common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

牛肉のカロリーは部位によってこんなに違う!バラ肉・肩ロース・ハラミ…。牛肉の部位別カロリー表

2019.3.10

牛肉は高カロリーだと決めつけてはいませんか?実は、牛肉は部位によってカロリーが全然違うのです!では、低カロリーなのはどこの部位なのか?バラ肉?肩ロース?ハラミ?…。今回は牛肉の部位別カロリーについて、詳しくご紹介します。

バラ肉?肩ロース?切り落とし?牛肉の表記ってどうなってるの?

スーパーで牛肉を選ぶ際によく見かける、切り落としなどの表記。バラ肉や肩ロースなどいろいろな部位の名前で牛肉が並んでいますが、実際に牛肉のどの辺りの部位なのか、よくわからないことってありますよね。そこで、スーパーでよく売られている牛肉の表記や部位について簡単にお伝えします。

牛肉切り落としとは?カロリーはどう調べる?

まずは、スーパーでよく見る表記、切り落としについて。この切り落としとは部位ではなく、実は「特定の部位の切れはし」を集めたもの。スーパーでは「バラ肉切り落とし」や「もも肉切り落とし」のように部位名が一緒に表記されることが多くなっています。ちなみに、切り落としと同じようによく見る表記のこま切れは、「不特定の部位の切れはし」を集めたもの。料理の用途やお好みに合わせて、切り落としとこま切れを使い分けてみてくださいね。牛肉切り落としのカロリーは、その牛肉の部位からカロリーを調べましょう。

バラ肉や肩ロースはどの部位?カロリーは高い?

次は、スーパーでよく見る牛肉の部位について。中でもよく見かける部位のバラ肉とは、牛のお腹まわりのお肉のこと。お腹まわりなので赤身の中にほどよく脂肪がついていて、お料理に使いやすい部位の一つです。他にも、バラ肉と同じようによく見かける部位である肩ロースは、肩から背中の始まりあたりの部位。赤身と脂肪のバランスがよく、こちらも幅広い料理に使うことができます。バラ肉と肩ロースのカロリーについては、続いてご紹介する牛肉の部位別カロリー表からチェックしていきましょう。

カロリーはどれくらい?牛肉の部位別カロリー表

高カロリーで食べたらすぐ太るというイメージがある牛肉。しかし、実際には食べる肉の部位や産地によってカロリーに大きな違いがあることをご存知でしょうか。牛肉を部位別にした以下のカロリー表をご覧いただき、さっそく牛肉のカロリーをチェックしましょう!

【牛肉の部位別カロリー表(100gあたり)】

・バラ肉(和牛)…517kcal
・サーロイン(和牛)…498kcal
・肩ロース(和牛)…411kcal
・バラ肉(輸入牛肉)…371kcal
・ランプ(和牛)…298kcal
・肩ロース(輸入牛肉)…240kcal
・ヒレ肉(和牛)…223kcal
・ヒレ肉(輸入牛肉)…133kcal

牛肉の部位別カロリー表を見ると、牛肉の部位によってカロリーに大きな違いがあることがわかりますね。和牛・輸入牛肉ともに、ヒレ肉はカロリーが低い部位となります。しかし、ステーキによく使われるサーロインや肩ロースなどは、脂身が多いぶん、カロリーが高くなるのです。

輸入牛肉より、和牛のほうが高カロリー!赤身がおすすめ

牛肉の部位別カロリー表を見ると、カロリー上位の牛肉には和牛が多いことが確認できますね。これには、ちゃんとした理由があります。それは、和牛は日本人の味覚に合わせて脂肪が多くなるように育てられているから。その結果、カロリーも大きくなるのです。牛肉のカロリーを少しでも抑えたい場合は、輸入牛肉を選んで購入することもいいかもしれませんね。

赤身の牛肉が低カロリー

また、輸入牛肉の中でもカロリーが低い部位に多くあるのが赤身肉。例えば、赤身の多い輸入牛肉のヒレ肉では、100gのカロリーが133kcalと、白いごはん100gのカロリー168kcalより低いのです!輸入牛肉の赤身を選んで食べるようにすれば、ダイエット中でもカロリーオーバーにならずに済みそうですね。

赤身の牛肉は低カロリーなだけじゃなく太りにくい

牛肉を食べるなら赤身肉がおすすめなのは、カロリーだけが理由ではありません!牛肉の赤身肉には、「カルニチン」という栄養素が豊富に含まれています。このカルニチンには、脂肪燃焼効果があるため、赤身肉を食べても体脂肪は蓄積されにくいのです。カルニチンの含有量は赤身の割合が高いほど多く含まれており、特に牛肉に多いと言われています。

カルビやハラミ、ヒレ肉は?カロリーの低い部位をチェック

外食した際によく食べる、焼肉やステーキ。カルビやハラミ、サーロインステーキなど、おいしいものが多く、ついつい食べ過ぎてしまうということ、ありますよね。そこで、焼肉とステーキによく使われる部位の中でも、カロリーが高い部位と低い部位について調べてみました。

カロリーが高い牛肉の部位【焼肉カロリー表(100gあたり)】

・カルビ…517kcal
・ロース…390kcal
・ハラミ…344kcal

カロリーが低い牛肉の部位【焼肉カロリー表(100gあたり)】

・センマイ…62kcal
・こぶくろ…106kcal
・レバー…132kcal

やはりと言うべきか、よく食べられるカルビやロース、ハラミといったおいしい部位は、カロリーが高いようです。ダイエット中に焼肉を食べる際は、カルビやロースはなるべく控え、ハラミやホルモン類を中心に食べるとよいでしょう。

カロリーが高い牛肉の部位【ステーキカロリー表(100gあたり)】

・サーロイン(和牛)…498kcal
・リブロース(和牛)…468kcal
・サーロイン(輸入牛肉)…298kcal

カロリーが低い牛肉の部位【ステーキカロリー表(100gあたり)】

・子牛リブロース…101kcal
・ヒレ肉(輸入牛肉)…133kcal
・ヒレ肉(和牛)…223kcal

サーロインは、和牛・輸入牛肉ともにかなり高カロリー!カロリーが気になる時は、ステーキの部位をヒレ肉やリブロースにして食べるのがよいでしょう。

牛肉の部位を選べば、カロリーだってこわくない!

いかがでしたでしょうか。牛肉は高カロリーと思われがちですが、部位によっては低カロリー。赤身の多いヒレ肉などを中心に食べるようにすれば、食べても太りにくく、牛肉のカロリーもそれほど高いものではありませんね。牛肉を食べる際は賢く部位を選んで、ぜひ毎日の食事に取り入れてみてください。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin