common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

やばすぎる腰回りの贅肉を撃退!簡単メソッドを伝授

2019.4.25

いつのまにかついてしまった腰回りの贅肉。薄着の季節までになんとかして落としたいですよね。今回は腰回りをスッキリさせる簡単メソッドをご紹介します。今すぐ始めれば、薄着の季節に間に合いますよ! 

どうしてついちゃうの!?腰回りに贅肉がつく原因

腰回りの贅肉はいつのまにか増えていて、ダイエットしてもなかなか落ちにくいですよね。私たちの体は腰の内側にたくさんの臓器があり、それらを外側からのダメージや冷えから守るために腰回りには脂肪がつきやすいといわれています。

体を守るための大切な脂肪ですが、つき過ぎると太って見え、全身のバランスも悪くなってしまいます。

特に薄着の季節になると、タイトスカートや細身のジーンズをカッコよく着こなしたつもりが、後ろ姿はたるんだ贅肉が目立っていた!なんてことになりかねません。

そこで今回は、腰回りの贅肉をなくす方法をご紹介していきます。

こんな人は要注意!腰回りに贅肉がつきやすい人とは

腰回りの贅肉

まずは、一体どんな人が腰回りに贅肉がつきやすいか、見ていきましょう。当てはまることがないかチェックしてみて。

1、冷え性

体を冷えから守るために、脂肪は冷えているところにつきます。脂肪自体が冷たいので、さらに脂肪がついてしまいます。

つまり、体の冷えが原因で腰回りに贅肉がついている人は、きちんと対処しないとさらに贅肉が増えていく悪循環になってしまっているのです。冷え性の自覚がなくても、手で下腹部を触ってみて脇の下より冷たく感じたら内臓が冷えている証拠です。

2、骨盤の歪み

骨盤が歪んでいると下半身の血行不良を招き、脂肪やセルライトなどの老廃物を溜め込みやすい状態になります。また、脂肪はセルライトがあるところにつきやすいともいわれています。

つまり、骨盤の歪みが原因で脂肪とセルライトが蓄積されていることが、腰回りの贅肉(脂肪+セルライト)がつきやすいだけでなく「落ちにくい」理由なのです。

3、運動不足による筋力低下

食生活を変えていないのに腰回りの贅肉が気になりだした、という方は基礎代謝が低下していることが原因かもしれません。年齢を重ねるとともに基礎代謝は下がってしまいますが、筋肉量を増やすことで基礎代謝量を維持することができます。

筋トレなどで筋肉量を増やすことは基礎代謝量の向上だけでなく、骨盤を正しい位置で支えるため骨盤の歪みの予防にもなります。さらに、冷えの対策にも有効です。

4、皮下脂肪が多い

そもそも脂肪がつきすぎている、というケースもあります。体脂肪率25~27%くらいの場合は、まずは体脂肪を減らすことが重要です。体脂肪が減れば、腰回りの贅肉も減っていきますよ。

腰回りの贅肉を撃退する方法

ここからは、腰回りの贅肉をスッキリなくす方法を伝授していきます。

1、体を温める

冷えてしまった脂肪は温めてあげることで分解されやすくなります。また体が温まるとリンパの流れもスムースになり、溜まった老廃物を排出しやすくなります。

体を温めることはダイエットだけでなく女性の美と健康に好影響を与えてくれるので、日頃から体を冷やさないよう気をつけましょう。普段から冷たい飲み物は避け、出来る限り温かい飲み物を頻繁にとることで基礎体温を上げることができます。

また、お風呂もシャワーだけで済まさず、しっかり湯船につかることが大切です。

2、お風呂でリンパマッサージ

お風呂でリンパマッサージ

入浴で温まった体はデトックス効果も高めてくれるので、入浴時にはリンパマッサージをするのがオススメです。簡単にできる、腰回りのリンパマッサージをご紹介します。

1. 40℃のお湯に10分ほど肩までしっかりつかります。額にうっすら汗をかく程度がベストです。
2. マッサージオイルを手に取り、脚のつけ根をグルグルとほぐします。(脚のつけ根はリンパ節があるので、ほぐしておくとリンパが流れやすくなります)
3. 脇の下も同様にグルグルとほぐします。(脇の下にもリンパ節があるので、リンパの流れをスムースにします。)
4. 腰回りのお肉をしっかりほぐします。その後、脇の下にあるリンパ節に向けて老廃物を押し流すイメージでお肉をぐーっと上にもみあげます。
5. これを左右10回ずつ行います。

