太る環境にいてもヤセられる!ダイエット外来医師が教える『脳をダマしてヤセる技』- common(コモン) | フィットネス&ライフスタイルマガジン

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

common

common

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

太る環境にいてもヤセられる!ダイエット外来医師が教える『脳をダマしてヤセる技』

2018.6.1

ダイエット外来医師の藤 孝文(くどう たかふみ)先生が日頃から実践している『脳をダマしてヤセる技』をご紹介しています。ちょっぴり意識を変えることだけで、ダイエットができるかも!?

脳をダマしてヤセられる!?

脳を騙してヤセる技とは、ダイエット外来医師の工藤 孝文(くどう たかふみ)先生が実践している”太らない習慣”4か条のうちの一つ。

ダイエット外来医師の工藤先生は、お仕事柄どうしても朝から晩まで座りっぱなしだったり、お昼は忙しくてカップ麺で済ましてしまったりすることもあるんだとか・・・。一見太りやすい生活のようですが、工藤先生がスリムな体型を維持できているのは、脳をダマしているからだそう。どういうことなのか、一部をご紹介します!

1、満腹中枢への刺激でムダ食いゼロに

タンパク質で満腹中枢を刺激!見た目でも脳をダマせる

空腹でスーパーへ買い物に行ってしまい、余計なものをついつい買ってしまった・・・なんて経験、ありませんか?ダイエット中は、家に余計な食べ物を置かないのが鉄則です。

そこでおすすめなのが、出がける前に豆乳を1杯飲むこと。

豆乳 ダイエット

大豆の植物性たんぱく質が満腹中枢を刺激し、食欲を抑えてくれるそうです。

そして、食事の器は小さめのものを使うというのもコツ

容器が小さいと食べ物がたくさん入っているように見えるので、脳が「こんなにたくさん入っている」と錯覚し満腹中枢が刺激されるようです。その結果、食べる量も少なく済みますよ。

2、幸せホルモンで食への執着をなくす

セロトニンがあなたのダイエットの味方に!

”幸せホルモン”と呼ばれる『セロトニン』は、精神を安定させストレス食いを防ぐ作用があるのだとか!

セロトニンは、一定のリズム運動で活性化するそう。ガムを噛むことも、この一定のリズム運動の一つ。ガムを噛むと空腹も紛らわすことができるので、すぐに取り入れてみたいですね!

他にも、否定的な言葉や言い訳を口にするより、前向きな言葉を口癖にするだけでもセロトニンは活性化するそう。これは、ダイエット効果だけではなく日常生活もハッピーになれそうな習慣ですね♡

3、快感ホルモンでダイエット魂に着火

折れ線グラフでドーパミン放出!

”快感ホルモン”とは『ドーパミン』のこと。このホルモンが出ると意欲が湧いてくるそうです。

ダイエット ドーパミン

毎日「体重折れ線グラフ」をつけ、体重が減ったことを示す右肩下がりのグラフに脳が反応して快感ホルモンが分泌されるそう。そうするとダイエット意欲が湧き、運動したい気分になるんだとか!

これは数値表ではなく、折れ線グラフなことがポイントだそうですのでお間違いなく!

 

脳をダマす方法の続きや、その他スリムな体型をキープしている工藤先生が実践する”太らない習慣”は、「からだにいいこと」7月号でチェックできます。気になった方は書店へ足を運んでみては?

からだにいいこと

からだにいいこと7月号

定価
  定価620円(税込)
発売日
  2018年5月16日
WEB
  からだにいいこと WEB http://www.karakoto.net/index.php

工藤 孝文

福岡大学医学部卒業後、アイルランド、オーストラリアへ留学。帰国後、大学病院を経て、福岡県みやま市の工藤内科で診療を行う。2017年よりスマホ診療を導入。日本糖尿病学会・日本東洋医学会・小児慢性疾病指定医。 「世界一受けたい授業」「ホンマでっか!?TV」などテレビ出演多数。

text:common編集部

commonからのHOTな情報を手軽にGETしよう!

最新のフィットネスやビューティー情報など、ライフスタイルを彩る情報を配信中!

LINE友達限定のプレゼントキャンペーンも随時開催!

友だち追加
お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。