common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

ヨーグルトダイエットがおすすめ?!効果を高めるのは朝?夜?ブログで話題の玉ねぎヨーグルトダイエットとは?レシピも紹介

2019.1.13

腸内環境の改善がダイエットに効果的な事は、今はもはや常識になっていますよね。また、ヨーグルトが腸内環境を整えてくれる効果があるという事も周知の事実です。しかし、ダイエットを目的とするならば、ただやみくもにヨーグルトを食べればいいというわけではありません。確実に腸内環境を改善し、ダイエット効果を上げる為には、ヨーグルトダイエットの力を最大限に引き出す方法があるのです。その方法とはどのようなものなのでしょうか。今回はヨーグルトダイエットについて、詳しく見ていきましょう。

ヨーグルトダイエットはなぜおすすめなの?

まず、なぜヨーグルトはダイエットにおすすめなのでしょうか?
ヨーグルトダイエットがおすすめな1つ目の理由は、ヨーグルトに含まれている「乳酸菌」にあります。乳酸菌は「善玉菌」であり、乳酸や酢酸を作り出し、腸の蠕動運動を促します。そして、悪玉菌の働きを抑える効果が期待できます。悪玉菌が増えると、腸内環境が悪くなり、便秘の原因に。その結果、代謝が悪くなり太りやすく痩せにくい体になってしまうのです。便秘がちでぽっこりお腹が気になる方は、ただ食事量を減らすダイエットでは、さらに便秘を招いてしまう可能性もあります。ですので、そんな人には食べる事で腸内環境を整える事のできるヨーグルトダイエットは、とてもおすすめな方法なのです。

ヨーグルトがダイエットにおすすめな2つ目の理由は、ヨーグルトに含まれる「カルシウム」にあります。米・テネシー大学の研究によると、カルシウムが欠乏すると、脂肪の分解が抑制されて脂肪の蓄積が増加、反対に、カルシウムをしっかり摂ると、減量が促進されるというのです。また、ダイエット中はカルシウムなどのミネラルが不足しがち。そういった意味でも、ダイエット中にヨーグルトを食べることは、とてもおすすめなのです。

さらにヨーグルトには、ダイエット中にかかせない「タンパク質」も豊富。また、砂糖を使用していないプレーンヨーグルトですと、100gあたり60Kcal前後と、とてもヘルシーです。「乳酸菌・カルシウム・タンパク質」が同時に摂れて、かつ低カロリーなヨーグルトは、ダイエットする為にとてもおすすめな食品なのです。

ヨーグルトは朝か夜いつ食べるのがおすすめ?ダイエット効果を引き出す方法とは

まず、ヨーグルトダイエットをする上での基本は「200gのヨーグルトを毎日食べる」事です。では、ヨーグルトは朝と夜、いつ食べるのがよりダイエット効果を引き出すことができるのでしょうか。

ヨーグルトを食べるおすすめのタイミングを知る前に、最も重要な事は「あなたのライフスタイルに合わせる事」が基本だということ。ヨーグルトダイエットは、激しい運動や食事制限とは違い、じっくり確実に、体質改善を目指すダイエット方法です。コツコツ続ける事が、成功の秘訣。その為には、朝は軽くという人なら朝がおすすめですし、朝は和食派だという人は、ヨーグルトは夜取り入れる等、取り入れやすいタイミングである事が最も重要です。その上で、朝か夜か…どちらか迷っている方は、「ヨーグルトダイエットに何を求めるか」で、朝食べるか夜食べるかを決めるといいでしょう。

