common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

初心者でも簡単に出来るアイラインの引き方は?アイラインの種類や、一重まぶたや二重まぶた、たれ目メイクなど

2019.4.1

初めてのメイクで悩むのがアイライン。どうしたらキレイに引けるのか?頭を悩ませている女性も多いでしょう。今回はメイク初心者必見!アイラインの種類や、一重まぶたや二重まぶたのアイラインの引き方、たれ目メイク、釣り目メイクにするアイラインの引き方など、アイラインメイクの様々な悩みを解決する情報をご紹介します!

どんなアイライナーがある?アイラインの種類

まずはどんなアイライナーを使えばよいのか?アイラインの種類についてみていきましょう。

ペンシルアイライナー

カラーバリエーションも豊富で1番失敗が少ないのがこのタイプ。クレヨンでえがいたような柔らかくやさしい線が描けるのが特徴で多少線がガタついてしまったとしてもすぐにカバー出来るので楽に使えます。繰り出しタイプとシャープナーで削る鉛筆タイプとありますが繰り出しタイプの方が色がはっきりつくものが多く削る面倒はありません。

リキッドアイライナー

目をはっきりと印象づけるのであればこのタイプ。まつエク利用者は使用できるクレンジングが限定されているのでお湯落ち仕様がとても重宝します。まつエクの有無にかかわらず、お湯落ち仕様はクレンジングがとても楽ちんなので人気があります。失敗した時もすぐに綿棒やコットンで強めに撫でるだけで綺麗に取れるので即修正が出来て使い勝手がとてもいいです。リキッドはいくつか種類がありますが筆先がスリムなものを選んだほうが線のガタつきを防ぐことが出来て失敗は少ないです。液とブラシが分かれたものは引くときにブラシの柄についた液が睫毛についてさらにそれが肌に移って…と、どんどん被害が広がってしまい非常に扱いが難しいので避けたほうが無難です。

ジェルアイライナー

にじみにくくここぞという時に頼りになるのがこのタイプ。濃さや太さのコントロールがしやすい万能ライナーです。数ある中でペンタイプはペンシルと同様の使用方法のためペンタイプのほうが使いこなしやすいです。 その他水溶きのもの等ありますが使い勝手を比較すると上記の方が比較的楽に使用することが出来るので慣れてきてからチャレンジしましょう。

初心者でも簡単!アイラインの引き方

アイライナーの種類は大きく分けて3種類ありますが引き方はほぼ2通りです。ですのでこの2通りさえ覚えれば大丈夫です。

アイラインの種類と引き方①ペンシルアイライナー

①視線を足元に向け、上まぶたを持ち上げ睫毛の生えぎわが見えるようにします。この時にしっかりと持ち上げ皮膚にたるみのない状態にします。たるみがあると線ががたつく原因となります。
②ペン先を細かく刻むように動かし睫毛の間を埋めます。
③目を開けた状態、閉じた状態を鏡で確認。線がブレてしまった場合は綿棒やブラシなどでぼかします。柔らかく見せたい方はブラウンカラーを使用し上記にキワの目尻だけ引くととても柔らかい雰囲気になります。控えめに引きたい場合はグレーがオススメです。

アイラインの種類と引き方②リキッドアイライナー/ジェルアイライナー

①ペンシルと同様、視線を下に向け上まぶたを持ち上げペン先を細かく刻むように動かし睫毛の間を埋めます。
②目を閉じまぶたのキワを引きます。引き方は自由なのですが刻むように引いていくと初心者でも簡単に出来ます。
③目を開けた状態、閉じた状態を鏡で確認。線がブレた場合は綿棒やブラシなどで整えます。
 
どちらも引き終わった後、目を開いたときにまつ毛の内側の粘膜が見えるかチェックします。見えるようならライナーでその部分を埋めます。最終的に綺麗な線になっていればいいのでキワのどこから始めてもかまいません。引きにくい方法で無理に引くと失敗するので自分のやりやすさを重視しましょう。

初心者でも簡単!一重まぶたのアイラインの引き方

一重は目を開いたときにまぶたがかぶさる為、時間がたつにつれアイラインがまぶたに滲んでしまった…。せっかくのアイラインが目を開けた時に隠れて見えない…。なんてことも。アイライナーの種類ではジェルがオススメです。ジェルのペンタイプでチャレンジしてみましょう。
 
①最初にまぶたのべたつきをしっかりティッシュオフします。それでもべたつきが気になる方はフェイスパウダーをひと塗りします。まぶたにベタつきが残っていると滲みの原因となります。
②まつ毛の間を刻むように埋めていき、まぶたのキワは厚みのある線を意識しながら引きます。滲みが気になる方は上からアイシャドウのブラックをプラスして塗るとさらに滲みにくくなります。
③目尻は長めに。目尻が一番のポイントとなるのでまつ毛の間を埋めた後は滲みやすい目頭側のキワは避け、目尻だけ引くと初心者でも簡単に引けます。アイライナーの目尻の長さは目のくぼみ、アイホール内に収まっているのが理想的です。どこまでがアイホールなのかは実際に指で触って骨に当たるかどうかで判断できます。触ってアイライナーの引く場所を確認しましょう。

初心者でも簡単!奥二重まぶたのアイラインの引き方

奥二重は一重と同様で時間がたつと滲みやすく、また、せっかくの二重を厚みのある線でつぶしてしまった…なんて失敗をしがちです。おすすめのアイライナーの種類はジェルです。 

