【ゆる薬膳レシピ】春こそ“温活”!良質なタンパク質&油が摂れる「サーモンのムニエル」- common(コモン) | フィットネス&ライフスタイルマガジン

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

common

common

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

【ゆる薬膳レシピ】春こそ“温活”!良質なタンパク質&油が摂れる「サーモンのムニエル」

2018.5.4

一見難しいイメージの「薬膳料理」ですが、実は意外にも家庭で簡単に取り入れられるということを存知ですか?知っておくと役に立つ「薬膳」についての知識と、今の時期におすすめの身体を温めるレシピを薬膳インストラクターの資格を持つxiloco(ヒロコ)さんが、詳しく教えてくれました。

「薬膳=食べにくそう」は間違い!

薬膳料理とは、中国伝統医学(中医学)の基本理論にのっとって施膳する、食事療法を兼ね備えた料理方法のことです。 薬膳=中国料理というわけではなく、薬膳は日本料理でもイタリア料理でも展開することができるもの。

「薬膳」と聞くと、生薬くさいとか、食べにくそうというイメージをお持ちの方も多いと思いますが、実はそれだけが薬膳ではないんです。

私たちが普段口にしている食材はそれぞれに性質があります。例えば、生姜やにんにく、ネギなどは身体を温める食材としてよく知られていますよね。そういった食材をたくさん摂ることで身体を温める。これも「薬膳」の一つなんです。

快適な夏への準備。春こそ、“温活”を!

中医学では、全ての事物に「陰」と「陽」があると考えられています。

例えば、天体でいうと太陽は「陽」、月は「陰」、季節でいうと暖かい春夏は「陽」、寒い秋冬は「陰」を表しています。

「陰」から「陽」に移り変わる春は、これから迎える夏に向けて温活するべき時期なんです!

春が終わると湿度の高い梅雨や夏がやってきますよね。湿度が高いと、身体に溜まった余分な「水(すい)」を排出できなくなり、身体の中の巡りが滞りやすくなって不調の原因になります。

そこで大事なのが、身体を温めること。身体を温めると、気や血の巡りがよくなり、吸収と排出のバランスがうまくとれて、心身ともに健やかな状態が生まれるんです。

春のうちから身体を温めておくようにすると、湿度が高い梅雨や夏が来た時にも、とてもいい状態で迎えられますよ。

サーモンは女性に嬉しい栄養がたっぷり♡

そこで今回ご紹介するのは、身体を温めるのに役立つ“タンパク質”が豊富なサーモンを使ったレシピです。タンパク質はフィットネスガールズには欠かせない栄養素であることは、皆さんもうご存知ですよね!

サーモンの赤い色は、“アスタキサンチン”という栄養素からくるもの。抗酸化作用がとても強く、美容面にいい働きをしてくれます。さらに、不飽和脂肪酸である“DHA(ドコサヘキサエン酸)”も含まれているので、健康にも嬉しい栄養満載の食材だと言えます。

DHAの栄養を詳しくチェック!

身体を温める食材であるアスパラガスとかぼちゃを添えれば、温活に最適な一品に。ぜひ作ってみてください。

身体を温める食材 かぼちゃ

【薬膳レシピ】サーモンのムニエル

サーモンのムニエル

<材料>(2人分)
サーモン…2切れ
アスパラ…適量
かぼちゃ…適量
塩こしょう…少々
小麦粉…適量
バター…15g

<ソース>
白みそ…大さじ1
はちみつ…大さじ1弱
酢…大さじ1
レモン汁…小さじ1~2
プレーンヨーグルト…大さじ4〜5
黒こしょう…少々
ガーリックパウダー…少々
くるみ…15g

<作り方>
① サーモンは塩こしょうを振って10分置き、水気を拭き取り小麦粉を全体にまぶす。
アスパラは根元の硬い部分の皮をむき、さっと茹で、かぼちゃはレンジでチンして柔らかくしておく。
② くるみをから煎りしておく。
③ ソースの材料を混ぜ合わせる。
④ フライパンにバターを熱し、サーモンの皮目から両面を焼く。
⑤ 焼きあがったサーモンと野菜を添えて、③のソースと②のくるみを砕いて散らして完成。

ソースのベースには、マヨネーズは使わずにプレーンヨーグルトを使っています。もっと濃厚に仕上げたい場合は、ギリシャヨーグルトを使うとコックリとした味わいになりますよ。

 

湿度が高く身体がだるくなりがちな季節を迎える前に、身体を温め血行を促進しておくことが大事だということが分かりましたね。今回教えてくれたサーモンのムニエルは、フィットネスガールにも嬉しい栄養素が満載なのでとってもおすすめ!美味しく食べて健康になりましょう♪

サマースタイルアワード ノービス ヒロコ xiloco

xiloco(ヒロコ)

二児の母。中学生の頃から様々なジャンルのダンスを始め、ストリートダンスも経験。二人目を出産後、ボディメイクに目覚める。”やると決めたら徹底的にやる”性格を武器に、コンテストに出場し続けている。薬膳インストラクターの資格を保有。
Instagram

text:Eri Sakata

commonからのHOTな情報を手軽にGETしよう!

最新のフィットネスやビューティー情報など、ライフスタイルを彩る情報を配信中!

LINE友達限定のプレゼントキャンペーンも随時開催!

友だち追加
お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。