【医師監修】ウエスト痩せにも大事!「消化力」を高める方法- common(コモン) | フィットネス&ライフスタイルマガジン

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

【医師監修】ウエスト痩せにも大事!「消化力」を高める方法

2019.1.8

ダイエットを成功させるために頑張っているなら、内臓機能を高めることから始めてみませんか?減量外来ドクターの工藤 孝文(くどう たかふみ)先生によると、その鍵となるのが「消化力」。消化力が低下していると太りやすくなってしまうんだそう。ここでは、消化力が低下する原因と消化力を高める方法をご紹介していきます。

消化力の低下が太る原因

いろいろなダイエットを試してみているけど上手くいかない、最近何を食べてもすぐに太るという方は、「消化力」が弱っていることが原因かもしれません。消化力とは、文字通り消化する力のこと。人は食べ物を体内に入れてから消化、吸収を行いエネルギーにしていきますが、その機能が何らの理由により低下することがダイエットの妨げになっていることがあるのです。

同じものを食べても消化力が高い人と低い人とでは、ダイエット効果に違いがでます。消化力が高い人は胃腸が活発に動くので、その分エネルギーを使います。内臓を動かすことで消費できるカロリーは実はとても大きいんです。

一方、消化力が低い人は胃腸が働かないので、その分エネルギーが消費されません。さらに、エネルギーが上手に使われずに余ってしまいがちなので、それが脂肪になってしまっています。

つまり、健康的に痩せるためには厳しいダイエットを行うよりも、まずは衰えている消化力を高めることが大事。運動をしてカロリーを消費しよう!と思う方は多いようですが、実際には内臓機能を高めた方が効率的にエネルギーを消費することができるんです。消化力が高まれば、太りにくい体質になれます。

消化力が弱いと肌が荒れる!風邪をひく!

友人とディナーの食卓

消化力が低下するデメリットは太ることだけではありません。消化、吸収が上手く行われなくなると、全身に栄養が巡らなくなります。さらに腸内環境も乱れてしまいます。

その結果、肌が荒れやすくなり、便秘、冷え、むくみといった女性が嫌がるあらゆるトラブルが引き起こされてしまうのです。腸内環境が悪化すると免疫力も落ちてしまうので、風邪をひきやすくなってしまいます。

何だか疲れが抜けないというのも消化力の低下が原因かもしれません。

消化力が弱くなる原因は?

ピザ

では一体なぜ、消化力が低下してしまうのでしょう。元々の体質によるものもありますが、ここでは生活習慣の中にある原因をご紹介していきます。思い当たることはありませんか?

1、食べ過ぎ

食べ過ぎることで胃に負担がかかり、消化不良が起こってしまいます。いつもは小食にしている分、週末やイベントのときだけはたくさん食べるという方も注意が必要です。胃が驚いて、消化、吸収の処理が追いついていませんよ。

2、早食い

噛み砕かれていないままの食べ物が胃に流れてくると、消化に時間がかかり、胃が疲れてしまいます。消化不良の状態が続くと、胸やけや何となくだるいといった倦怠感に繋がることも。

3、水の飲み過ぎ

一見、水分をとるのは良いことのように思えますが、食事中に水を飲み過ぎてしまうと胃液が薄まり消化力が低下してしまいます。特にダイエット中の方がやりがちなのが、満腹感を得るために食事中に水をがぶがぶ飲んでしまうこと。消化力低下の原因になっていますよ。

4、ストレス、睡眠不足

自律神経のバランスが崩れてしまうと、胃腸の機能が低下してしまいます。自律神経が乱れる原因はさまざまですが、ストレスが多い方、睡眠不足が続いている方は特に注意しましょう。忙しくてリラックスする時間が全くないという方も、消化力が低下しているかもしれません。

誰でもできる、消化力を高める方法

女性のウエスト

ここからは簡単にできる消化力を高める方法をご紹介していきます。低下した消化力はすぐには回復しません。こつこつと続けていきましょう。

1、腹八分目

大事なのは胃を働かせすぎないこと。食事をするときには腹八分目を心がけましょう。慣れないうちは、どのくらい食べたらいいのか判断しづらいと思いますが、お腹が満たされたなと感じたら、一度箸をおいてみると良いでしょう。

2、ゆっくりよく噛んで食べる

人は食べ始めてから満腹中枢は働くまでに15分はかかります。早食いを辞めて時間をかけて食べるようにしましょう。また、食べ物がそのまま胃に到達しないように、一口につき30回噛むようにしましょう。そうすれば胃への負担を減らせます。よく噛むことで消化酵素の分泌も促進されます。

3、白湯を飲む

白湯(さゆ)を生活に取り入れるのも、消化力を高めるのに有効です。朝起きたときと夜眠る前に1杯の白湯をゆっくり飲みましょう。便秘の解消にも繋がります。

4、辛い食べ物を避ける

刺激物の摂り過ぎは、胃の負担となります。辛いものを食べると胃がもたれるという方は、あまり向いていないので気を付けてください。辛いものが得意で大好きだという方も、胃は刺激されているはずなので食べ過ぎには注意しましょう。

5、コーヒーは1日3杯まで

見逃しがちですが、コーヒーの飲み過ぎも胃腸にあまりよくありません。特に、空腹でコーヒーを飲むのは辞めましょう。飲むとしたら食後で、1日2~3杯まで。消化力が低下していると感じている場合は、コーヒーを飲むのを思い切って辞めてみましょう。胃腸に負担のない、ノンカフェインのハーブティーなどがおすすめです。

6、大根おろしを食べる

消化を助ける酵素が豊富な食材を食べましょう。おすすめは大根おろし。料理に添えて、日ごろの食卓に追加してみてはいかがでしょうか。食べ過ぎた翌日に、胃を労わりたいときにも最適です。 

 

消化力の低下はダイエットの停滞、肌荒れ、便秘、免疫力の低下にも繋がります。美容にも健康にもデメリットだらけですね。消化力を高めれば、痩せやすい体質になり、あらゆる不調からも解放されるかもしれません。習慣を見直して、消化力をアップさせていきましょう!

工藤 孝文

福岡大学医学部卒業後、アイルランド、オーストラリアへ留学。帰国後、大学病院、地域の基幹病院を経て、現在は、福岡県みやま市の工藤内科で地域医療を行っている。糖尿病・ダイエット治療・漢方治療を専門とし、NHK「ガッテン! 」、日本テレビ「世界一受けたい授業」、フジテレビ「ホンマでっか! ?TV」へ肥満治療評論家・漢方治療評論家として出演するなど、メディア出演多数。日本内科学会・日本糖尿病学会・日本肥満学会・日本抗加齢医学会・日本東洋医学会・日本女性医学学会・日本高血圧学会・小児慢性疾病指定医。 (工藤孝文 著書

text:common編集部

LINE@友達追加

美尻特集

お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。

RANKING

人気の高い記事をご紹介!

KEYWORD

人気のキーワードをご紹介!

common instagram

    View on Instagram