common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

欧米でも注目!南ア生まれのジャーキー“ビルトン”専門店がオープン

2019.5.10
日本で初めて、南アフリカのソウルフード “ビルトン”を専門に扱うオンラインショップ「ヨウズ ビルトン」がオープン。低カロリー、高タンパクなビルトンは、フィットニスタの間でも注目度が高まっています。詳しい情報をチェック!

日本初!ビルトン専門店がオープン

2019年5月9日、日本初となるビルトン専門オンラインショップ「Yo(u)s'Biltong(以下、ヨウズ ビルトン)」がオープン!素材に徹底的にこだわって作られた、2種類のビルトンの発売が開始されました。

ヨウズ ビルトンが生まれたきっかけは、代表の葉氏が2016年より南アフリカへ渡ってビルトンと出会い、ビーフジャーキーとは似て非なる味と食感に衝撃を受けたこと。そこからインスピレーションを受け、ヨウズ ビルトンは日本人の味覚にも合うように、塩分を控えた味付けになっています。さらに、素材は無添加のものを使用し、受注を受けてから手仕事で一つ一つ丁寧に生産しているそうです。

南アフリカ発のジャーキー!「ビルトン」とは?

そもそもビルトンと言われてピンとくる方は少ないと思いますが、ビルトンは味付けをした肉を乾燥させた南アフリカ式の干し肉です。

美味しくて低カロリー、高タンパクなので、近年、欧米でもアスリートや健康志向の方々にも注目されています。ヘルシーなおやつとしても最適です。

ビルトンは、南アフリカで400年以上も前から作られていた保存食だと言われています。私たちが知るビーフジャーキーは、スライスした肉を燻製させて乾燥させる手法ですが、ビルトンは肉に酢をかけて寝かせ、伝統的な数種類のスパイスをすり込み、塊のまま空気乾燥させて作られます。

そのため、ドライなのに食感はしっとり。顎が痛くなるイメージのビーフジャーキーとは違うんです。今までになかった味と食感に出会えますよ。

Posted by admin