common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン

半日断食は毎日15時間継続すべき!?半日断食ダイエットのやり方・効果と痩せすぎ口コミをチェック

2019.3.3

口コミやブログで痩せすぎると話題の半日断食ダイエットってご存知ですか?半日ダイエットはデトックス効果で宿便が解消されるだけでなく、うつ病や白髪に効くとも言われているのです。半日というと約15時間…。半日断食ダイエットは毎日15時間継続しなければだめなのでしょうか?口コミやブログでは太った人もいるけれどその真相は…?今回は半日断食ダイエットについて、正しいやり方や効果をまとめてみたいと思います。

半日断食ダイエットとは?どんな効果がある?

半日断食ダイエットとは、その名の通り半日だけ食を断つダイエット方法。通常の断食ですと一日中食事をしてはいけないため、スケジュールを調整したり今までに感じたことのない空腹と戦わなければなかったりと実施のハードルが高いですが、半日だけの断食ならそのストレスは大幅に軽減されます。「最近太ったな…」「食べ過ぎで体が重い…」「ファスティングに興味があるけどチャレンジする勇気がない!」そんな方々には気軽にできて効果を実感できる半日断食ダイエットがおすすめです。

半日断食ダイエットの効果とは?宿便が出てデトックスに!

人間が食事を摂ると、消化吸収から排泄までにおよそ18時間がかかるとされています。1日3食摂っている場合、胃腸が休まる暇がなく便秘がちになるパターンがあります。半日断食ダイエットを行えば胃腸が休息の時間をしっかりとることができるため、宿便が排泄されやすくなります。このデドックス効果により体重の減少を実感される方が多いようです。

半日断食ダイエットに好転反応はあるの?

一般的に、断食をはじめると数日間は激しい頭痛や吐き気、胃痛などに見舞われることがあるとされています。これは断食の好転反応で、体から毒が排出されている証拠なのだとか。
この期間がつらく断食をストップしてしまう方もいるようですが、この山を越えれば体も心も楽になり、「食」に意識がとらわれることもなく思考がスッキリするそうです。気になる半日断食ダイエットにおける好転反応ですが、断食に比べて空腹でいる時間が短いため強い症状に見舞われることは少ないそう。苦痛が少ない分、半日断食ダイエットはチャレンジしやすく続けやすいことが魅力です。

毎日15時間継続すべき!?半日断食のやり方とは?

ここではさっそく半日断食ダイエットのやり方をご紹介します。平日は仕事や家事などで体力を使う方が多いと思いますので、おすすめは休日に行うこと。
土日祝日がお休みの方のパターンであればまず、通常通りの金曜日を過ごします。そして翌日、土曜日の朝、朝食を抜いてください。ただし、何もかも口にしてはいけないというわけではありません。フルーツジュースや野菜ジュースをコップ1杯だけ飲みます。種類は砂糖が入っていなければ、市販のものでもかまいません。豆乳にしてもOKです。これは次の食事の際、血糖値の上昇を抑えるため。空腹の状態で食事を摂ると血糖値が上昇しやすくインスリンが分泌されるため脂肪を溜め込みやすくなるのです。
その後は夕食までに700ml程度の水あるいはお茶を飲むようにしてください。この間は空腹状態になりますので、激しい運動は避けましょう。読書をしたり映画を見たり音楽を聞いたりとなるべく安静に、かつストレスがたまらないように好きなことをして過ごしましょう。
胃の中が空になると五感が研ぎ澄まされるため、レストランやスーパーを訪れると食べ物の匂いに誘惑されやすくなります。散歩に出かける際はこういった場所には近づかないほうが良いでしょう。
いよいよ夕方にさしかかり、この日はじめての食事を摂るタイミングには、腹8分目にとどめておきましょう。なお食事の内容はおかゆがおすすめです。このとき早食いになると食べ過ぎの原因となります。一口ずつゆっくり味わうようにすることがダイエット成功のコツ。
もぐもぐと噛む行為は、食欲を抑えるヒスタミンを分泌させる効果があるのです。
半日断食ダイエットは毎日行う必要はありません。毎週のやりやすい日を決めておくか、月に2〜3回行うことが効果的です。また断食の場合は最後の食事から次の食事まで15時間あけておくことが好ましいですが、半日断食ダイエットの場合は12〜14時間程度で構いません。

なお次の項目に当てはまる方は半日断食ダイエットを行うと何らかの異変が起きる可能性がありますため、原則としてひとりでは決して行わないでください。

・慢性の持病がある
・不整脈持ちである
・発熱中である
・脳卒中、脳梗塞、肝硬変、慢性肝炎、腎炎、胃潰瘍、ガンなど重い病気がある
・妊娠中である
・体力がない
・10歳未満の小児
・65歳以上の高齢者

半日断食ダイエットは痩せすぎと口コミで話題

続々と体重減小で喜びの笑みが止まらない!

