プレスルーム潜入! adidasとMOUSSYの“共同開発”が実現したワケ- common(コモン) | フィットネス&ライフスタイルマガジン

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

フィットネス・ライフスタイル情報ならcommon

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

プレスルーム潜入! adidasとMOUSSYの“共同開発”が実現したワケ

2017.11.3

この春登場したadidas&MOUSSYの共同開発ウェア。大好評につき、早くも9月には第2弾が発表されました。女性向けファッションブランドとして確固たる人気を確立しているMOUSSYがなぜ今、スポーツブランドadidasとタッグを組むことになったのでしょう?そのワケを探るため、MOUSSYのプレスルームに潜入してきました!

今回お話を伺うのは、MOUSSY企画デザイナーの佐々木志穂さん。「adidas&MOUSSY 第2弾」コレクションでまとめたコーディネイトで登場してくれました!まずはおすすめのスタイリングを教えてもらいましょう。

adidasとMOUSSYの第二弾共同開発ウェアを今すぐチェック!

MOUSSYおすすめのスタイリングをCHECK!

WID ドロップショルダースウェットトップスMSY ¥8,490、WID ドローコードスウェットパンツ MSY ¥8,490
WID ナップサック MSY ¥5,980、パンプス ¥9,980/全てMOUSSY(バロックジャパンリミテッド)

・レディに着こなせるスウェットセットアップ

「カジュアルになりがちなライトグレーのスウェットセットアップも、女性らしくシティライクに着こなせるのが魅力。ハイネックトップスは、オフショルダーシルエットにデザインされているのがポイントです。デイリー使いはもちろん、機能性も十分期待できるので、おすすめなんです!」(佐々木さん)

・上品かつ機能性抜群のナップサック

「シンプルで女性らしいシルエットに仕上がったナップサックは、ラッセルメッシュが上品! よく出し入れするスマホなどを収納するシークレットポケットがとても便利です。またアディダスロゴも3Dリフレクティブプリントでおしゃれな仕上がりになっています。」(佐々木さん)

・雰囲気自在のスウェットパンツ

「裾部分にドローコードが入っているのが、おすすめの理由。スタイリングの多様性にもしっかり対応しているんです! デイリーコーデにはパンプスを合わせることで、きちんと感も演出可能です。」(佐々木さん)

※ドローコード・・・引っぱることで、サイズやシルエットを調節できるひも。

adidasとタッグを組んだワケとは?

さぁここからが本題です。佐々木さんに、adidasと共同開発に至った理由を伺いました。

「マルチスポーツブランドadidasが女性向け事業を強化するにあたり、今力を入れているのが“Women’sプロジェクト”。そのプロジェクトが掲げている「一人でも多くの女性に『スポーツに出会えて幸せ』と感じてもらう」という想い、そして、女性を輝かせていきたいと考えるadidasの企業姿勢にMOUSSYも共感した結果、このような共同開発に至りました。」(佐々木さん)

スポーツを通じて、日本の女性たちにもっと輝いて欲しい。そんな熱い想いが合致し、今回の共同開発が生まれたのですね。

佐々木さんは最後に、「より多くの方々にこの共同開発ウェアの存在を知っていただけたら嬉しいです!」と笑顔で話してくれました。

MOUSSY一押しアイテム!

MOUSSYがこれからの季節におすすめしたいアイテムをピックアップ!今年らしさの中に個性が光る、こだわりのアウターとバッグを紹介してくれました。

・ファブリックミックスジャケット

WID ファブリックミックスジャケット MSY ¥15,000/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド)

「冬に暖かいフリースと布帛(ふはく)素材をMIXした機能ジャケット。アウターとしてはもちろん、ミドラージャケットとしても使用可能なコンパクトデザイン。長めにデザインされたトレンド袖とラウンドネックで、さりげなく女性らしさもアピールできます。」(佐々木さん)

・サコッシュ

WID サコッシュ MSY ¥4,980/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド)

「ナップサック同様、上品なラッセルメッシュ素材と便利な収納ポケットがポイント。肩がけするだけで、トレンドのカジュアルスタイルにシフトできます。」(佐々木さん)

ワークアウトシーンにはもちろんですが、旬のアスレジャースタイルにもぴったりなラインナップ。おしゃれ感のあるウェアで気分を高めてくれること間違いなし!ぜひ店頭やオンラインストアでチェックしてみて。

Cameraman:Takumi Yano

 

Writer:Mao Abe

お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。