甘いものを食べても太らない。「痩せ脳」に切り替えるための思考習慣- common(コモン) | フィットネス&ライフスタイルマガジン

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

甘いものを食べても太らない。「痩せ脳」に切り替えるための思考習慣

2019.4.9

ダイエットには苦しい「食事制限」や、きつい「トレーニング」が必要だと思っていませんか?実は努力せずにダイエットを成功させる方法があるのです。今回は、ダイエット成功の鍵を握る「痩せ脳」についてご紹介します。

痩せている女性は、「脳」が違った!?

ダイエットをしていないのに、いつも痩せている人っていますよね。その人はきっと「痩せ脳」の持ち主です。

太りやすい考え方をしている「太る脳」のままだと、一生懸命頑張っているダイエットも効果が出づらく、失敗の原因になってしまいます。太る脳から痩せ脳に切り替えることで、ダイエットの効果が格段に上がりますよ。

今回は頑張らなくてもダイエットできる「痩せ脳」についてご紹介します。

「痩せ脳」とは

「痩せ脳」とは、痩せやすい考え方のことです。

人の体は頭で想像したものに大きく影響を受けます。例えば、酸っぱい梅干しを想像すると唾液が分泌されたり、猛吹雪の映像を見ると寒気を感じたりしますよね。イメージしたものを脳が現実と錯覚し体が反応するのです。

同じ食事をとって、同じ運動量で生活していても、太りやすい考え方をしている太る脳の人よりも痩せ脳の人の方が痩せやすいのです。

ダイエットのストレス

人の体は頭でイメージしているものに影響を受けやすいので、スイーツを食べる時「これを食べると太っちゃうな」と思ったり、「ダイエットは難しくてなかなか成功しない」と思ったりすると、そのとおりになってしまいます。これが「太る脳」です。

反対にたくさん食べているのに常に痩せている人は「痩せ脳」の持ち主です。痩せ脳の人は「太る」とは考えません。「私はどれだけ食べても太らない」と本気で信じています。さらに口に出して言っている人も多いですよね。日頃から口に出して言っていることは自分を強く信じ込ませるので、さらに効果的です。

つまり、「痩せる」とどれだけ強く信じられるか(思い込めるか)が「痩せ脳」に切り替える大事なポイントです。

痩せたいのにお腹が空いちゃう!空腹を紛らわす6つの方法

「痩せ脳」へ切り替える方法

リラックスする女性

・理想の体型の自分をイメージする

痩せ脳になるため、まずは理想の体型になった自分を強くイメージしましょう。くびれたウエストや引き締まった脚、すっきりした二の腕など体の隅々まで目の前の鏡で見ているかのように想像してください。具体的に想像すればするほど効果的です。

理想像が具体的にイメージできると、その現実を手に入れるのが簡単な気がしてきませんか?

想像する前は自分の叶えたい目標が漠然としているので「本当に出来るのかな」と不安に感じやすいです。人は想像できないこと(未知なもの)に対して「難しそう」と感じてしまうので、具体的に想像できたら「簡単そう」と思うことができるようになります。この「簡単だ」という感覚がとても重要なのです。

・ダイエットは簡単だと思い込む

ダイエット=難しい、なかなか成功しないものというイメージを強く持っていませんか?これは太る脳の考え方です。

これからはダイエット=簡単、楽しい、成功させやすいものと信じましょう。さらに理想の体型になることは簡単で、すぐ叶えられると強く思い込んでくださいね。これが「痩せ脳」に切り替えてダイエットを成功させる秘訣です。

「痩せ脳」に切り替えるための思考習慣

具体的にどんな思考習慣が大事なのか、ご紹介していきます。これを実践して、痩せ脳を手にいれましょう!