デトックスの仕上げとして老廃物を対外に排出するため、マッサージの後は30分以内に体温ほどの白湯を1杯飲みましょう。

3、骨盤矯正エクササイズ

骨盤の歪みは腰回りに脂肪やセルライトをつきやすくしてしまいます。また、脚のむくみやすさの原因でもあります。簡単にできる骨盤矯正エクササイズで、腰回りの老廃物を溜め込みにくくしましょう。

1. かかとをつけて真っ直ぐ立ちます。つま先は少し開きます。このとき骨盤が立っている(反り腰になっていない)ことを意識します。
2. そのままの姿勢で息を吸いながら、かかとをゆっくりと上げていきます。
3. 息を吐きながら、ゆっくりとかかとを下ろしていきます。
4. これを10回繰り返します。

深くゆっくりと呼吸をしながら行ってください。鼻から息を吸い、口から息を吐きます。息を吸うときは肋骨が大きく膨らみ、息を吐くときは肋骨が締まるのを感じながら行います。息を吐くときは特にゆっくりと時間をかけて吐ききってください。

かかとを上げる高さは低くてもいいので、正しい姿勢で続けることがポイントです。いつでもどこでも手軽に行えるエクササイズなので、電車を待っている時やドライヤーで髪を乾かしているときなど1日に何度でも行ってください。この動きを習慣にすることで、普段から自然と骨盤を正しい位置にキープすることができるようになります。

4、腹斜筋トレーニング

サイドプランク

脇腹にある腹斜筋が鍛えられるトレーニングも効果的です。サイドプランクなら、同時に体の軸となる体幹も鍛えられるので、お腹全体をぎゅっと引き締めることができます。

1. 右の脇腹を下にして、ひざを曲げて床に横になります。
2. 右ひじを肩の真下について、左手は腰にあてます。(腰はまだ床についていてOKです。)
3. 左の脇腹が、脇の下から腰まで真っ直ぐ一直線になるように腰を上げます。
4. この体勢で30秒キープします(呼吸をし続けることが大事なポイントです)。

正しい姿勢を保ちながら、深い呼吸を続けてください。これを左右1回ずつ行います。基本のサイドプランクよりも楽にできるようひざをついて行います。チャレンジ出来る方はひざを伸ばして行ってみてください。筋力がついてきたら少しずつキープする時間を長くしたり、セット回数を増したりしてさらに負荷をかけていくと効果的です。

5、食事の痩せルールを実行

いろいろな工夫をしても太る食事をしていたら、腰回りの贅肉は減っていきません。食事の内容を見直すことも大切です。いきなり厳しくしても続かないので、まずは3つのルールを守って、体脂肪を撃退していきましょう。体脂肪が減れば、腰回りの贅肉も減っていきますよ!

1.水を1日1.5~2リットル飲む
2、野菜、汁物から食べて、主食は最後に半分だけ食べる
3、揚げ物、スイーツ、ビールを辞める

 

スッキリした腰回りで魅力アップ!

今回は腰回りをスッキリさせる簡単なメソッドをご紹介しました。腰回りの贅肉は普段の生活動作だけではなかなか落ちにくいのですが、贅肉がつきやすく落ちにくい理由を理解して取り組めば、ちゃんと落とすことができます。今回ご紹介した方法は時間をかけずに簡単に行えるものばかりですので、ぜひ毎日の習慣にしてスッキリした腰回りを手に入れてくださいね。

あや

あや

心理学、マインドフルネス、栄養学、筋力トレーニングの知識をもとに、女性の心と体の トータルアドバイスを行う。自身も週3回ジムでの筋トレや有酸素運動、ピラティスを 継続。日々理想のボディメイクメソッドを模索中。

Posted by admin