common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

【YMC監修:動画付】代謝アップ♡消化機能を高めるヨガ「門の弓のポーズ」

2018.11.21
消化機能を刺激して代謝をアップするヨガのポーズ「門の弓のポーズ」を、YMCメディカルトレーナーズスクール東京・新宿校のヨガインストラクター・乃万由芙子先生に教えていただきました。

ヨガで代謝アップして、痩せ体質を手に入れよう!

モデルやタレントなど、綺麗な人は必ずと言っていいほど取り入れているヨガ。「身体が固いからムリ!」や、「難しそう・・・」なんてイメージを持っている方もいるかもしれませんが、ヨガは気軽に誰でも行うことができます。

「でも、いきなりレッスンに通うのはハードルが高い」と思っているなら、まずは自宅でできるヨガのポーズから日常に取り入れてみませんか?動画を見れば動きもわかるので、初心者でも簡単にできますよ♡

今回は、肝臓などを刺激して代謝を上げる「門の弓のポーズ」をご紹介します。

肝臓の機能を高め、代謝アップ♡

年末に向けて、飲み会が増えるシーズンとなってきました。お酒を飲むと、アルコールを分解するのに肝臓が働きます。お酒を飲む機会が増えると、肝臓に大きな負担がかかってしまい、肝臓が弱る原因に。

肝臓は他にも、食事から摂取した栄養を体内で必要なエネルギーに変える機能や、脂質の消化吸収を助ける胆汁を生成・分泌する機能があります。肝臓が弱ってしまうと、摂取した栄養をエネルギーに変えられなくなり、使われずに残ってしまった栄養はそのまま脂肪として蓄えられてしまう事になるので注意が必要です。

さらに肝臓が弱ると、体が疲れやすくなったり、食欲がなくなったり、むくみやすくなってしまったり・・・と、いいことは一つもありません。

そこで、体側を伸ばすヨガのポーズ「門の弓のポーズ」で、肝臓を気持ちよく刺激してあげましょう♡体側を伸ばして肝臓をリラックスしてあげることで、肝臓機能を高める効果が期待できます。早速やっていきましょう。

Posted by admin