common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

半身浴ってデトックス効果がある?半身浴はどう入ったらいい?半身浴に適した温度や半身浴のメリットをご紹介

2018.11.14

半身浴は体にいいと聞くけれどどんな効果があるのかわからないという方、一度半身浴をしてみたかったという方は必見です。今回は半身浴の効果的な入り方や、半身浴のメリットについてご紹介します。この機会に是非チャレンジしてみましょう!

半身浴は身体に良いの?

半身浴はみぞおちより上の部分はお湯につからないため、そのお湯につかっていない部分へは水圧がかかりません。よって肺や心臓への水圧の負荷がかからないという点では体に良いと言えるでしょう。また温度をぬるめにすることによって心拍数もさほど上がらないので、心臓への負担も軽いといえます。半身浴をする際には、ぬるめのお湯にするということを心がけてくださいね。

半身浴の効果的な入り方

半身浴の効果的な入り方①入る前に水分補給

半身浴を効果的に入るためには、たくさん汗をかけるようにしておくことが重要です。そこで入浴の30分前には十分に水分を補給しておき、体の中にたくさんの水分を蓄えておきましょう。しかし、冷たい水を飲んでしまうと体が冷えてしまうかもしれません。飲むのであれば常温か白湯のほうが体に優しく、より効果が期待できるでしょう。

半身浴の効果的な入り方②浴室を温めておく

半身浴はその名の通り、体の半分、つまり上半身はお湯につかりません。浴室が冷えていると、お湯につかっていない部分は冷え切ってしまい、汗をかけなくなってしまいます。そのため浴室は25度程度になるように温めておきましょう。自宅の浴室に暖房がなくても大丈夫。その場合はバスタブの蓋を開けておくことで浴室が温まります。せっかくの半身浴で逆に体が冷えてしまわないように気をつけましょう。

半身浴の効果的な入り方③38〜40度のお湯加減

半身浴をする時には38〜40度くらいのぬるめの温度がおすすめです。お湯の温度が高いと交感神経を刺激してしまい、リラックス効果が得られません。また体が温まったと思っても、実は表面部分しか温かくなっていなかったということもあり、半身浴の効果が期待できなくなってしまいます。38〜40度のお湯は少しぬるいかなと思っていても、ゆっくり入ることで体がじんわりと温まってきますよ。

半身浴の効果的な入り方④入浴時間は20〜30分

半身浴をする際に、長い時間お湯につかればつかるほど良い効果があるかといえば、そんなことはありません。あまりに長く入ってしまうと脱水症状を起こしたり、肌の乾燥につながったりしてしまいます。半身浴を行うのであれば20〜30分の時間にしましょう。人によっては10分程度でも十分汗をかくことができるので、汗をかいたら効果が出たと思って無理をしないようにしてください。

半身浴のメリットは?どんな効果が期待できる?

半身浴のメリット・効果①むくみ改善

体に水分が溜まって手足がむくみ、太く見えてしまうと悩んでいる人には半身浴がおすすめです。半身浴をすることで体が温まり、血行が良くなるので、むくみが改善される効果が期待できます。汗をかき、水分や老廃物を流すこともできるので、デトックス効果も。むくみで悩んでいる人は半身浴をしてみると良いかもしれませんよ。

半身浴のメリット・効果②発汗作用

半身浴ではゆっくりと体の中から温めるため、発汗作用を期待することができます。汗をかきにくく、代謝が悪いと悩んでいる方は半身浴をすると、汗をかくことができるでしょう。最初は汗をかきにくくても毎日続けてみてくださいね。ただし、半身浴の前にはしっかりと水分補給をするようにしてください。水分不足によって具合が悪くなったり、肌が乾燥したりしてしまっては大変です。自分の体を労わりながら半身浴を楽しんでくださいね。

半身浴のメリット・効果③美肌効果

半身浴をすることによって、肌が温まり、毛穴が自然に開いてくると、老廃物が出て余分な皮脂が落ちるという効果が期待できます。毛穴の汚れも汗と一緒に流れるので、肌がキレイになることも。毛穴のつまりや黒ずみで困っている人は、半身浴を続けてみてはいかがでしょうか。ただし、毛穴が開いた後は化粧水などでしっかりと水分補給して、毛穴を引き締めることも忘れずに。

半身浴のメリット・効果④冷えの改善

半身浴はゆっくりじっくりと体を温めて血行を良くします。体の芯から温まるので、お風呂から上がった後も冷めにくく、冷え性も改善されることが期待できます。冷え性で困っている人は、半身浴を続けてみることで効果を実感できるでしょう。

半身浴のメリット・効果⑤リラックス効果

半身浴はぬるめのお湯にゆっくりつかるため、副交感神経を刺激してリラックスさせるという働きがあります。お湯の量も少なめで、温度も低めのため体への負担も少なく、体の疲れを取るという効果もあります。
温度が高いお風呂は、体力を奪ってしまいます。またのぼせやすくなったり、体の表面だけが熱くなったりしていることも。熱いお湯は体を緊張させ、交感神経を刺激してしまうためリラックス効果とは反対の結果になってしまいます。リラックスしたいのであれば、お湯の温度にしっかりと注意してくださいね。

上手に半身浴をして体の中からキレイになろう

半身浴には様々な良い効果がありましたね。少し面倒かもしれませんが、毎日続けてみることで体質の改善にも役立つのではないでしょうか。疲れた心と体へのご褒美として、半身浴で自分を労わる時間を作ってみてはいかがでしょう。体の中からキレイになって、ハツラツとした日々を送ってくださいね。

text:common編集部

Posted by admin