common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

ヨーグルトダイエットがおすすめ?!効果を高めるのは朝?夜?ブログで話題の玉ねぎヨーグルトダイエットとは?レシピも紹介

2019.1.13
腸内環境の改善がダイエットに効果的な事は、今はもはや常識になっていますよね。また、ヨーグルトが腸内環境を整えてくれる効果があるという事も周知の事実です。しかし、ダイエットを目的とするならば、ただやみくもにヨーグルトを食べればいいというわけではありません。確実に腸内環境を改善し、ダイエット効果を上げる為には、ヨーグルトダイエットの力を最大限に引き出す方法があるのです。その方法とはどのようなものなのでしょうか。今回はヨーグルトダイエットについて、詳しく見ていきましょう。

ヨーグルトダイエットはなぜおすすめなの?

まず、なぜヨーグルトはダイエットにおすすめなのでしょうか?

ヨーグルトダイエットがおすすめな1つ目の理由は、ヨーグルトに含まれている「乳酸菌」にあります。乳酸菌は「善玉菌」であり、乳酸や酢酸を作り出し、腸の蠕動運動を促します。そして、悪玉菌の働きを抑える効果が期待できます。悪玉菌が増えると、腸内環境が悪くなり、便秘の原因に。その結果、代謝が悪くなり太りやすく痩せにくい体になってしまうのです。便秘がちでぽっこりお腹が気になる方は、ただ食事量を減らすダイエットでは、さらに便秘を招いてしまう可能性もあります。ですので、そんな人には食べる事で腸内環境を整える事のできるヨーグルトダイエットは、とてもおすすめな方法なのです。

ヨーグルトがダイエットにおすすめな2つ目の理由は、ヨーグルトに含まれる「カルシウム」にあります。米・テネシー大学の研究によると、カルシウムが欠乏すると、脂肪の分解が抑制されて脂肪の蓄積が増加、反対に、カルシウムをしっかり摂ると、減量が促進されるというのです。また、ダイエット中はカルシウムなどのミネラルが不足しがち。そういった意味でも、ダイエット中にヨーグルトを食べることは、とてもおすすめなのです。

さらにヨーグルトには、ダイエット中にかかせない「タンパク質」も豊富。また、砂糖を使用していないプレーンヨーグルトですと、100gあたり60Kcal前後と、とてもヘルシーです。「乳酸菌・カルシウム・タンパク質」が同時に摂れて、かつ低カロリーなヨーグルトは、ダイエットする為にとてもおすすめな食品なのです。

ヨーグルトは朝か夜いつ食べるのがおすすめ?ダイエット効果を引き出す方法とは

まず、ヨーグルトダイエットをする上での基本は「200gのヨーグルトを毎日食べる」事です。では、ヨーグルトは朝と夜、いつ食べるのがよりダイエット効果を引き出すことができるのでしょうか。

ヨーグルトを食べるおすすめのタイミングを知る前に、最も重要な事は「あなたのライフスタイルに合わせる事」が基本だということ。ヨーグルトダイエットは、激しい運動や食事制限とは違い、じっくり確実に、体質改善を目指すダイエット方法です。コツコツ続ける事が、成功の秘訣。その為には、朝は軽くという人なら朝がおすすめですし、朝は和食派だという人は、ヨーグルトは夜取り入れる等、取り入れやすいタイミングである事が最も重要です。その上で、朝か夜か…どちらか迷っている方は、「ヨーグルトダイエットに何を求めるか」で、朝食べるか夜食べるかを決めるといいでしょう。

例えば、便秘体質で代謝が落ち、そんなに食べ過ぎてもいないのにお腹がぽっこりしているような人。とにかく便秘を解消したいという人であれば、ヨーグルトダイエットは、夜に取り入れるのがおすすめです。腸が最も活発になる「腸のゴールデンタイム」は、夜中から朝方にかけてです。そのタイミングにヨーグルトに含まれる乳酸菌に働いて貰う為には、夕食時がベスト。また、乳酸菌は胃酸に弱いものもあり、便秘解消の為には食後がおすすめです。とはいえ、乳酸菌は死滅していても血圧効果作用、血清コレステロール低下作用等が期待できますし、食前にヨーグルトを食べても意味がないわけではありません。また、食前にヨーグルトを食べる事で、食べすぎを防ぐ事が出来る、というメリットもあります。

また、朝は時間がないから食べないという人や、摂取カロリーを抑えたいから朝は抜いているという人。それは、実はダイエットには逆効果かもしれません。朝食を抜くと代謝がおちて痩せにくくなる他、昼食のドカ食いを招いてしまう事も。また、朝食は、食べたものが胃腸を刺激し、朝のお通じを促してくれます。朝食を抜くと、朝から元気に活動する為のエネルギー不足にもなってしまいますので、ダイエット中であっても朝食は食べた方がいいのです。

とはいえ、朝から食べすぎてしまうのも胃腸にとってよくありません。忙しい人でもお手軽に食べる事ができ、適度にエネルギーを補給する事ができるヨーグルトは、朝食に向いているといえます。ほかにも、プレーンヨーグルトだと食べづらいという人は、朝、ヨーグルトにバナナやフルーツ、オリゴ糖や蜂蜜などを加えて頂くといいですね。ヨーグルトに、フルーツやオリゴ糖の効果も加わり、便秘解消や美肌に、さらなる効果を発揮してくれる事でしょう。

Posted by admin