common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

痩せる抜け道はあるの?ダイエット停滞期に本当にやるべきこと

2019.6.18
ダイエットをして体重が落ちてくると嬉しいですよね!しかしいつしか体重が減りづらくなる『停滞期』が訪れます。停滞期はほとんどの人が体験することです。その乗り切り方しだいで、今後のダイエットが変わるかもしれません。今回は、ダイエット停滞期の間違った乗り切り方と正しい乗り切り方をご紹介します。

ダイエットには停滞期がつきもの

カロリー制限のような食事制限ダイエットしていると、いつか必ず訪れる停滞期。停滞期とは、スムーズに落ちていた体重がピタッと変わらなくなる期間のことです。

この停滞期にはいると、食事を減らしても、運動をしても一向に体重は減りません。だからといって焦ってストイックになりすぎるのは、逆効果になることもあります。

では一体どのように対処するのが正しいのでしょうか?

今回は、ダイエットの停滞期が起こる仕組み、やりがちな間違った乗り切り方をご紹介していきます。

ダイエット停滞期が訪れる理由

ダイエットに停滞期が訪れるのは、人間の持つ「恒常性維持」の仕組みのためです。

ダイエットでは普段の食事よりも制限をしますので、その摂取エネルギー量に合わせて体が対応しようとするそうです。この対応している期間は体重が落ちやすくなります。

しかし、摂取エネルギー量に体が順応してくると、それ以上体重を減らさないようにするそうです。つまり、人間が飢餓状態でも生命を維持するための機能ですね!

飢餓状態を乗り切るための機能なので、停滞期はいつもよりもエネルギー消費量が少ない省エネモードになっています。そのため体がいつもよりもエネルギーを蓄えようとするそうです。この状態中は脂肪を蓄えやすい体質になるので、体重が減らないことにしびれを切らして食事をたくさん食べてしまうとリバウンドしやすくなります。

Posted by admin