1.  自分が理想の体型になった姿を具体的に想像する(さらに理想の体型になることは簡単だと信じる)

2.  ダイエットは簡単で、楽しいものだと自分に言い聞かせる

3.  食事をとるとき、「この食事はダイエットに効果的だ」と考えながら食べる

4.  スイーツなど太ってしまいそうなものを食べるときも「太ること」は想像せず「美味しい」と思いながら楽しく食べる(もちろん、間食のとりすぎはNGですが、どうしても食べてしまうときには罪悪感は捨てて楽しく食べましょう。さらに「これで痩せられる」と脳を勘違いさせられれば大成功です)

自分がこれまで思い込んでいたダイエット=難しい、というイメージをいかに良いイメージに変えられるか(固定観念を捨てられるか)が重要です。毎日ネガティブなイメージが浮かぶ度、ポジティブなイメージに上書きしていき徐々に「痩せ脳」に切り替えていきましょう。

【医師監修】愛されボディのBMI値が知りたい!20~30代の女性が一番美しく見える体重はコレ♡

幸せホルモンでさらに簡単にダイエットを成功させる

プラス思考の女性

「幸せホルモン」と呼ばれる「セロトニン」というホルモンをご存知ですか?主にリラックスして気持ちが安定しているときに分泌されるホルモンで、ストレスを感じたり緊張状態になったりした心を落ち着かせる働きを持っています。

セロトニンが不足すると気持ちが落ち込みやすくなってしまうので、考え方がネガティブになりがちです。反対にセロトニンが増えると気持ちが安定するので常に前向きな「痩せ脳」でいるためのサポートをしてくれます。

また、セロトニンは満腹中枢の働きにも大きく影響を及ぼします。脳内のセロトニンが減少すると満腹中枢が正常に機能しなくなり、どれだけ食べても満足せず食べ過ぎの原因になってしまいます。ストレスがうまく解消できていない人は慢性的なセロトニン不足になり、ダイエットが続かない、うまくいかないという原因になっているかもしれません。

ダイエットは運動2割 食事8割といわれています。痩せるために運動はとても重要ですが、運動だけでは痩せられません。どれだけ運動を頑張っていても食べ過ぎる習慣がついているとダイエットは失敗してしまいます。脳内のセロトニンを増やすことができれば、「痩せ脳」に切り替えやすくなり、空腹を我慢するつらいダイエットから卒業できるのです。

ダイエットの味方!セロトニンの分泌を促す方法

ダイエットに良い影響を与えてくれるセロトニン。では、具体的にどうやったらセロトニンの分泌を促すことができるのかご紹介していきます。

1. 腸を温める

セロトニンの90%以上が腸にあるといわれています。さらに腸は熱を持つとセロトニンの分泌指令を脳に伝える仕組みがあるそうです。そもそも腸を温めることは美と健康の最重要ポイントです。冷たい飲み物は控えて、温かい飲み物で体を温める習慣をつけてください。

2. ウォーキングをする

セロトニンを増やすためにウォーキングが有効といわれています。長い時間歩く必要はないので、毎日15分ほどで歩くことを習慣にしてみましょう。

3. トリプトファンが多く含まれる食事をとる

トリプトファンが不足するとセロトニンが充分に作られません。大豆食品、赤身の魚(マグロ、カツオ)、肉(牛肉)などトリプトファンを多く含む食材を積極的に摂りましょう。

4. 朝起きたら日光を浴びる

太陽の光を浴びると睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌がストップし、脳の覚醒を促すセロトニンの分泌が活発になります。また、起床時に太陽の光を浴びることで体内時計が乱れにくく、睡眠の質も向上します。質の良い睡眠はダイエットや美容にとても大切です。朝起きたらまずはカーテンを開けて太陽の光をたっぷり浴びましょう。

 

痩せ脳に切り替えて簡単ダイエット!

いかがでしたでしょうか。ダイエットというと運動と食事制限が唯一の手段だと思われがちですが、実は「考え方」もダイエット成功を左右する重要なポイントです。「痩せ脳」に切り替えられれば、努力不要で簡単に楽しくダイエットを続けられます。今日からすぐに始められるダイエット方法なので、気軽に試してみてくださいね。

あや

あや

心理学、マインドフルネス、栄養学、筋力トレーニングの知識をもとに、女性の心と体の トータルアドバイスを行う。自身も週3回ジムでの筋トレや有酸素運動、ピラティスを 継続。日々理想のボディメイクメソッドを模索中。

LINE@友達追加

美尻特集

オトナ恋愛部特集

ライター募集

RANKING

人気の高い記事をご紹介!
お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。

KEYWORD

人気のキーワードをご紹介!

common instagram

    View on Instagram