【トレーナー監修】身体がスッと軽くなる、デスクでできる肩こり予防法3つ- common(コモン) | フィットネス&ライフスタイルマガジン

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

common

common

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

【トレーナー監修】身体がスッと軽くなる、デスクでできる肩こり予防法3つ

2018.3.13

毎日のデスクワークで肩が凝って辛い・・・。と思っていたら、なんとトレーニングで肩こり改善も期待できるそう!そして、デスクでできる簡単な肩こり予防・改善法をパーソナルトレーニングスタジオuno の 武藤 和也(むとう かずや)さんがわかりやすく丁寧に教えてくれました。

肩こりはトレーニングで改善できる

ーー武藤さんのところには、どんな目的でいらっしゃるお客さんが多いですか?

僕のところに来るお客さんは、健康維持のために来る方が多いですね。怪我予防だったり、肩こり、腰痛改善のために。

ーーえ!肩こりって、トレーニングで解消できるんですか?

同じ姿勢をずっととってる人って、筋肉が固まっちゃっているので、そういう場合は運動で解消できる可能性が高いです。最近肩がこりにくくなった、っていう声をお客様から度々聞きますよ。

筋肉は力を出すところっていうイメージがほとんどだと思うんですけど、動いてる間に、血流を促すっていうのも筋肉の働きなんですね。

むくんでいる足を上にあげてパタパタやったりすると、むくみが取れるじゃないですか。それって、足が上に上がってるから血が流れるのもそうなんですけど、筋肉を動かすことで血液が戻りやすくなっているんです。

肩も一緒で、パソコンを打ってるとずーっと同じ姿勢じゃないですか。筋肉が動いてないので血も流れないし、血が流れにくいところって、疲れが溜まりやすいんですよ。だから、こまめに肩を動かしてあげるだけでも解消できる可能性は高いです。

ただし、眼精疲労からきている肩こりはそれじゃ取れにくいです。肩が凝ってるところって、目の神経も通ってるし、運動の神経も通ってるので、負担が多いんですよ。

肩甲骨がバキバキに固まってる、という人は肩を動かしてあげれば解消されますが、目を使って肩が凝っている、という人は目を休ませてあげた方がスッキリするんです。

デスクでできる肩こり改善・予防法3つ

ーー肩こり、すっごい悩んでるんです・・・。何かデスクでできる肩こり改善、予防法ってありますか?

1、肩を回す

肩回すっていうのは結構大事だと思います。手を後ろで組んで腕を上げ下げしてあげるとか、簡単なことでも変わります。同じところで止まってないっていうのが重要なんです。

2、伸びをする

トイレに行ったら、伸びをしてみる。きっと席でやるのは難しい方が多いと思うので。笑

3、水を飲む

あとお水を飲む。血液の「液」って、つまり水分じゃないですか。だから水が足りないと流れが悪くなるんですよ。血がドロドロになる。水が足りてない人って、結構多いです。むくみ防止も含めて水は飲んでください。

1日に体重×40ml飲むのが理想です。50kgだと2リットル。なかなか難しいと思いますが、肩こり関係なく、水分はとった方がいいですよ。デスクワークだとパソコンの熱とかもあるし、クーラーがガンガンかかっていたりして乾燥するじゃないですか。水分取ることは悪いことじゃないです。水は太りません!

 

マッサージや整体じゃないと治らないと思っていた肩こり。実はトレーニングでも改善することが分かりました!教えていただいた、デスクでできる肩こり改善・予防法は、誰でもできる簡単なものばかり。これは実践しない手はないですね。

武藤 和也

トレーナー歴10年。高校生の時に靭帯断裂した経験した時に身体のことに興味を持ちトレーナーの専門学校へ。お客様の身体に合わせたトレーニングを心掛けている。【資格】NSCA-CPT、NSPA-CPT、健康運動実践指導者、JCCA認定ベーシックインストラクター http://pt-studio-uno.com/

text:common編集部

お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。