例えば、便秘体質で代謝が落ち、そんなに食べ過ぎてもいないのにお腹がぽっこりしているような人。とにかく便秘を解消したいという人であれば、ヨーグルトダイエットは、夜に取り入れるのがおすすめです。腸が最も活発になる「腸のゴールデンタイム」は、夜中から朝方にかけてです。そのタイミングにヨーグルトに含まれる乳酸菌に働いて貰う為には、夕食時がベスト。また、乳酸菌は胃酸に弱いものもあり、便秘解消の為には食後がおすすめです。とはいえ、乳酸菌は死滅していても血圧効果作用、血清コレステロール低下作用等が期待できますし、食前にヨーグルトを食べても意味がないわけではありません。また、食前にヨーグルトを食べる事で、食べすぎを防ぐ事が出来る、というメリットもあります。

また、朝は時間がないから食べないという人や、摂取カロリーを抑えたいから朝は抜いているという人。それは、実はダイエットには逆効果かもしれません。朝食を抜くと代謝がおちて痩せにくくなる他、昼食のドカ食いを招いてしまう事も。また、朝食は、食べたものが胃腸を刺激し、朝のお通じを促してくれます。朝食を抜くと、朝から元気に活動する為のエネルギー不足にもなってしまいますので、ダイエット中であっても朝食は食べた方がいいのです。
とはいえ、朝から食べすぎてしまうのも胃腸にとってよくありません。忙しい人でもお手軽に食べる事ができ、適度にエネルギーを補給する事ができるヨーグルトは、朝食に向いているといえます。ほかにも、プレーンヨーグルトだと食べづらいという人は、朝、ヨーグルトにバナナやフルーツ、オリゴ糖や蜂蜜などを加えて頂くといいですね。ヨーグルトに、フルーツやオリゴ糖の効果も加わり、便秘解消や美肌に、さらなる効果を発揮してくれる事でしょう。

玉ねぎヨーグルトダイエットってなに?ブログで話題!その効果とは

ヨーグルトがダイエットにおすすめな理由がわかったところで、さらなる効果を期待して、ヨーグルトダイエットに成功した人のブログをチェックしていくと「玉ねぎヨーグルトダイエット」という方法がありました。玉ねぎとヨーグルトって、合うの?と、驚かれる方もいるでしょう。試すのには勇気がいるかもしれませんね。
しかし、玉ねぎ+ヨーグルトがもたらす効果を知れば、きっと、試さずにはいられなくなる事でしょう。玉ねぎヨーグルトダイエット、はたしてどのような効果があるのでしょうか。

実はこの玉ねぎヨーグルトダイエット、日本テレビの「得する人損する人」で紹介されました。もうご存知の通り、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸内環境を活性化します。活発になった腸内細菌は、玉ねぎに含まれる、水溶性食物繊維の一種である「イヌリン」によって、「短鎖脂肪酸」を作り出します。この「短鎖脂肪酸」、別の名を「痩せ酸」ともいわれ、ダイエットに効果があると言われています。

具体的には、

・腸の働きを活発化する
・代謝を上げる
・食欲抑制効果
・脂肪の吸収を抑える効果

等があげられます。

「ヨーグルトに含まれる善玉菌」+「玉ねぎに含まれるイヌリン」=「短鎖脂肪酸(痩せ酸)」。玉ねぎヨーグルトダイエット、とても期待できそうですね。玉ねぎヨーグルトダイエットでは、ダイエット効果の他にも、便秘解消効果、それに伴う美肌効果、免疫力を高める効果の他、糖尿病や動脈硬化の予防、アレルギー症状の緩和などの効果も期待できるようです。玉ねぎヨーグルトダイエットは、まさに「健康的なダイエット方法」といえるかもしれませんよ。

