common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

飽きた、効果がでない。トレーニングの悩ましい「停滞期・倦怠期」を乗り切る方法

2019.5.6
トレーニングを続けていると、ジムに行くのが面倒になったり、体を動かすのがしんどく感じる時ってありますよね。それが長く続くのが、いわゆる“倦怠期”です。倦怠期はトレーニングを行っていたら必ず訪れます。そんな時、どのように対処すればいいのでしょうか。

トレーニングの停滞期・倦怠期、どう乗り切る?

引き締まった綺麗な体を作るには、継続的にトレーニングを行う必要があります。理想の体を目指すべきトレーニングを始めた、という方も多いのではないでしょうか。

しかし、トレーニングを行っていると、ある頃から筋肉痛が起こらない、体重に変化が起きないなどの“停滞期”が訪れます。さらに、今日はトレーニングを行わなくてもいいかな、雨だからジムに向かうのが面倒だなと思ってしまう、“倦怠期”も訪れるようになります。

その気持ちに甘えてトレーニングをさぼってしまうと、せっかくトレーニングを続けてきた効果が台無しになってしまいます。トレーニングでは、停滞期・倦怠期をどのように乗り切るのかが、結果を得るために重要なことです。

今回は、トレーニングを行っていたら必ず陥る、停滞期・倦怠期を上手に乗り切る方法を紹介していきます。

1、トレーニング内容をガラリと変える

倦怠期が訪れる一つの原因として、トレーニングの内容に飽きた、ということが考えられます。毎日毎日同じことの繰り返しだと、そのうち嫌になってきますよね。そんな場合は、トレーニングの内容を大きく変えてみましょう。

同じお尻を鍛えるトレーニングでも、さまざまなものがあります。また、同じメニューでも休憩時間を短くしたり、トレーニングの順番を変えたりしてみましょう。

いつも走っている方は走るコースを変えてみたり、走る代わりに水泳を取り入れたり、というように、トレーニングを行う環境を変えるのも一つの手です。

ただし、トレーニング効果を十分に得るには同じメニューを2〜3ヶ月は続けて行うのがオススメです。2ヶ月は同じメニューを行ったという方は、トレーニングの種類を変えてみてください。どの筋肉を鍛えるメニューなのかを意識し、全身をバランスよく鍛えられるようメニューを組みましょう。

Posted by admin