common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン

コーラのカロリーを調査!コーラゼロは本当にカロリーゼロ?ファンタのカロリー・糖質と比較!コーラと糖尿病との関係も

2019.1.25

今や、子供や学生ばかりでなく、大人までも頻繁に飲まれている飲み物といえば「コーラ」です。コカコーラは今から60年以上も前の1957年に正式に日本国内での販売が開始されました。60年以上経った今では、コーラを置いていないコンビニやスーパーはないのではないかというほど浸透しており、自動販売機も含め、いつでもどこでも購入できる飲み物となりました。一方で、コーラには砂糖が多くて太るから、虫歯になるから、骨がとけるから…といった迷信じみた噂がついてまわることも事実です。では実際に、コーラにはカロリーや糖質がどの程度含まれているのか調べてみることにしました。糖尿病への影響など悪い働きがあるのか、反対に、体にメリットがあるのかなどもあわせて調査していきます。

コーラのカロリー・糖質は?

現在、コーラには7つの種類が販売されています。それぞれの種類ごとにコーラのカロリーと糖質を見てみましょう。

●コカ・コーラのカロリー・糖質

元祖コーラがこちらのコカ・コーラです。

コカ・コーラ 100mlあたり45キロカロリー 糖質量11.3g

よく飲まれているコーラのペットボトルは500mlですので、こちらの数値を5倍にした225キロカロリー、糖質量56.5gというのがペットボトル1本を飲んだときの摂取カロリー・糖質量となります。

●コカ・コーラ ゼロ のカロリー・糖質

コカ・コーラ ゼロとは、カロリーや糖質量がゼロになったコーラです。

コカ・コーラ ゼロ 100mlあたり0キロカロリー 糖質量0g

●コカ・コーラ ゼロカフェインのカロリー・糖質

コカ・コーラ ゼロカフェインとは、カロリーや糖質量がゼロになったコカ・コーラゼロに、さらにカフェインまでゼロになったコーラです。

コカ・コーラ ゼロカフェイン 100mlあたり0キロカロリー 糖質量0g

●コカ・コーラ クリアのカロリー・糖質

コカ・コーラ クリアとは見た目が透明なコーラで、レモン風味の味付けがされています。

コカ・コーラ クリア 100mlあたり0キロカロリー 糖質量0g

●コカ・コーラ プラスコーヒーのカロリー・糖質

コカ・コーラ プラスコーヒーとは、コカ・コーラにコーヒーエキスが加わったコーラです。普通のコカ・コーラよりカロリー・糖質量ともに低くなっています。

コカ・コーラ プラスコーヒー 100mlあたり20キロカロリー 糖質量5g

●コカ・コーラ ピーチのカロリー・糖質

コカ・コーラ ピーチとは、コカ・コーラ クリアと同じく透明な見た目のコーラで、もも果汁が入っています。

コカ・コーラ ピーチ 100mlあたり31キロカロリー 糖質量7.7g

●コカ・コーラ プラスのカロリー・糖質

コカ・コーラ プラスとは、透明な見た目のコーラで、トクホ(特定保健用食品)を取得した商品です。難消化性デキストリン(食物繊維)という成分が含まれており、食事から摂取した脂肪の吸収を抑えて、食後の血中中性脂肪の上昇をおだやかにする働きがあります。

コカ・コーラ プラス 100mlあたり0キロカロリー  糖質量5.2g

ダイエット成功の秘訣とは?

ダイエットには運動も大事ですが、実は食事が8割なのをご存知ですか?

特に糖質を制限することによって、血糖値の上昇を抑え、インスリンの分泌量を減らせば、脂肪がつきにくい体になります。糖質制限中の1日あたりの糖質量は70g~130g程度を目安にすると良いでしょう。摂りすぎた糖質を抑制すれば、ダイエットに繋がり、しかも病気のリスクを下げてくれます。

▼参考
ご飯茶碗一杯(150g)の糖質量:53.4g
食パン1枚当たり(6枚切り)の糖質量:26.6g

でも、食事の度に糖質量やカロリーの計算をするって大変ですよね…。そこでオススメしているのが、糖質制限された健康的な食事を宅配してくれるサービスです。これを活用すれば、楽に継続ができるため、ダイエット成功の近道となります。

最近では多くのサービスがありますが、ここでは「nosh(ナッシュ」をオススメしたいと思います。noshの特徴は、【低糖質】で【健康的】なことに加えて【安くて美味しい】ということです。

▼メニューの特徴
1.シェフと管理栄養士が開発
2.全てのメニューが糖質30g以下
3.全てのメニューが塩分2.5g以下


※画像をクリックするとメニューの一覧を見ることができます。

「nosh」がなぜここまで人気なのか?

