common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

ダイエット中のイライラは必然?みんなどうやって解消してるの?

2019.3.22

ダイエットをはじめてからイライラすることが増えた・・・それはダイエットをしている人にとって避けられないことかもしれません。今回はイライラするのはよくないとわかっていても、どうしたらいいのかわからないという女性にむけて、ダイエットによるイライラを解決する方法をご紹介します。

ダイエットでイライラが止まらない・・・

小さなことでイライラしてしまう、怒りっぽくなる、落ち込むことがある。ダイエット中は、そういった気持ちの不安定さを感じる方は多いようです。

イライラしても良いことはないと分かっていても、自分では止められないこともありますよね。でも、それでは毎日を心から楽しめなくなってしまいますし、周囲からの印象もよくありません。また、イライラが溜まってしまい結果的に暴飲暴食して太ってしまった・・・という事態にもなりかねません。

ダイエットを成功させたいなら、このイライラをどう対処していくかが重要なのです。そこで今回は、ダイエット中のイライラを解消する方法をご紹介していきます。

ダイエット中にイライラしてしまう原因

イライラする女性

ダイエット中にイライラしやすい原因はいろいろありますが、主に以下のようなことが考えられます。

・糖質不足

比較的多い原因として、糖質不足があります。

糖質不足になる原因として最近流行している糖質制限ダイエットの存在があり、これにより糖が極端に不足すると、低血糖症になります。すると、心が不安定になることがあるのです。

ひどい場合は、冷や汗や動機、めまいなどを発症するそうなので、その場合は軽視せずに専門医に相談することをおすすめします。

・食べられないストレス

単純に食べたいものを食べられないというストレスもイライラに繋がっています。揚げ物やスイーツ、お酒など、ダイエット中に控えるべきものはたくさんありますが、それらが毎日の楽しみである方にとっては、大きなストレスになりますよね。

食べ物を見るだけでイライラする、ということもあるようです。

・痩せられない不満

思ったように痩せられないというのも原因になっています。頑張っているのにほとんど体型に変化が起きない、体重が減らないとなると「なんで!?」というやりきれない気持ちにななります。結果が出ないと、イライラがどんどんたまっていってしまいます。

ダイエット中のイライラ。解決方法は?

ここからは、そんなダイエットについてまわるイライラを、少しでも軽減する方法をご紹介します。

1.チートデイをつくりたくさん食べる

パスタを食べる女性

チートデイとは“騙す日”という意味で、脳を騙してより痩せるために、あえてたくさん食べる日をつくることをいいます。

ダイエットを続けていると「停滞期」があり、身体が飢餓を感じこれ以上痩せないように制御をかけてしまいます。そこにチートデイをとりいれることで身体に「飢餓ではないのでもっと痩せても大丈夫」と思わせることができるのです。

翌日には少し体重は増えますが、その後は前以上に体重を落とすことができるます。食べて良い日を前もって計画にいれておくことで、ストレスが緩和できるはず。効率の良いダイエットのためにも、正しい方法でチートデイを取り入れてみてくださいね!

間違った“チートデイ”がダイエットを失敗させる!正しいやり方・ルールとは?

2.筋トレをする

筋トレする女性

食事制限によるダイエットをしているなら、筋トレを取り入れるのもおすすめです。運動によるストレス解消効果はもちろん、筋肉量を増やし基礎代謝をあげれば痩せやすい体質になりやすいです。運動による消費カロリーと代謝アップによる消費カロリーにより、無理なカロリー制限をしなくても体型を変えることができます!

しかも、トレーニング後はある程度たくさん食べても筋肉の回復に栄養が使われるので、脂肪になりづらいといった特徴があります。ダイエット中は我慢している糖質の多いバナナや炭水化物のご飯も食べられます。

糖質も必須!?筋トレした日の夕飯メニューと食べるべきタイミング

3.ヘルシーな間食をとる

おやつはダイエット中は絶対ダメだと思いがちですが、補食としての間食なら問題ありません。むしろ血糖値の急上昇を防ぐなど、ダイエットにとってのメリットもあります。間食をすると、空腹感のイライラから解放されるはず。

おすすめは、低カロリーで食物繊維豊富な『イモ類』や『素焼きナッツ』。イモ類の食物繊維は水分によって膨らむので腹持ちがよく、素焼きナッツは代謝を上げる「不飽和脂肪酸」や美容にいいビタミンEが豊富に含まれています。

ただし、間食の目安は100キロカロリーです。多くても200キロカロリー以内を目安に食べてみてくださいね!

なお、甘い物は一時的にストレスを和らげてくれますが、依存になりやすく、また別のストレスが出てしまうのでなるべく白砂糖が入っているものは控えましょう。

大会優勝者が教える、ダイエットに役立つ間食のコツ。何をいつ食べればいいの?

4.ダイエットしている人の情報を見る

スマホを見る女性

ダイエットが上手くいかないと、私は痩せられないのでは?ダイエットなんて辛いだけ!と後ろ向きな気持ちになってしまいます。そんな時には、ダイエットをしている人が集まるサイトやSNSをチェックしてみましょう。

同じ境遇の人達と苦労や不満を分かち合えば、不満が笑い話に変わることもあります。成功者のアドバイスも聞けるので、勇気をもらえ、心がスッキリすると思います。

5.ぐっすり寝る

「空腹+睡眠不足」になると誰でもイライラしますよね。ダイエット中は、せめて良質な睡眠がとれるように心がけてみてはいかがでしょうか?

実は睡眠とダイエットには深い繋がりがあります。夜更かしをやめるだけでも睡眠の質が上がり、就寝中に脂肪を燃焼してくれる「成長ホルモン」と食欲を抑える「レプチン」が分泌されます。逆に寝不足や質が悪いと食欲を増進させる「グレリン」の分泌が増えてしまうので注意しましょう。

イライラの元。ダイエットに無理は禁物!

一度ダイエットをはじめると終わりはないといわれており、最初は目標の体重を目指すのですが、到達すると今度はそれを維持するためにまたダイエットをはじめます。これは悪いことではないのですが、欲が強すぎるとだんだんダイエットがエスカレートして『拒食症』や『過食症』になる可能性もでてくるかもしれません。

これらの症状は自覚することが難しいので、もし周りから該当するような助言があったら、今しているダイエット方法を見直すことをおすすめします。

落とす体重は1ヶ月で体重の5%以内が目安

よく1ヶ月で10kg痩せた、15kg痩せたということを耳にしますが、リバウンドを防ぎ健康的に痩せるには『1ヶ月で体重の5%まで』といわれています。これは身体の負担を軽くすることで脳が飢餓を感じづらくなり、ダイエット後もリバウンドを防ぐことができるといわれています。

例として体重が60kgの人なら1ヶ月3kgまで、50kgの人なら1ヶ月2.5kgまでがリバウンドを防ぎ健康的に痩せられる目安の数字になるといわれているので、参考にしてくださいね!

 

イライラを解消してダイエットを成功させよう!

今回ご紹介した内容でダイエット中のイライラは解決できそうでしょうか?ダイエットはその人にとって長い付き合いになる、ある意味パートナー的な存在です。上手に付き合うことで心身ともに楽になり良い結果になると思いますので、まずはご紹介した内容を参考に自分にあったイライラの緩和方法を見つけてみてください。

松田 歩

松田 歩

猫好きな元インテリアアドバイザー。ほぼ毎日ジムに通っており、その知識はマニアのレベルに達している。男性の筋肥大から女性のダイエット、食事やサプリメントまで幅広く精通。野球、テニス、スノボー、スキューバーダイビングも大好き。

Posted by admin