common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

“最後のダイエット”にしたい!絶対リバウンドしないルールって?

2019.6.22

今回こそは最後のダイエットにしたい!と決意はするものの、思うような結果がでなかったり、なぜかリバウンドしてしまったり・・・。そんな悩みを解決すべく、今回はエステティシャンである筆者が、最後のダイエットにする絶対にリバウンドしないルールについてご紹介します。

今度こそ、最後のダイエットにしたい!

水着を堂々と着たい、体型に左右されず好きな服を自由に着たい、憧れの女性のような体型になりたい。そんな目標を持って励むダイエットですが、達成したあとに油断してしまうと、気づけば元の体重や体型に戻りすっかりリバウンドをしていた・・・なんてこともあるのではないでしょうか?

何度もダイエットやリバウンドを繰り返していると、次にダイエットをしたときに体重や体型が変化しづらくなることはもちろん、ダイエットをすることも億劫になってしまいますよね。

そうならないためにも今度こそ最後のダイエットにし、リバウンドしない体を作り、万年ダイエッターを卒業しませんか?

ダイエットでリバウンドする3つの理由

NGサインを出す女性

ダイエットでリバウンドしてしまう方を見ていると、主に3つの理由があることが分かります。

1、無理な食事制限によるダイエット

ダイエットとリバウンドを繰り返す理由で多いのは、食事制限によって極端に食べる量を減らす方法。筋肉量が減るため代謝が悪くなり、一時的には体重が減りますが食べるとすぐに戻りやすくなります。少量食べることが体にとって通常モードになってしまうと、普通の食事に戻したときに吸収も良くなってしまいます。

また、栄養バランスが乱れることで、肌や髪にも元気がなくなり見るからに不健康な印象に。体調やホルモンバランスを崩す原因にもなります。

厳しい食事制限によるダイエットは、不健康に痩せてしまいリバウンドの元となるのでオススメしません。

そもそもなぜ太ったのか?体質や日頃食べているものはどうか?お菓子や甘いもの、炭水化物の量が多くたんぱく質やビタミンが不足していないか?身長や体重に対して筋肉量や水分量はどうか?など、太る原因に対してアプローチしなければダイエットの意味がありません。

2、痩せる食材への過信

食事制限にも似ていますが、「○○を食べれば痩せる」という情報を過信して、偏った食生活になるのもリバウンドしやすい原因になります。低カロリー食材やスーパーフードは確かにダイエットに役に立ちますが、それだけを食べていたら、体は飢餓状態になり、むしろ脂肪を蓄えやすくなってしまいます。栄養バランスも崩れ、代謝も悪くなることでしょう。

ダイエットに良い食材は存在しますが、ダイエットの特効薬と言える食材はありません。単品だけを食べるのではなく、栄養バランスの整った食事を食べることが、結果的にリバウンドのないダイエットに繋がります。

3、短期間で頑張りすぎてしまう

やる気マンマンで頑張りすぎてしまう方も、リバウンドしやすい傾向があります。ダイエットをしているから・・・と色んなものを我慢し、やらなければいけないと追い込みすぎて、気づかないうちに精神的に辛くなってしまうのです。

結果的に一気にダイエットへの熱が冷めたり、ストレスで過食してしまったりと、リバウンドする原因になります。

ダイエットは短期間や勢いだけでやるものではなく、長期間で体質を変えながらおこなうもの。無理のない範囲で継続できるペースでおこなうこと、中途半端な気持ちで始めないことが大切なのです。

糖質制限+筋トレで痩せるとリバウンドを繰り返す!?

ヘルシーな食事

ダイエットといえば食事や運動が基本。

最近では、糖質を制限することが主流になりましたね。確かに糖質を多く摂取すると、余った分は脂肪として蓄えられてしまいます。しかし、糖質は元々、体を動かすのに大事なエネルギー源でもあります。

糖質のない状態で、筋トレをすると体力ばかりが奪われてしまいます。その結果、疲労が抜けない、頭がボーっとする、イライラするといった心と体の不調を感じることになってしまうのです。筋肉をつけるはずが、糖質(エネルギー)不足のために筋肉が分解されてしまうこともあります。

確かに、糖質制限+筋トレによって体重を落としサイズを引き締めることは可能ですが、目標達成した後、糖質量を戻したり、筋トレをやめたりしてしまうとリバウンドしてしまいます。そしてまた太ったからと糖質制限+筋トレで短期間で痩せることに挑戦し、またリバウンドといったサイクルを繰り返してしまいかねません。

