common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

そばかすを消す方法はある?レーザー治療は再発しない?そばかすを消すマッサージや自力でそばかすを消す方法もご紹介

2018.11.20

年齢を重ねるごとに増えてゆくしみやそばかす。しっかりとスキンケアをしているつもりでも、いつの間にか増えているなんてこともありますよ。そばかすを消す方法があるなら、ぜひ試してみたいと思う女性は多いでしょう。そこで今回はそばかすを防ぐ方法やセルフケア方法、そばかすを消す食べ物、気になるレーザー治療についてご紹介します。

そばかすができるメカニズムを理解しよう

人間の身体は紫外線から身を守るためのメラニンを生成しています。ですが、このメラニンの色素が黒ずみとして残ってしまうとしみやそばかすになります。ストレスや体調不良、老化などの原因により新陳代謝(ターンオーバー)が乱れるとうまく排出されずに残ってしまうのです。

そばかすを消す食べ物はある?

◎ビタミンCがそばかすに効果的!

そばかすが気になりはじめた方は、ビタミンCを摂るように心がけましょう。美肌効果だけではなく疲労回復にもつながります。ビタミンCはメラニン色素の合成を妨ぎ、無色化する働きをしてくれるのです。ちなみにビタミンCを多く含む食品には赤ピーマン、パセリ、明太子、キウイフルーツなどがあります。ビタミンCの正しい摂り方は、サプリなどでの大量摂取は避け、3食の食事でバランスよく摂ること。ビタミンCは2~3時間で排出されます。毎日意識して食事をしましょう。

◎逆に摂取しないほうが良い食べ物とは?

しみやそばかすを増やしてしまう原因となる食べ物、それはソラレンを多く含む食品です。ソラレンとは野菜や果物に含まれる光毒性のある成分で、身体が紫外線を吸収しやすい状態をつくってしまうのです。ソラレンを摂取後およそ2時間はその状態が続くと言われているので、外出前に摂るのは控えるようにしましょう。ソラレンを多く含む食品はレモン、オレンジ、グレープフルーツ、パセリなどがあります。美白にはビタミンCと紹介しましたが、レモンとパセリはソラレンも含まれるのでご注意ください。

そばかすはセルフケアできる?自力でそばかすを消す方法

可能であればセルフケアでしみやそばかすを消したいと思う方が多いのではないでしょうか。残念ながら、できてしまったしみやそばかすを消すことは非常に難しいです。ですが日頃から紫外線対策をしっかりとすることで、しみやそばかすが濃くなったり増えたりすることを防ぐことができます。

◎そばかすに効果的なマッサージ

セルフケアの一つとしてリンパマッサージがあります。血の巡りを整え、老廃物の排出を促しましょう。ツボを押す力は強すぎず弱すぎず、顔全体と気になるそばかすの部分をさすりましょう。10回程度を目安にケアをしましょう。過度なマッサージはかえってしみやそばかすの原因になります。

◎そばかすを消す化粧品「ハイドロキノンクリーム」とは

ハイドロキノンとはメラニンの合成酵素であるチロジナーゼの妨害剤であり、メラニン色素をつくらせなくする漂白剤のことです。ハイドロキノンが含まれる化粧品は市販でも購入することができます。ハイドロキノン化粧品を選ぶ際にはまず「HQ」(Hydroquinoneの略)と記載されていることを確認しましょう。安全性の高いハイドロキノン化粧品ですが、かぶれたり赤みが出てしまう人もいるようです。そのような症状が出た際にはすぐに医師に相談しましょう。

そばかすを消すレーザー治療が気になる!再発の可能性もあるの?

どうしてもしみやそばかすを消したいという方には、レーザー治療をおすすめします。まず初めに、そばかすを消すためにレーザー治療をしても、数年後に1~2割程度の再発する可能性があることを知っておきましょう。そして、エステではなく皮膚科などの医療機関で治療を受けるようにしましょう。レーザー治療にも種類があります。まずはカウンセリングを受け、自分に合った治療法をみつけましょう。また、レーザー治療を受ける前やその後も、紫外線対策は欠かさず行いましょう。

メイクでそばかすを消す!コンシーラーで肌の悩みをフルカバー

セルフケアもレーザー治療もすぐにはお肌の悩みを解決できませんよね。大切な場面でしみやそばかすがあると、自信をもてないものです。そんな時はコンシーラーを使ってしみやそばかすを隠しましょう。コンシーラーを塗る順番はパウダーファンデーションを使用する場合はファンデーションの前、リキッドファンデーションを使用する場合はファンデーションの後に使用しましょう。コンシーラーは肌の色に合ったものを選ぶようにしましょう。メイクの仕方次第で顔の印象は大きく変わります。

最後に

一度できてしまったしみやそばかすを自力で消すことは難しいようですが、レーザー治療をしたとしても一生消えるという訳ではありません。日頃から紫外線対策をしっかりと行い、しみやそばかすができるメカニズムを理解したうえでバランスの良い食事を摂ることが必要不可欠です。そしてターンオーバーを乱さないために、溜まっているストレスは発散するようにしましょう。健康であることが美肌になるための一番の近道です。

text:common編集部

Posted by admin