半日断食ダイエットを行った方の口コミを読むと、その大半が効果を実感されているようです。3週間をかけて3回の断食を行った40代男性は体重2.9kgの減量に成功。嬉しいことに血糖値と中性脂肪の数値も下がったといいます。また1ヶ月の間、毎週末に半日断食ダイエットを行った20代女性もマイナス3kgを報告しています。運動もせず、週に一度半日だけ断食を行うだけで体重が落ちるなんて驚きですよね。長期的に取り組んだ方のなかには10kgの減量を達成したというツワモノも。半日断食ダイエットを行ったことで食事そのものの大切さ、美味しさを再確認したという口コミも見られました。
また胃が小さくなったのか毎回の食事量が減ったという方や、デトックス効果によってぽっこりお腹が引っ込み、便通が改善されたため肌がキレイになったという方も。半日断食ダイエットは単に体重が落ちるだけでなく、体の内側からキレイになれるダイエット方法なのです。

半日断食ダイエットで太った方の口コミ

半日断食ダイエットを行ったにもかかわらず、太ったという方も見かけます。そういう方の口コミを読むと、どれも回復食のタイミングでおかゆではなく固形物をドカ食いしていたり、空腹に耐えかねてチョコやパンなど、何かしらを口にしているパターンが多いです。正しい方法で半日断食ダイエットに取り組まないと、やはり思うような結果は得られません。半日断食ダイエットで太った方は、今一度正しいやり方を確認してみましょう。

半日断食ダイエットのブログを確認

半日断食ダイエットにチャレンジされている方は数知れず、その中でもブログで経過を報告されている方もいらっしゃいます。半日断食ダイエットを行っている方、またチャレンジしてみたい方はブログ上でリアルな体験談を読むことをおすすめします。空腹に苦しんでいるときの乗り越え方や復食のレシピなど参考になる情報をゲットできるかもしれません。

半日断食ダイエットはうつ病に良い?

半日断食ダイエットですが、断食はうつ病に良い効果をもたらすことはご存知でしょうか?うつ病の患者は2008年時点でなんと104万人以上にのぼり、今や現代病といって過言ではありません。そんなうつ病に、断食(ファスティング)が効くというのです。
通常、食事を摂ると脳は炭水化物などに多く含まれるブドウ糖をエネルギーとして活動しますが、糖質制限ダイエットなどで摂取するブドウ糖の量を抑えると、今度はケトン体をエネルギー源に替えます。脳がケトン体をエネルギー源とすると、α波の分泌を増やし脳下垂体から快感ホルモンと呼ばれるβ‐エンドルフィンを出します。その結果、集中力が高まり幸福感を得られるため心身が平穏状態になり、うつ病を改善に導く可能性があります。
こうした絶食、断食療法はあらゆる施設で実施されています。その一例として、外界との接触を絶った個室などで10日間のファスティングを行い、その後5日間にわたって復食を摂る「断食合宿」などがあり、うつ病のほか、不定愁訴症候群や慢性胃炎、過敏性腸症候群などメンタルヘルスの悪化によって引き起こされる病気や、軽度の糖尿病や軽い肥満などの生活習慣病に効果が期待されています。

それでは一体どうして断食がうつ病に効くのでしょうか?詳しいメカニズムは完璧に解明されていませんが、次のような指摘がなされています。

・食を断つという強い負荷を故意に与えることで免疫機能や神経、内分泌系の働きがが調整され、心と体が健康になる
・個室に隔離されあらゆる娯楽と食を断たれる一種の極限状態に追い込まれることで、いつも以上に自分自身と深く向き合うことができ、メンタルヘルスが向上する
・極限状態を乗り越えた達成感や自信が精神的な強さに繋がり、メンタルタフネスを手に入れることができる

半日断食ダイエットの場合、何日にもわたって空腹状態が継続するわけではありませんし、まして隔離施設でチャレンジするわけでもありませんため、うつ病に対して優れた効果を発揮するとはいえません。
しかし先に述べたとおり空腹時は五感が敏感になったり、飢餓感に慣れると思考回路がクリアになる感覚を得ることができます。普段から食のことばかり考えてしまう、不安なことが多く何も手に付かない、という方は半日断食ダイエットを行うだけでも気持ちがスッキリしたりメンタルヘルスが安定する可能性があります。ダイエットやデトックスのためのみならず、精神的なリフレッシュのためにも半日断食ダイエットはおすすめです。

半日断食ダイエットは白髪改善に役立つ?

うつ病にも効果的ともっぱら噂されている断食は、白髪の改善にも効果があるとされています。そもそもどうして年齢を重ねると白髪が増えてしまうのでしょうか?
白髪が生えてくる原因は様々ですが、年をとると年々成長ホルモンや活性酸素の除去効果があるカタラーゼという酵素の分泌量が減ってしまいます。このふたつが減少すると白髪が生えやすくなるわけですが、断食には成長ホルモンやカタラーゼの産出を増やす効果があるとされています。アメリカで実施されたとある実験では、断食から24時間が経過したのち、成長ホルモンの分泌量はを計測してみると、男性は平均で20倍、女性は13倍と、分泌量が大幅に増加したことが報告されています。
月に2〜3度、また短い時間だけ食事を断つ半日断食ダイエットでは白髪改善に十分な効果を期待することはできないかもしれません。白髪が気になる方には半日断食ダイエットよりも断食(ファスティング)をおすすめします。

最後に

今回は半日断食ダイエットについて、正しいやり方や効果をまとめてきました。半時期断食で痩せた、便秘解消した、うつ病改善や白髪改善など、様々な効果を実感する口コミが多い反面、半日断食ダイエットで太ったという人もいるようです。断食は回復期に食べる回復食が最も重要という声もありました。半日断食ダイエットに挑戦される際は、正しいやり方で無理のない範囲で行うようにしましょう。体に異常を感じたときは、すぐにやめることをおすすめします。

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin