるし。 耳と肩は遠くに。肩甲骨はお尻の方に引っ張って。そうすると後ろの背骨が使えるようになるから。」

初めての”ヒデトレ”に大満足した様子の真理さん。ヒデさんは最後に、普段の立ち姿勢も意識することが大事だと教えてくれました。

ヒデ「知らなかっただけだから、そうゆうのを知って、色々やっていけばどんどん変わっていくし。やればやるだけ変わっていくから!」

“やれば変われる”というのは知ってはいても、意外に出来ていないかも・・・。私のこと?と思わずドキっとしたあなた!ちょっとしたことでも、今日から始めることでどんどん変わっていきますよ!

次回のヒデトレ連載もお楽しみに♡

instructoe:Hidetore

producer:Ryohei Horigome

director:Shohei Suwa

text:common編集部

Posted by admin