common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

ピーリングジェルとは?つるつるお肌に効果的なおすすめアイテムをご紹介

2018.10.2

ピーリングジェルを使ったことがありますか?女性のあこがれ、つるつるのゆでたまごのような肌。滑らかな肌に仕上げてくれるアイテムとして今や定番なのが、古い角質を簡単にオフしてくれるピーリングジェルです。自宅でお手軽に使えることからも人気が高い美容アイテムのピーリングジェル。ここでは、ピーリングジェルの効果や正しい使い方、そしてランキング上位の人気ピーリングジェルをご紹介します。

ピーリングジェルとは?意外と知らないその効果

肌の角質を取り除いてごわつきをなくす

くすみや乾燥、ごわつきなどの肌トラブルは毛穴に詰まった汚れや古い角質が原因であることが多いですね。普段のクレンジングでは落とせないような細かなメイク汚れは、目には見えなくても肌のダメージとなっています。また、古い角質が溜まっていると肌の新陳代謝が乱れ、さまざまな肌トラブルの原因となるのです。そんな汚れと古い角質を優しくオフしてくれるのが、ピーリングジェルの役目なのです。

肌のターンオーバーを整えてくれる

年齢を重ねていくうちに、肌のターンオーバーの周期が遅れ、くすみやざらつきなどが気になるようになります。だんだんと年齢を感じてきたという人にこそおすすめしたいのが、ピーリングを用いたしっかりとした角質ケアなのです。また、睡眠不足やストレスが多い人もターンオーバーが乱れやすいので、ピーリングジェルは最適です。

ピーリングジェルの効果をしっかり感じられる選び方とは?

ピーリングジェルの成分にはいろいろな種類がありますが、代表的なものはAHA・BHAなど。AHAはりんご酸・クエン酸などの種類があり、BHAはニキビ予防にも効果が期待できるといわれていますが、薬事法により0.2%しか配合することができないため、市販で販売されている商品ではあまり効果が期待できないともいわれています。AHAも種類によってピーリング力の強さには違いがあります。りんご酸・クエン酸 ・乳酸 ・グリコール酸の順にピーリング力が強くなっていくので、初めてピーリングジェルを使う場合や肌が弱い人にはりんご酸がおすすめです。

ランキング上位!市販で買えるピーリングジェルおすすめ5選

市販ピーリングジェルおすすめ①スキンビル ホワイトピーリングジェル

マルチフルーツエキス配合で、バランス良く古い角質などをオフできるのが特徴のホワイトピーリングジェルです。パラベンやエタノールなど刺激の大きい成分5つがフリーになっているので、敏感肌の人にも優しいのが魅力的ですね。

<<skinvill スキンビル ホワイトピーリングジェル>>【ピーリング】【美容液】【ピーリングジェル】【エイジングケア】【美白】【ニキビ】【毛穴】:Skinvill オフィシャルショップ

市販ピーリングジェルおすすめ②そのまま!ハトムギ配合ピーリングジェル

肌荒れ予防に最適とされるハトムギ配合のピーリングジェルです。お肌をやわらかくしてくれるので、化粧水の浸透感がとてもよくなります。ピリピリすることもなく、使い心地抜群。

市販ピーリングジェルおすすめ③Remei インバスピーリングジェル

滑らかなテクスチャーで力を入れなくても簡単に角質を取り除いてくれるので、赤くなったりヒリヒリしたりすることがありません。コラーゲンやヒアルロン酸配合でピーリング後の保湿もバッチリ。カミツレ花エキスやラベンダーなどのオーガニック植物エキスがお肌をすこやかな状態に導いてくれます。インバス仕様でお風呂でも使用できるのが便利ですね。

インバスピーリングジェル – Remei(リメイ)公式ブランドサイト

市販ピーリングジェルおすすめ④プレミアムローズピール

肌をやわらかくしてくれるパパイン酵素、やさしいスクラブ成分に、アロエベラエキスやプラチナなど保湿成分がたっぷり配合されている贅沢なピーリングジェルです。

ピーリングジェルプレミアムローズピール|若く美しくなりたいあなたのために|プロンティアボーテ

市販ピーリングジェルおすすめ⑤ロゼットゴマージュ 角栓つるつるこするジェル

洗顔で有名なロゼットですが、実はピーリングジェルもとても優秀。フルーツ酸配合で、汚れや角質をやさしく溶かしてオフしてくれます。なによりもうれしいのが、プチプラな価格です。毎日使っても肌にもお財布にもうれしいですね。

角質ケア・ピーリングジェル | ロゼットゴマージュ

ピーリングジェルの効果を引き出すために!知っておきたい注意点と頻度とは?

ピーリングジェルを使用した後の肌はたいへん乾燥しやすくなっています。しっかりと保湿することを忘れないようにしましょう。また、ピーリングジェルは使いすぎると肌にとっては負担が大きくなりやすいアイテムでもあります。基本的には、肌に傷や炎症、かゆみがある場合は使わないのが大原則。さらに、乾燥肌やデリケートな肌の人は、使用するピーリングジェルが敏感肌用かそうでないのか、きちんと確認しておく必要があります。実際にピーリングジェルを使用する時は、二の腕の内側など、皮膚が薄く柔らかく目立ちにくい場所で、しっかりとテストをしてから使用するようにしましょう。また、正しく使用するためには頻度も重要です。製品のパッケージに記載されている正しい使用頻度・使い方を守って使用しましょう。

最後に

ピーリングジェルにはさまざまな種類がありますが、重要なのは自分の肌に合うかどうか。しっかりと自分の肌質に合うものを選んだら、正しい使い方でつやつやゆでたまご肌を手に入れましょう!

text:common編集部

Posted by admin