単純ですが、コンビニ弁当よりも安くて、美味しくて、しかも糖質やカロリーが計算された健康的な食事を宅配してくれる便利なサービスだからです。メニューも豊富なので、飽きることもなさそうです。

ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。リンクを貼っておきますので、気になる方はこちらからチェックしてみてください。

ファンタのカロリーや糖質量は?コーラと比較してみる

 コカ・コーラ都同じく、日本コカ・コーラから販売されている「ファンタグレープ」のカロリー・糖質をコーラと比較してみましょう。

ファンタグレープ 100mlあたり40キロカロリー 糖質量10g

普通のコカ・コーラよりも少しだけカロリー・糖質量ともに低いということがわかりました。

コーラを飲むことにデメリットはあるのか?

コーラやコーラゼロなどのカロリー・糖質量を見てきましたが、コーラを飲むことに何かデメリットはあるのでしょうか。

コーラゼロは完全にカロリーゼロではない

ダイエット中がコーラを飲みたいけれど、カロリー・糖質が気になるから飲めない、という要望に応えて販売されたのがコーラゼロです。実際に公表されているカロリー・糖質量はどちらもゼロとされていますが、これには少々裏があります。日本の食品表記のルールに、「100mlあたり5キロカロリー以下であればカロリーゼロと表記して良い」という決まりがあります。それゆえ、カロリーゼロと表記されているコーラゼロには最大100mlあたり5キロカロリーのカロリーが含まれている可能性があります。ペットボトル1本500mlを飲めば、25キロカロリーとなりますので、毎日積み重ねることで無視できないカロリー摂取量になってしまいます。

人工甘味料の人体への影響が未判明

普通のコカ・コーラでは砂糖を使って甘味をつけていますが、コカ・コーラゼロなどカロリーを抑えた商品では「人工甘味料」という食品添加物を使って舌が甘いと感じるように開発されています。コーラゼロがカロリーゼロなのに、甘さを感じる理由がこの人工甘味料にあるのです。
しかし、この人工甘味料には、多く摂取しすぎると肥満ホルモンと呼ばれるインスリンを体内に大量に発生させて太る原因となってしまう、という研究結果もあれば、反対に水よりも人工甘味料を使ったカロリーゼロの飲み物の方が痩せた、という研究結果を発表しているところもあり、明確な人体への影響が判明しているわけではない、というのが現状です。
体への影響・効果の良し悪しが明確に判明していないものを接収することは嫌だ、という方はコーラゼロなどの人工甘味料が含まれたコーラを飲まない方が良いでしょう。

コーラを飲むときの注意点

これまで行われた研究結果で、炭酸飲料や砂糖が高血圧や糖尿病、心疾患などの代謝に関わる疾病に大きく関与していることが判明しています。これらの疾病にかかったことがある方、またはその恐れがある方はコーラを飲む量を控え目にした方が良いでしょう。
どのような食べ物・飲み物でも言えることではありますが、どんなに体に良い効果がある食べ物・飲み物だったとしても、過剰に摂取してしまうことは反対に体に悪影響を与えてしまうことも少なくありません。
糖尿病が気になる、ダイエット中で太ることが気になる、という方に限らず、飲みすぎには注意が必要です。

最後に

今回はコーラのカロリーと糖質を、コーラの種類や、ファンタと比較をしながら調べてきました。ダイエット中で太ることが気になるというか方、糖尿病などの疾病が気になるという方に限らず、砂糖や人工甘味料が含まれた飲み物であるコーラを飲むことは、それなりの体への影響が発生します。コーラを飲むな、とまでは言いませんが、普通のコーラを飲むときでも、カロリーゼロのコーラゼロを飲むときでも、過剰に飲みすぎないようにしましょう。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin