common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

筋トレ不要。垂れ尻を5センチ上げる、魔法の歩き方って?

2019.7.1
良いスタイルに見せるために重要な部位はどこでしょうか?胸?脚?どれも大切ですが、もっとも重要な部位は『お尻』です。お尻は体の中で最も大きい筋肉といわれています。その筋肉が垂れてしまってはスタイルが悪く見えてしまうかもしれません。かといって筋トレは面倒・・・。そんなあなたに、今回は筋トレなしで垂れたおしりを引き上げる歩き方をご紹介します。

垂れたお尻を引き上げたい!

はるか昔、日本人は農耕民族でした。作業をしやすいように骨盤が後傾した猫背のような姿勢になったといわれています。そのため欧米人と比べてお尻の位置が低くなっているそうです。この遺伝子は今でも受け継がれています。

しかし、お尻が垂れているのが遺伝とはいえ諦める必要はありません。骨格を変えるのは難しいですが、筋肉を鍛えてお尻を引き上げることは可能です。

お尻を鍛えるには筋トレをしなければいけないと思いがちですが、普段の姿勢を意識すれば筋トレなしでも、じゅうぶん改善できるかと思われます。

今回は、垂れたお尻を引き上げる姿勢についてご紹介します。

お尻が垂れている原因は姿勢だった!?

垂れたお尻を上げたい

プリッとしたお尻づくりに大切なのは、姿勢だということをご存知でしょうか。いくら筋トレをしても、普段の姿勢が悪ければ効果が半減してしまいます。逆に筋トレをしなくても日ごろから姿勢が良ければ、それだけでお尻は綺麗な形になります。

まずは、NG姿勢をご紹介しますので、普段からならないように注意してみてください。

・猫背

猫背になると骨盤が後傾してお尻が下に引っ張られます。猫背は癖になりやすく、そこから正しい姿勢に戻し定着するには時間がかかるそうです。普段から背筋を伸ばすことを意識するようにしましょう!

・反腰

骨盤が前傾してお尻が突き出た状態です。本人にとっては姿勢をよくしているつもりなので、間違っていることに気が付かないことがあります。腰痛になりやすいので早めの矯正が必要です。

Posted by admin