玉ねぎヨーグルトダイエットのレシピは?ブログ等の口コミもご紹介

では、玉ねぎヨーグルト、まずは気になるレシピをご紹介します。

〜材料〜

・玉ねぎ 1/2玉
・無糖ヨーグルト 200g
・塩 小さじ1/2杯

〜作り方〜

1・玉ねぎを薄くスライスして30分程寝かせ、辛味成分を飛ばす。
2・ヨーグルトに、1で作った玉ねぎと塩小さじ1/2を加える。
3・よく混ぜ合わせたら完成

こちらは、テレビ番組「得する人損する人」で紹介されたレシピです。作ってすぐに食べる事ができますが、一晩寝かせる事で玉ねぎがしんなりとし、より食べやすくする事ができます。これを1日の内のどのタイミングでも良いので、毎日50g食べるようにします。他の食事は、いつも通りでO K。残った玉ねぎヨーグルトは清潔なビンなどに保管して、2〜3日中には食べきるようにしましょう。玉ねぎ+ヨーグルトは、番組内で食べたゲスト達によると、「美味しい」との事。続ける上で味はとっても重要ですので、美味しいのはとてもありがたいですね。

この玉ねぎヨーグルトダイエット、ブログ等の口コミを見ていても「夜食べて、翌朝しっかり出た!」という口コミも多く、効果が高い事が伺えます。しかし、玉ねぎをかなり薄くスライスしなければ、辛すぎてとても直ぐには食べられないという口コミや、口の臭いが臭くなる、等の口コミもみられました。そういった事を踏まえると、玉ねぎヨーグルトは朝作り、夜に食べる事をおすすめします。

玉ねぎダイエットの他にも!まだある組み合わせ「りんごヨーグルトダイエット」

玉ねぎダイエットの他にも、ヨーグルトダイエットをする場合におすすめな組み合わせがあります。ヨーグルトとりんごを一緒に食べる、その名も「りんごヨーグルトダイエット」です。ヨーグルトに含まれる乳酸菌を活発にする為には、オリゴ糖や食物繊維が効果的。りんごやバナナにはオリゴ糖が豊富に含まれていますので、ヨーグルトと合わせる事で便秘解消効果が期待できます。
また、りんごにはペクチンという水溶性食物繊維が豊富。ペクチンには、コレステロールの吸収を抑制する、ブドウ糖の吸収を穏やかにする、などの効果もあります。玉ねぎヨーグルトダイエットで効果がなかった人や、玉ねぎが苦手な人などは、この「りんごヨーグルトダイエット」を、試してみるといいですね。

ヨーグルトダイエット!ヨーグルトの選び方は?

ヨーグルトダイエットをする上で気をつけたいのは、ヨーグルトの選び方です。恵ヨーグルトやカスピ海ヨーグルト、ブルガリアヨーグルトなど、ヨーグルトには実に様々な商品がありますが、ヨーグルトダイエットをする上で、メーカーの選び方はさほど重要ではありません。それよりも、ヨーグルトの選び方で重要なのは、加糖されていないプレーンヨーグルトであるかどうか、です。
「加糖」と記載されているヨーグルトは糖分が含まれる事により、プレーンヨーグルトよりもカロリーが高くなり、ダイエットするにはおすすめできません。どうしても味のついた甘いヨーグルトが食べたいという人は、プレーンヨーグルトにオリゴ糖や蜂蜜をかけたり、フルーツと一緒に食べる等、工夫するといいですね。

最後に

いかがでしたか?お手軽で高い効果が期待できるヨーグルトダイエット。ただヨーグルトを食べるだけの簡単なダイエットから、玉ねぎヨーグルトダイエット、りんごヨーグルトダイエット等、他の食べ物との相乗効果が期待できるダイエット法まで、実に様々なヨーグルトダイエットの方法があります。ご自分にあった方法を見つけて、楽しくダイエットしましょう!

岡 清華

監修者:岡 清華(おか さやか)

管理栄養士/ヨガトレーナー。管理栄養士過程 大学卒業後、健康と食の知識を深めるために、ハワイのカウアイ島にてアーユルヴェーダを学ぶ。広尾の会員制ヨガスタジオ「デポルターレヨガ」でトレーナーを務めた他、管理栄養士として食事の指導やイベント開催、メニュー開発などに携わり、現在は産業、健康経営事業にも取り組んでいる。Instagram @okasaya

text:common編集部

Posted by admin