common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

子どもがいるとは思えない!圧倒的なくびれを夏までに作る方法をプロが伝授

2019.7.11
ウエストまわりにたっぷりと脂肪がついた、いかにも“肝っ玉母ちゃん”といった体型。子どもを産んだあと、出産前の自分のボディと比べてため息をつくばかりという女性も多いのでは?薄着の季節は、くびれのない寸胴スタイルはますます気になってしまいます。そこで今回は、「POP Pilates」インストラクターの日筆者がトレーニングに時間やお金をかけられないお母さんでもできる、くびれ作りの秘訣をまとめてみました。

くびれを作る方法①:1日中「腹圧」を感じて過ごす!

くびれを作るには「運動しなくてはいけない」という思い込みに駆られているかもしれませんが、実はいつもの姿勢に気をつけることだけでも、お腹の肉をそぎ落としていくことにつなげられます。

頭のてっぺん(つむじ)を天井からつられているようなイメージで、耳、肩、腰骨の出っ張った部分が一直線になるようにして姿勢を保つようにしましょう。

くびれ

そのような姿勢を保とうとすると、自然に胸が開き、腹圧をかけることになると思います。この姿勢を立っているときも、座っているときも、動いているときもずーっとキープすることを意識します。

よい姿勢を保つためには、いわゆる「インナーマッスル」(深層筋)を使うことにつながり、それによってお腹まわりもスッキリさせることができます。

くびれを作る方法②:お腹が空いていないのに食べるのをやめてみる!

四六時中、「腹圧」を感じて過ごすことで、自分が空腹なのかそうでないのかがよくわかるようになります。お腹がペコペコになると、お腹に力が入れにくくなるのにもかかわらず、お腹がぺったんこの状態になります。

こうなったら空腹のサイン。

自分の空腹のサインがわかるようになると、だらだら食いをすることがやめられます。それによって、一日の摂取カロリーが減り、脂肪や体重減につながり、お腹の贅肉とさよならすることができます

Posted by admin