common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

告白するときは言葉が重要!女性から男性へ告白するとき、男性が思わずOKしてしまう告白の言葉とは?

2019.4.13

好きな人に告白するとき、どんな言葉がいいか迷いますよね。特に女性から男性への告白は勇気がいるもの。言葉の選び方次第では彼が思わずOKしてしまうということだってあるんです。今回はそんな、女性から男性へ告白するときに、男性が思わずOKしてしまう告白の言葉や切り出し方についてご紹介します。

女性から男性へ告白するとき、成功率アップの魔法の言葉とは?

女性の方から話があると言って場を設け「好きです、付き合ってください」「ずっと前から好きだったよ」と真正面から切り出すという告白の言葉は想像以上に男性の心に響きます。例え一旦断られたとしてもその後彼の心に残り逆に告白されることもよくあります。
そしてもっとスペシャルな言葉は「初めて」です。男は女のこの言葉に弱いと言われています。デートでも「こんなに楽しかったのは初めて」なんて言葉を別れ際に言われたら彼のテンションはめちゃくちゃ上がります。ですので「こんなに人を好きになったのは初めてかも」なんていう告白の言葉はかなり効果的ということになります。ただしいい加減な気持ちではなく真剣に好きな人に対して向けた告白の言葉であること言うまでもありません。

中学生男子が思わずOKしてしまう告白言葉や切り出し方とは?

中学生同士の場合、男子が思わずOKしてしまう告白言葉はあるのでしょうか?中学生男子の心に響く告白言葉は、ストレートな言葉です。告白する際は場所やシチュエーションなども重要ですが、特に中学生の場合は告白の言葉がとても大切になります。相手にきっちり気持ちを伝える「好きです」「付き合ってください」なんてシンプルな告白言葉が中学生男子には一番響きます。
また、どうしても中学生だと恥ずかしかったり、学校という環境で告白の切り出し方が難しかったりしますよね。そんな時はもちろんLINEやメールでの告白だってOKです。その場合も中学生らしく言葉はなるべくシンプルに、告白するようにしましょう。

高校生男子が思わずOKしてしまう告白言葉や切り出し方とは?

高校生男子が思わずOKしてしまう告白言葉とはどういったものがあるのでしょうか?「ずっと好きだった」「憧れてた」など中学生のシンプルな告白言葉と同じなのですが、高校生にとって重要なのは期間です。「ずっと思い続けてた」という気持ちをのせて伝えると、「ずっと俺のこと見ててくれたんだ…!」と今までの自分とあなたの関係性を思い返して高校生男子の胸に響く告白言葉になるようです。高校生でもLINEやメールでの告白もOKですが、こちらでも大切なのは言葉の選び方。普段仲がいい友達関係だったとしても、突然「話したいことがあるんだけど今大丈夫ですか?」みたいに言葉の中に敬語を交えた告白の切り出し方をすると、高校生男子はドキッとしてしまうようです。

大人の男性が思わずOKしてしまう告白言葉や切り出し方は?

大人になればなるほど告白の言葉や切り出し方が難しく感じられます。大人が告白する際の切り出し方や、告白の言葉をどのように伝えるのがいいかなどをご紹介します。

・大人の告白は切り出し方が重要

合コンなどで知り合った場合はデートに誘って、別れ際や食事のあとの静かなバーなどで「これからも付き合ってもらえますか」などと告白の言葉を切り出すのは自然な流れです。お互いにある程度は心構えもあり、万が一断られてもその日で終わりです。
難しいのは会社の同僚でしょう。仕事中にアピールはできても告白まではNG。やはり告白を切り出すなら夜の食事を誘って・・・となりますが、相手がyesと言わない場合は気まずいまま翌日も会社で顔を合わせなくてはなりません。転勤などのタイミングで切り出すこともありますが、そうしょっちゅうあることでもありません。大人になると身近な相手への告白の切り出し方は難しいですよね。

・社会人同士なら告白を匂わせる切り出し方がおすすめ

まずは「今度2人っきりで話したいことがあるんだけど…時間ある?」と切り出してみましょう。告白の前のこの言葉で社会人男性なら「あれ、この流れはもしかして告白される?」と勘づくはずです。もし脈なしなら「最近ちょっと忙しくて」と告白する前に2人っきりになることを断られる可能性が高いです。職場の同僚など大人の男性なら「告白されて断るくらいなら、告白されずに今までの関係を続けたほうがお互いに気まずくない」と考えてくれるはずです。

・大人の恋愛もシンプルな告白の言葉、セリフが一番

大人の恋愛でも告白の言葉はシンプルなセリフが一番です。凝ったセリフやシチュエーションを考えるよりも、自分の気持ちをストレートに相手にぶつけたほうがいいでしょう。

・LINEでの告白は言葉に注意!長文の告白セリフは引かれない程度に!

大人の恋愛では告白でLINEを使うのもありだと思います。直接言ってほしいと望む人もいますが、会って話すと緊張して考えていた告白セリフがうまく言えずに想いを伝えきれないということもありますよね。そんな時は文字で告白の言葉や告白セリフを伝えるのがおすすめです。
ただし、LINEやメールで告白するときは言葉に十分注意が必要です。一度送ったものは、相手がスクリーンショットなどで保存してしまったら消すことはできません。とんでもない長文ポエムを送ってあとで後悔しないよう、告白セリフは十分注意しましょう。
また、メールやLINEだと相手への想いが溢れてついつい告白セリフが長文になってしまうことも。相手への想いや自分の気持ちを真面目につづり想いを伝えるのもいいかもしれませんが、長文すぎる告白セリフはかえって相手に引かれてしまうので注意が必要です。短文すぎず長文すぎない告白セリフにするように心がけましょう。

女から男へ告白するときに重要なのは言葉

女からの告白は珍しくなくなったとはいえ、告白は男からするケースはまだ半数くらいいるようです。女から告白するのは3割くらいだそう。でも実際ほとんどの男性は女からの告白やその言葉は素直に嬉しいといいます。先にも述べたようにストレートに「ずっと好きでした」「好きです」という言葉で告白されたら、恋愛の対象ではなかったのに急に気になりだし付き合うことになるケースはよくあるのです。

最後に

同じ告白の言葉でもその人のキャラクターやその時のシチュエーションによって伝わり方も違ってくるかもしれません。シンプルでストレートな告白の言葉を紹介しましたが、どんな言葉でも相手を想う真剣な気持ちを込めるということが大切です。断られたらどうしようと考えて冗談交じりに言ったり、また相手を試すような言葉を使ったりすれば相手も冷めてしまいます。告白は本当に勇気がいることですが、好きな相手が喜ぶと思えばあなたにもできるのではないでしょうか。うまくいくことを信じてがんばってみましょう!

text:common編集部

Posted by admin