Healthy & Activeに毎日を楽しみたい女性に贈る 毎日を彩るきっかけが見つかるFitness & Lifestyle Magazine

common

common

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

二の腕のたるみ撃退!“上腕三頭筋”に集中アプローチしてみよう

2017.9.21

二の腕が太いと悩んでいる女性は多いことでしょう。特に、腕を上げたときに振袖のように現れるたぷたぷとした贅肉はどうにかしたいものですよね。それがあるだけでおばさんっぽい印象を与えてしまいます。そんな気になる二の腕を効率的に引き締めるには、どこの筋肉を鍛えるべきかを知るのが近道です!

二の腕にある筋肉

腕を持ち上げてみて、力こぶが盛り上がる部分(立っているとき内側にくる部分)には「上腕二頭筋」という筋肉が、下になった部分(立っているとき外側にくる)部分には「上腕三頭筋」という筋肉があります。

主に、上腕二頭筋は引いたり、モノを持ち上げたりするときに使われ、上腕三頭筋は押したり、モノを下ろしたりするときに使われると覚えておきましょう。

そう考えると、日常的に使っているのは上腕二頭筋ばかりだということに気づかされますね。上腕三頭筋は意識しないとあまり使われないため、筋肉が衰えやすいのです。

厄介なたるみを解消するには、上腕三頭筋を鍛える必要があります。ここの筋肉がしっかり働くようになると、二の腕全体がキュッと引き締まりスタイルアップに繋がりますよ。

日常でできること

上腕三頭筋は押す動作の他にも、ひじを後ろに引くときや腕をねじる時にも使われます。普段から、姿勢を正しできるだけ腕を後ろに引くようにしましょう!見た目もぐっと美しくなります。背中が丸まり腕が身体より前にでている状態だと、腕の筋肉が怠けてしまうので注意しましょう。

また、腕を左右に広げ手の平の向きを変えるようにクルクルとねじるのも効果的。空いた時間に行ってみましょう。

簡単トレーニング

ここからは上腕三頭筋に効果的にアプローチできる、後ろ向きでの腕立て伏せをご紹介していきましょう。ダンベルを用意する必要がなく、どこでもできるトレーニングです。

動作

1. 足を肩幅に開き、両ひざを立てて座ります。

2. 体重を後ろにかけ、指先が前に向くようにして手を身体の後ろにつきます。

3. 腰を軽く持ち上げます。手首が肩の真下にあることを確認しましょう。

4. ゆっくり腕を曲げ、再び腕を伸ばします。

この動作を10回×2~3セット行ってみましょう。ひじが外側を向かないように、軽く脇を締めてください。

二の腕のたるみは、放っておけば年齢と共にさらに目立つようになっていきます。薄着に自信が持てなくなる前に、今からしっかり引き締めておきましょう!日ごろから姿勢に気を付けつつ、簡単トレーニングを取り入れてみてください。

writer:Yukari Kamoshita

お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。