①最初に滲みを防ぐためにまぶたのべたつきをしっかりティッシュオフします。
②睫毛の間を小刻みに埋めていき、まぶたのキワは黒目の外側から徐々に厚みをつけるような線を意識し引きます。この時厚みをつけすぎて二重幅がつぶれないよう、鏡で厚みを出して引く場所をチェックしながら行います。

一重同様目尻がポイントとなってきますので目尻だけ引くことから慣れていくと初心者でも簡単に出来ます。慣れてきたら①②にプラスしてネイビーやバーガンディなどのカラーライナーを目尻だけ引きましょう。アイシャドウなしでも季節感のある目元を演出することが出来ます。

初心者でも簡単!二重まぶたのアイラインの引き方

簡単そうに見えて意外と難しいのが二重。少し厚みをつけただけで一気に濃く見える場合もあれば逆に控えめな線だと眠そうに見える場合も・・・
 
①睫毛の間を埋めていきます。ナチュラルに見せたい方はこれだけでもOK。ただし二重幅が広い方は線が細いと眠そうに見えるため下記の②も併せてします。
②まぶたのキワを引きます。二重は線がガタついた時特に目立ってしまうので引いた後に必ず鏡で確認します。
 
二重の幅が狭いのか広いのかで似合うラインの太さが変わります。目尻にかけて幅が広くなる末広タイプは奥二重と同様に睫毛の間を埋めたらまぶたのキワは目尻だけ引くでも大丈夫です。キワのラインを目頭から引く場合はどこから厚みを出したほうがいいのかをまぶたを開けた状態で確認し、ラインを太めに引きはじめる場所を把握しましょう。

また、目の形に限らず時間が経つとラインが下まぶたに滲む方は下まぶたにしっかりとフェイスパウダーを、上まぶたにはアイシャドウベース等を使用し落ちにくく滲みにくい土台作りをしましょう。

たれ目や釣り目!太さで目の形を整えるアイラインの引き方

たれ目に見せるアイラインの引き方

大切なのは目頭側に高さを出し、下まぶた目尻側を重く見せることです。

①上まぶたの睫毛の間を埋め、目尻より目頭の厚みが出るようにキワに引きます。この時目尻は長さを出さず目幅までにし綿棒やブラシで目尻を下まぶたに向けてぼかします。
②下まぶた目尻側のキワにラインを引き、綿棒やブラシでぼかします。この時アイシャドウをプラスしてぼかすとよりたれ目に見せることができます。 
③下まぶた目頭の粘膜にホワイトや明るいベージュのライナーをハイライトとして引き、綿棒やブラシでふんわりぼかします。
 
普段より少し柔らかく見せたい程度であれば、①③は行わず普段のアイラインに②の下まぶた目尻だけ引くことをプラスするだけでも柔らかい雰囲気になります。

釣り目に見せたいときのアイラインの引き方

重要なのは目尻の跳ね上げです。目尻ぎりぎりで跳ね上げると逆にたれ目に見えてしまうので跳ね上げはじめる位置と角度に注意が必要です。
 
①上まぶたの睫毛の間を刻むように埋め、キワは目頭より目尻側に厚みが出るように引きます。目尻は角度をつけ長めに跳ねあげ、目頭側は切れ込みまできっちり埋めます。
②下まぶたのキワは引いても引かなくてもどちらでもかまいません。目尻側を頬に向けてぼかしてしまうとたれ目に見えてしまうのでアイラインを引くなら控えめにします。

①の流れのまま目尻を跳ね上げると跳ね上げる位置が外側すぎてたれ目に見える場合があります。目を開けた状態で一度アイラインの引く場所、跳ね上げる角度を確認し跳ね上げの部分だけ引いてから際を引くとなりたい形になりやすいです。

遠心顔・求心顔を解消するには?!

遠心顔と呼ばれる目が離れている方は、たれ目メイクのような目尻側に重みをだすメイクをするとさらに離れて見えます。目頭側のラインを少し切開気味に埋め釣り目に見える引き方をし、目頭側に厚みを持っていきます。もしきつく見えてしまう場合はラインを普段通りにして眉の眉山を少し内側に寄せたり、眉に角度をつけたりする。もしくはチークを乗せる位置を少し中央に寄せるなどほかの部分でカバーします。
求心顔と呼ばれる目の位置が内側に寄ってしまっている方は、遠心顔メイクと逆のことをします。目尻側のラインに厚みを出したれ目に見えるメイクを意識します。下まぶたも目尻だけ引き、下にぼかします。たれ目っぽく見えるのは嫌だけど求心顔を解消したいという場合は眉間の幅を広げて眉山の位置を外側にずらすもしくは平行眉にして、チークの位置を少し外側にする等アイライン以外の部分でカバーします。

最後に

今回は初心者でも簡単にできるアイラインの引き方について解説してきました。いかがでしたでしょうか?実は、アイラインの引き方で失敗しやすい理由、鏡が近すぎるという場合が多いです。細かい確認は鏡を近づけたほうがいいのですが、メイクはバランスなので引きも見て、バランスを確認しましょう。鏡で顔全体を見て確認するだけでも失敗を防ぐことが出来ますし失敗してもすぐに気づくことができます。自身の目の形を理解しどんな形が理想なのかをイメージしながらアイラインを引いていくことが大切です。コツさえわかればすぐにマスター出来ちゃいます。できそうなところから少しずつ取り入れてアイメイクを楽しみましょう。

text:common編集部

Posted by admin