common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

メンタルを鍛えて心を強くする風水的思考とは?成功者が実践している「風水で強運体質になる方法」とは

2018.7.3

運が良い人や成功者の多くは、風水を取り入れて心を強くする方法を知っています。 そのため、日常のささいなことも、風水的な思考で受け止めることができ、ネガティブなことが起こっても、ポジティブに変換することができます。 このようにしてメンタルが鍛えられ、強運体質になっていくのですね。
生きている限り、私たちは様々なトラブルに見舞われます。 そんな中で大切なのは、自分の心の在り方にです。 風水はそのような時にも活用することができます。
ここでは、メンタルを鍛えて心を強くする風水的思考と強運体質になる方法についてまとめていきたいと思います。

メンタルを鍛えて心を強くする風水的思考とは

自分に自信がある人は強い心を持っています。「自信」は自分を信じると書くように、自分を信じることができるかどうかが問題になってきます。とはいえ、人間関係や仕事の問題など様々な問題が起こると自分を信じることが難しくなってくるものです。
そんな時は少々強引にでも、自分の意識を変える方法を取ります。 良いイメージを持つといったプラスの思考をするのです。 マイナス思考では自分に自信を持つどころか、自分を追いつめ、更なる失敗を招くだけです。 たくさんの人がそのような経験をしたことがあるのではないでしょうか? ですから、マイナス思考の傾向が強い人は、プラス思考へと意識状態を変えていきましょう。

人の習慣は、3週間で変える事ができるといわれています。 難しい事だと思わないことが大切です。 自分に自信を持つことは、風水において非常に大切なことなのです。
ネガティブ思考の人はネガティブな出来事を引き寄せ、ポジティブ思考の人はポジティブな出来事を現実に引き寄せるといわれています。

また、運が良い人と悪い人との違いは「根拠のない自信」といわれています。 自信を持つことに理由はいらないということですね。 自分を信じる期待感やモチベーションの高さが運の良さを結果として左右していると考えることができます。近年の研究においても「思い込み」が運の良し悪しに影響するということが分かっています。 自分が生まれ持った性質を知っていると、どうすれば自分らしく進んでいくことができるのかが分かります。

風水でメンタルを鍛えるためには、自分自身を知ることが大切になってくるわけです。 自分の性質は、性別・生年月日によって知ることができます。 風水師や流派によって異なる見解となっているため、自分が最も信用できる風水師の教えを参考にすると良いでしょう。

 

風水を活用して強運体質になる方法① 良い言葉を使う

運気を上げるためには、言葉にも注意が必要です。 自分自身が楽しくなる言葉を口癖にしましょう。 「どうせ」「無理」といった否定的な言葉が口癖の人は、覇気の運気を司る「木の気」を停滞させ、仕事運や発展運、若さの運気に悪影響を与えています。 否定的な言葉は、元々持っている運気を削る行為なのです。
また、「とりあえず」「一応」といった言葉もルーズさを意味し、人間関係やものごとをスムーズに運ぶ弊害となります。
一方、明るい言葉には「金の気」があるとされ、人間関係や金運をアップさせることにつながります。

風水を活用して強運体質になる方法② 自分を癒す

自分のことを大切にすると、良い運気が生み出されます。 自分を癒す、小さな楽しみを自分に与えてあげましょう。 どんな小さな楽しみでも良いので、楽しいと思える時間を過ごすことで、良い運気を引き寄せる力を高めてくれます。
楽しい時間を増やすことで、ポジティブ思考のパーセントがネガティブ思考のパーセントを追い越し、ポジティブ思考を引き寄せてしまうのです。 笑うことや、美味しいものを食べるといったことも良いでしょう。

風水を活用して強運体質になる方法③ 感謝する

日常の些細なことに幸せを感じることができる人は、常に幸福感で満たされているため、自然と強運体質になっています。 また、そんな日々を感謝することで更に運気が高まるのです。
強運体質の人は、人一倍、今に感謝しているといえます。 そして感謝する習慣がある人は、不平不満を口にすることが少ない傾向があります。 同時にポジティブ思考の人には、他人を褒めることができる人が多いでしょう。
風水では、人を褒めるたびに運が集まってくるとされています。 「褒める」という行為は陽気を集めるのです。 つまり、「褒める」という行為は相手の機運を自ら吸収することにつながるというわけです。
この考えは、風水が「兵法(ビジネス)として発展した頃の学問が受け継がれているものです。  

 

最後に

強運体質になるためには、風水グッズや方位を意識した生活を送るよりも先に、メンタルを鍛えて心を強くする必要があるということが分かります。風水において「厄」とは、心の中の「陰の感情」つまり、自分自身の心が作り上げているものなのです。

日常の些細な行動や発言、思考が厄を作り出していると知ったなら、これを改め意識することで、強運体質になれるということになります。

text:common編集部

Posted by admin