そのたびに身体には大きな負担がかかることでしょう。

ダイエットによって目標達成したあとも、適度に糖質を抑えたり、筋トレを継続し続けることが体重や体型を維持する秘訣です。

最後のダイエットにするには目標設定がカギ

今までに何度もダイエットやリバウンドを繰り返し、今回こそは最後のダイエットにしたい!と思っている方はきちんと期間や目標設定をおこなうことがポイントです。

1、自分に合った目標体重を決める

まずは自分の身長と体重にあった標準体重もしくは美容体重を目安にしましょう。

標準体重:身長(m)×身長(m)×22(BMI)
美容体重:身長(m)×身長(m)×20(BMI)
例)身長160cmの場合、標準体重56.3kg、美容体重51.2kg
例)身長155cmの場合、標準体重52.9kg、美容体重48kg

2、目標体重を目指す期間を算出

ここで、美容体重になるために早く5キロ痩せたい!と思うのは、リバウンドしやすいケースです。体重を一気に落とそうと思わず、適正な数字設定をみていきましょう。

体に負担のかからない体重の落とし方は1ヶ月あたり体重の5%と言われています。

体重の5%の目安
例)体重60kg→3kg
例)体重55kg→2.75kg

例えば、身長が160cmで体重が60kgの場合、標準体重が56.3kg、美容体重51.2kgです。美容体重の51.2kgを目指す場合は、マイナス8.8kg痩せないといけません。

1ヶ月で落としていい体重は3kgまでということになるので、単純計算すると約3ヶ月かかることになりますよね。

3か月も!?と思うかもしれませんが、この正しい目標設定こそが、リバウンドを繰り返さずに綺麗に痩せるために大事な部分になります。

3、目標期間を長めに設定しておく

順調にダイエットが進んだ場合は、3か月で目標体重に届きます。しかし、日常生活では付き合いもありますし、ダイエットには体重の減りが止まってしまう停滞期も付きものです。

そのため、3か月で痩せられるという数字が導き出されても、目標期間は長めに設定するのがおすすめ。その方が精神的にも楽になります。5ヶ月〜6ヶ月としておくと気持ちに余裕が生まれますよ。

4、ボディラインを意識する

ついつい数字ばかりで意識しがちですが、人から見てもわかるのは体重ではなく体型やボディラインです。体重はあくまでも目安としておく方がストレスが減らせます。

運動量を増やして筋肉を増やしていき、体を引き締めることもダイエットの目標にしてみましょう。「〇キロ体重を減らす」という目標から、「今日はこれだけ運動をする」という行動の目標にシフトすることが、ダイエットを継続させる秘訣です。

最後のダイエットにするには「できることを習慣化」

美しい女性

ここまでリバウンドしてしまう原因、リバウンドしないために大事な目標設定の仕方をご紹介しました。それでは、具体的に何をすれば良いのでしょう。

今度こそ最後のダイエットにするためには、日頃からできることを習慣化すること。これに尽きると思います。

まず、ダイエット期間中だから甘いものやお菓子をやめるのではなく、ダイエットが終わってからも不必要に食べないようにすること。苦しくなるまで食べ過ぎることを辞める。お酒を飲み過ぎない。夜遅くに食事をしない。パスタや丼などの単品ではなく、野菜やたんぱく質源を食べる。適度に体を動かすなど、ダイエットは日々の積み重ねで成功します。

「ダイエットの時だけ生活を整えて、終わった途端にしなくなる」ではリバウンドの元ですので、自身の日頃の習慣を正すように取り入れましょう。

しかし、人との付き合いで外食の機会やどうしても甘いものを食べたい時ももちろんありますよね。

食べてはいけないと言うことではなく、食べたい時は食べてもいいのです。しかし、食べすぎていると自覚を持つこと、翌日などにコントロールや調整をして自分を甘やかさない強さを持つことが大切です。

最後のダイエットのためにできる習慣

  • 甘いものは特別なときだけにする
  • 夜遅くに食事をしない
  • 食べ過ぎ、飲み過ぎを辞める
  • 炭水化物メインを辞め、野菜を食べる(野菜から食べる)
  • たんぱく質源(肉、魚)を食べる
  • 週に1~2回は運動をする
  • 外食をした翌日は食事量、カロリーを調整する

 

今度こそ本当に最後のダイエットにしよう!

今度こそは最後のダイエットにする!最後のダイエットにするためには今までとは違う意思を持つことがもっとも重要です。何度もダイエットとリバウンドを繰り返すと言うことは、どこかで太る原因となる習慣や甘えが出てしまっている証拠。きちんと目標設定をして習慣を見直し、太らない体に改善することが本当のダイエットですので、ぜひ参考にしてみてください。

寒川あゆみ

寒川あゆみ

大阪 谷町九丁目にてエステティックサロン private salon Laule'aを運営。自身のコンプレックスであったニキビ肌やダイエットなどの経験から美容に興味を持ち美容業界に従事。エステサロン運営の他、ビューティー講師、美容ライターとしても幅広く活動中。
Instagram @laulea.beauty

Posted by admin