common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

コンディショナーとトリートメントの違いって?おすすめコンディショナーと正しい使い方

2018.10.2

シャンプーが終わった後はトリートメントとコンディショナー。当たり前に毎日していることかと思いますが、みなさんはトリートメントとコンディショナーの違いや、正しい順番を知っていますか?「そんなこと常識でしょ?」と思っていても、実はいつものコンディショナーやトリートメントの使い方は正しくないかもしれないのです!意外とあまり知られていない、トリートメントとコンディショナーの役割や正しい順番、そしてより美しい髪へと導いてくれるおすすめのコンディショナーをご紹介します。

コンディショナーとトリートメントの違いとは?

まずトリートメントですが、こちらは髪の毛の内部に栄養を与えてくれる役割があります。手触りをよくするというよりも、髪の毛そのものを健康にする栄養剤なのです。対してコンディショナーは、髪の毛内部の補修もしながら、外部のコーティングもしてくれる働きがあります。栄養を与えながら、髪を美しくも見せてくれるのがコンディショナーです。似たような効果をもつものに「リンス」がありますが、リンスはコンディショナーの外部コーティング効果だけを満たす役割をもつアイテムなので、必ずしもコンディショナーやトリートメントと一緒に使う必要はありません。

コンディショナーとトリートメントの正しい順番とは?コンディショナーのおすすめの使い方

コンディショナーはトリートメントの後!

コンディショナーを使用して髪をケアする際、基本的な順番は

  • シャンプーで頭皮や毛髪の汚れを洗い流す
  • トリートメントで髪の毛の内部を補修する
  • コンディショナーやリンスで髪の毛の表面をコーティングする

 

という順番が効果的とされています。トリートメントは最後に使用するもの、と思っている方も多いようですが、実は正しい順番ではないのです。「トリートメントは髪の内部の補修」「コンディショナーは髪の毛の表面のケア」とそれぞれの役割を把握すると順番もおのずとわかりやすくなるので、理解しておくといいですね。

コンディショナー→トリートメントの手順は必ずしも必要ない?

また、トリートメントをした後に必ずコンディショナーを行わなくてはいけない、ということも実はありません。髪の毛のダメージレベルや髪質、トリートメントの特徴によっては、コンディショナーを使用しなくてもケアが十分な場合もあります。少し贅沢なコンディショナーを用意しておいて、髪のダメージが特にひどいときにだけスペシャルケアを行うのもおすすめです。

おすすめのコンディショナーとは?市販で買えるコンディショナー3選

おすすめ市販コンディショナー①花王メリット ピュアンアクティブ&スマイル コンディショナー

髪がギシギシせず滑らかにまとまり、スッキリした仕上がりが根強い人気のメリットピュアン。フレッシュな香りが長持ちするアロマが配合された、清潔感満点のコンディショナーです。特殊配合のアロマが汗などの水分に反応して心地よく香りが漂うので、厚着して汗ばむこれからの季節にピッタリ。

メリット シャンプー・コンディショナー、ブラシ | 花王

おすすめ市販コンディショナー②キュアミノ リバイタライズコンディショナー

髪を優しく守ることを軸にしたブランド「キュアミノ」。こちらのコンディショナーは、髪のダメージ補修を追求し髪に優しい仕上がりに特化したコンディショナーです。
アミノ酸配合で髪の美しさをキープ。アミノ酸は人の肌に最も近い成分のため、肌や髪に優しく仕上がっています。ダメージケアに高い効果をもたらしつつ、フケやかゆみなど頭皮トラブルを抱える人にも優しいのがうれしいですね。

cureamino – キュアミノ | アミノ系シャンプー&コンディショナー

おすすめ市販コンディショナー③ボタニスト ボタニカルトリートメント

天然素材がコンセプトのボタニストのコンディショナーは、髪をふんわりと軽くしてハリとコシのある仕上がりにしてくれます。髪のダメージが気になりはじめた人におすすめです。
くせ毛の人でもきれいにまとまり、自然にふんわりとした髪に仕上げてくれるので、幅広い層の人におすすめできるトリートメントです。

ボタニカルトリートメント(モイスト)| PRODUCT | BOTANIST

最後に

トリートメントとコンディショナー。何気なく使っている2つの言葉ですが、実は役割がまったく違うものなのですね。いつものコンディショナーとトリートメントの順番を少し改めるだけで、髪がさらに美しく健康になるかもしれません。どんなトリートメントやコンディショナーを選べばいいのか、自分の髪悩みを把握してもっと自分に合ったコンディショナーを選ぶようにするのも大切です。コンディショナーをうまく使いこなして、健康的で美しい髪をキープしましょう!

text:common編集部

Posted by admin