common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

食欲が止まらない原因はドーパミン?幸せホルモンを増やしてダイエット!

2019.10.21
セロトニンを増やす方法

幸せを感じた時に分泌されるホルモン「セロトニン」は、分泌量が増えると食欲をコントロールしやすくなることが分かっています。食欲はダイエット成功の鍵を握るので、「セロトニン」とダイエットは深い関係があると言えますね!ではどうやったら「セロトニン」を分泌させることができるのか。今回は、栄養学とスポーツ科学を専門とする筆者がダイエットを成功させるために意識したい、セロトニンをたくさん分泌させる方法について紹介していきます。

食欲が止まらない原因は「ドーパミン」?

まずは食欲がどうして湧いてくるのかについて紹介します。

食欲が生じるメカニズムの鍵を握るのが、脳の「報酬系」の存在。おいしいものを食べるともっと食べたいと感じることがありますよね。これは、これは脳の「報酬系」が働いているためなのです。

おいしいものを食べると、脳からは「ドーパミン」という物質が分泌されます。ドーパミンは快楽や快感を感じさせる物質で、脳の「報酬系」に働きかけてもっと食べたい欲を生じさせます。

ダイエットをしていると、摂取カロリーを抑えるために、食欲との闘いがしばしば起こるかと思います。しかし、気持ちでは食べない方が良いと思っていても、無性に食べたい欲望が抑えれない、突発的にお菓子に手を伸ばしてしまうというのは、脳の「報酬系」が関係しているのかもしれません。

「セロトニン」が食欲をコントロールしてくれる

スタイルの良い女性

ここで登場するのが、今回ご紹介する、幸せホルモンと呼ばれている「セロトニン」です。

「ドーパミン」は脳の報酬系を活性化させるホルモンですが、「セロトニン」は「ドーパミン」の働きを抑える働きがあります。つまり、「セロトニン」を多く分泌させると脳の「報酬系」の働きを抑制し、食欲を正常に保つことができます。「セロトニン」は、ダイエット成功の鍵を握るホルモンだと言えますね。

Posted by kamoshita