common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

カレー粉とカレールーのカロリー比較!カレーを簡単にカロリーオフする方法とおすすめのカレー粉を紹介

2019.1.25

万能調味料といわれるカレー粉ですが、意外と知られていないのがカレー粉のカロリーではないでしょうか?カレー粉のカロリーを知れば安心して口にすることができます。ここではおすすめのカレー粉を紹介するとともに、カレー粉をおいしさそのままで簡単にカロリーオフする方法をお伝えします。

家で使うならどっち?カレー粉&カレールーのカロリー比較

家でカレーを作るとき、よく使用するカレールー。手軽にカレーが作れていいですよね。ですが、家庭によってはカレー粉を使ってカレーを作るところもあるでしょう。また、カレー以外の料理にはカレー粉を使用するという家庭も多いのではないでしょうか。カレー粉とカレールーの違いといえば、一見、粉タイプか?固形タイプか?の違いだけのように思えます。果たして、カロリーに違いがあるのでしょうか?カレー粉とカレールーのカロリーを調べた結果はこのようになりました。

カレー粉   100gあたりのカロリー 415kcal
カレールー   100gあたりのカロリー 512kcal

100gあたりのカロリーを比較すると、カレー粉415kcalに対し、カレールー512kcalと思った以上にカロリーの差があることが分かりました。100gあたりの比較で約100kcalもカレールーの方が高カロリーなので、カロリーの気になる人は家でカレーを作るときもカレー粉を選んだ方がよさそうです。

カレーの隠し味ケチャップや醤油のカロリーは?

カレールーやカレー粉を使用してカレーを作る場合、隠し味を入れる家庭もありますよね。カレーの隠し味の定番としてケチャップや醤油があります。それぞれのカロリーを見てみましょう。

ケチャップ    大さじ1杯のカロリー   18kcal
こいくち醤油    大さじ1杯のカロリー   13kcal

隠し味に使用するので、それほど高いカロリーがプラスされることにはなりませんが、醤油よりもケチャップの方が若干カロリーは高いようです。

カレー粉を使った料理カレーうどんの糖質とカロリーはどの位?

カレー粉を使った料理としてカレーの次にピンとくるのは、カレーうどんではないでしょうか。カレー+うどんということで、やはり気になってしまうのがカロリーです。

カレーうどんの糖質・カロリーは?

カレーうどんの糖質は、100gあたり14gと比較的高めの糖質になります。カレーうどんのカロリーは、一人前あたり約492kcalとなり、100gあたりのカロリーは約104kcalとなります。

カレー粉を使った料理のカロリーは?

カレー粉を使った料理それぞれ100gあたりのカロリーを比較してみましょう。

カレーうどん   100gあたりのカロリー 約104kcal
カレーライス   100gあたりのカロリー 約167kcal
かけうどん   100gあたりのカロリー 約79kcal

カレーライスに比べると低めのカロリーとなりますが、決して低カロリーの料理ではないようです。

簡単にカレーをカロリーオフする方法

カロリーが高めと分かっていても、無性に食べたくなるカレー。それなら上手にカロリーオフして美味しくカレーを食べられるように簡単な工夫してみるのはいかがでしょうか。

カレー粉も使用することで簡単にカロリーオフ

簡単にカレーのカロリーを抑えるなら、カレー粉を使用するのがおすすめです。カレー粉とカレールーを比較してみた結果、100gあたり105kcalも違いがあることが分かりました。全てカレールーを使用してカレーを作ってしまうと高カロリーになってしまいます。カレーを作るときは、全てカレールーを使用するのではなく、カレールーを半分使用して残りの半分をカレー粉や野菜などの旨味を利用すると、簡単にカロリーオフしながらもおいしくカレーをつくることができます。

脂身の少ない豚肉をえらぶ

カレーうどんをつくる時にかかせない材料のひとつである豚肉ですが、カレーうどんに使用するときは、脂身の少ない肉を選ぶようにしましょう。できる限り、脂身の少ない豚肉を選ぶだけで簡単にカロリーオフするのがポイントです。

カロリー50%オフのカレールーを使う

もっと楽に、簡単にカロリーオフしたいなら、使用するカレールーのカロリーをチェックしてみましょう。カレールーの中にはカロリー50%オフのものがあるのを知っていますか?
ハウスのバーモンドカレーやプライムジャワカレーには、カロリーが気になる人でも安心して食べられるカロリー50%オフのカレールーを発売しているので、試してみる価値ありです。

人気のおすすめカレー粉は?

市場に出回っているカレー粉の種類はたくさんあります。なかでも「これは美味しい!」と評判のカレー粉を紹介します。

おすすめのカレー粉①純カレーパウダー(GABAN)

最初におすすめしたいのが、GABAN(ギャバン)の純カレーパウダーです。GABANといえば、誰もが一度はスーパーなどの店頭でパッケージを目にしたことがあるのではないでしょうか。GABANの純カレーパウダーは、食品添加物不使用の安心安全な純カレー粉です。
ただし苦味成分が少し強めなので、苦味が苦手な人には不向きかもしれません。

おすすめのカレー粉②手作りのカレー粉(GABAN)

GABANでもうひとつおすすめしたいのが、手作りのカレー粉です。20種類のスパイスを使用したカレー粉は、家庭でも本格的な味を楽しめると人気のある商品です。

おすすめのカレー粉③特選エスビーカレー缶(エスビー食品)

次におすすめするのが、エスビー食品の特選エスビーカレー缶です。できるだけ香辛料の風味そのものを活かすためにと、臼と杵によってつくられたカレー粉になります。

おすすめのカレー粉④インデアン純カレー(インデアン食品)

ここでおすすめしたいのが、インデアン食品のインデアン純カレーです。世界各国の香辛料を厳選し、独自に配合された純カレー粉は「香りがとてもよい」「インド風のカレーの味がする」と好評なカレー粉です。

おすすめのカレー粉その⑤オリジナルカレーパウダー(神戸アールティー)

最後におすすめするのは、神戸アールティーのオリジナルカレーパウダーです。無添加・無着色のカレー粉のため、大人だけでなく子供も安心して食べることのできる天然スパイスと塩だけで作られています。

最後に

カレーというとどうしても高カロリーのイメージがありましたが、カレールーの代わりのカレー粉を使うなど工夫ひとつでカロリーオフすることが可能です。カロリーを気にせずにおいしく食べるためにも、カレー粉を使い上手にカロリーオフしてみてはいかがでしょうか。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin